基本情報

横田 和隆(ヨコタ カズタカ)

役 職 教授
学 位 Ph.D
性 別 男性
生 年 1962年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学部附属施設 工学部附属ものづくり創成工学センター ・工学研究科 機械知能工学専攻

学歴

1987年 東京大学工学部精密機械工学科 卒業
1991年 ロンドン大学インペリアル・カレッジ、ロボット及び自動化システムセンター大学院博士課程 修了

本学以外の主な職歴

富士ゼロックス株式会社

教育活動

専門分野

機械工学、知能機械学・機械システム

主な授業科目

学部:自動制御工学I、メカトロニクス、機械システム工学演習、機械システム工学概論、機械システム設計製図II
大学院:自動制御工学特論、メカトロニクス特論

授業内容

今日の機械は、機械工学と電子工学を融合し高度な機能と柔軟性を実現しています。ロボットを含むこうしたメカトロニクス機器の構成、センサ、コンピュータ、制御についての研究の知見に基づいて講義を行っています。

研究活動

専門分野

視覚を利用したロボットの自律移動、足裏の接地状態を検出しながら不整地移動する脚式ロボット、ロボットのプログラミングを容易にする言語システムの開発を行っています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

装着型パラレルリンク機構を用いた肩甲骨位置・姿勢の計測手票の提案, 日本機械学会論文集C編, Vol.79, No.802, pp.2004-2012, 2013.
装着型パラレルリンク機構を用いた手関節運動計測, 生体医工学, 51巻,6号, pp.321-327, 2013.
大学院専攻横断型PBL必修科目「創成工学プロジェクト」の実施とその評価, 工学教育, 61巻, 6号, pp.66-71, 2013.
“PBL Based Engineering Education to Cultivate Leadership Spirit in Postgraduate Students”, Journal of Engineering Education Research, Vol.15, No.5, pp.3-7, 2012.
“An Environmental Visual Features Based Navigation for Mobile Robot in a Corridor Environment”, IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2010), 2010.
“Development of the Sole of the Legged Robots for Uneven Terrain”, Proceedings of the 30th International Symposium on Robotics, pp.751-756, 1999.

著書

ロボットメカニクス、図解ロボット技術入門シリーズ、オーム社、2009.

特許・実用新案・意匠

研究資金

文部科学省特別教育研究経費(2005~2009年)、テーマ:創造的技術者養成のための螺旋型工学教育プログラムの開発整備
経済産業省産学人材育成パートーナーシップ等プログラム開発・実証事業(2008~2010年)、テーマ:産学の共創にもとづく自律的機械技術者基礎能力育成のための総合教育プログラム
文部科学省科学研究費補助金(2015~)、基盤研究(C)、テーマ:スポーツトレーニングのための腕部装着型訓練装置の開発

受賞

日本工学教育協会研究講演会発表賞(2010)
ファナックFAロボット財団論文賞(2009)
RoboCup97名古屋大会エンジニアリングチャレンジ賞(1997)

その他の研究実績

所属学会

(社)日本機械学会
(社)日本ロボット学会
(社)精密工学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

工学部附属ものづくり創成工学センター センター長

学外活動

放送大学客員教授,2015~
(社)日本機械学会関東支部運営会学生会担当幹事,2015~
とちぎサイエンスらいおん副会長,2015~
(社)日本機械学会JABEE事業委員会委員,2013~
(独)科学技術振興機構(JST),シーズ発掘試験査読評価委員,2009