基本情報

船渡 寛人(フナト ヒロヒト)

役 職 教授
学 位 博士(工学)
性 別 男性
生 年 1964年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://pe-lab.ee.utsunomiya-u.ac.jp/

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・工学研究科 電気電子システム工学専攻

学歴

1987年 横浜国立大学工学部電気工学科 卒業
1989年 横浜国立大学大学院工学研究科博士課程前期電子情報工学専攻 修了
1995年 横浜国立大学大学院工学研究科博士課程後期電子情報工学専攻 修了

本学以外の主な職歴

東京電力株式会社

教育活動

専門分野

電気電子工学、電力工学・電力変換・電気機器

主な授業科目

学部:電気回路及演習I(講義)、 電気回路及演習II(演習)、パワーエレクトロニクス、電気電子工学実験III
大学院:応用パワーエレクトロニクス特論

授業内容

電気電子工学の素養を伸ばすために、電力変換に関する研究をベースにして授業を行っています。その際は、基本概念が理解できるように公式の暗記ではなく、現象を波形や図面で理解できることを目指しています。

研究活動

専門分野

電気エネルギーを自在に加工する電力変換回路の研究を行っています。新しい回路方式や制御方式の提案で効率や機能の改善に止まらず、アクティブキャパシタという手法で、新しい機能を実現する回路を提案しています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「システム同定を用いたニッケル水素およびニッケルカドミウム電池の残存容量診断」(電気学会産業応用部門誌、第126巻3号、2005年、pp.285-291)
「小容量リニアアンプとLCフィルタを用いた低歪みスイッチング電力増幅器の提案」(電気学会産業応用部門誌、第127巻5号、2007年、pp.457-464)
「マイクロ水力発電システム試験装置の開発」(電気学会産業応用部門誌、第130巻12号、2010年、pp.1283-1289)

著書

「パワーエレクトロニクス学入門」(共著、コロナ社、2009年、p.220)
「電気自動車工学」(共著、森北出版、2010年、p.237)

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2001年~2002年)、奨励研究A・代表、テーマ「外部インピーダンスを考慮した平衡三相可変インダクタンスの過渡特性に関する基礎研究」
経済産業省地域新生コンソーシアム(2004年~2005年)「高調波を含む受変電設備の損失評価・高効率設計支援システムの開発」(分担)
「小型新エネルギー用系統連係電力変換器の開発」受託研究(科学技術振興機構2009年)
「アクティブキャパシタを用いた電界結合型非接触電力供給技術の研究」受託研究(科学技術振興機構、2009年~2010年)
パワーエレクトロニクス用スイッチング技術に関する共同研究(カルソニックカンセイ株式会社、2007年~2010年)

受賞

電気学会論文発表賞(1997年)、産業電子応用国際会議優秀発表賞(2001年)、PCC-Nagoya Best Paper Award(2007年), ICPE07 Best Paper Award(2007)

その他の研究実績

所属学会

電気学会、パワーエレクトロニクス学会、Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)

組織・運営情報

全学・部局委員会等

工学部大学院教育WG委員、工学部学術国際委員会委員

学外活動