基本情報

吉田 勝俊(ヨシダ カツトシ)

役 職 教授
学 位 博士(工学)
性 別 男性
生 年 1967年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://www.katzlab.jp/

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・工学研究科 機械知能工学専攻

学歴

1991年 宇都宮大学工学部精密工学科 卒業
1993年 宇都宮大学大学院工学研究科修士課程精密工学専攻 修了
1996年 宇都宮大学大学院工学研究科博士課程生産・情報工学専攻 修了

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

機械工学、機械力学・制御

主な授業科目

基盤:初期セミナー
学部:機械力学、ロボット力学
大学院:ロボット力学特論、非線形システム設計論

授業内容

ロボットやヒトの動力学(位置と姿勢の時間変化)の理論計算、コンピュータ計算に関する研究をベースに、授業を行っています。講義室での座学に加えて、端末室でのプログラミング演習を積極的に実施しています。

研究活動

専門分野

ヒトが創発する競合・協調運動の特徴を、力学、制御工学、心理学の側面から解明しています。そのために、生態学や経済学の主題である相互依存の状況を、機械装置として実現する方法を提案しています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「競合と協調の結合振子モデルについて」(日本機械学会論文集75巻753号、 2009年、pp.1311-1316.)
「Bifurcation Analysis of Noise-induced Synchronization」(International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.5, No.9, 2009年、pp.2809-2818.)
「Dynamic Behavior of Variable Stroke Swash Plate Mechanism」(Journal of System Design and Dynamics, Vol.2, No.2、2008年、pp.561-571.」

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2009年~2011年)、基盤研究C・代表、テーマ:機械的な競争モデルの構成とその応用
科学研究費補助金(1999年~2000年)、基盤研究C・代表、テーマ:機械振動系におけるカオスとノイズの相互作用
共同研究(トヨタ自動車、2007年~現在)

受賞

日本機械学会賞奨励賞(研究)(2002年)

その他の研究実績

所属学会

日本機械学会、計測自動制御学会、日本応用数理学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学部・研究科:ホームページ特別委員会

学外活動