基本情報

長谷川 裕晃(ハセガワ ヒロアキ)

役 職 教授
学 位 博士(工学)
性 別
生 年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・工学研究科 機械知能工学専攻

学歴

本学以外の主な職歴

防衛省技術研究本部、秋田大学

教育活動

専門分野

流体工学

主な授業科目

学部:流体工学I、II
大学院:実験流体力学特論

授業内容

流体力学を身近な現象に関連つけて解説していく

研究活動

専門分野

流体工学(航空宇宙、医療、スポーツ)

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

(1) Haniu, T. and Hasegawa, H., Three-dimensional Vortex Structure Reconstructed from Scanning Stereoscopic PIV for an Oscillating Airfoil,Journal of Flow Visualization, Vol.18, No. 3(2015), pp. 553-561.
(2)長谷川裕晃,宮腰哲弥,シンセティックジェットの三次元渦構造に及ぼすオリフィス形状の影響, 日本機械学会論文集(掲載決定)
(3) 村上信博,長谷川裕晃,羽二生稔大,中村雅英,マグナス風車用フィン付き回転円柱の揚力増加メカニズム, ターボ機械(掲載決定)

著書

(1) 「微細気泡の最新技術Vol. 2」 (出版社:NTS)の分担執筆(2014)
(2) 「風の事典」(出版社:丸善)の分担執筆(2011)
(3) 「微細気泡の最新技術」(出版社:NST) の分担執筆(2006)

特許・実用新案・意匠

(1) マイクロバブルを用いた節水洗浄装置:特許第5470303号
(2) 電気的特性を有するマイクロバブルによる脱塩処理方法の向上:特許第5435545
(3) マイクロバブルによる活性炭の再生方法及びその装置:特許第4952945号
(4) マイクロバブル発生方法およびその装置:特許第4884693号
(5) 能動的はく離防止装置およびその方法:特許第3782302号
(6) エアーブリージングエンジン燃焼試験装置:特許第2728241号

研究資金

(代表)
(1) 科学研究費 基盤研究(C)(H25-27)
(2) 科学研究費 基盤研究(C)(H22-24)
(3) 科学研究費 基盤研究(C)(H17-19)
(4) JST知財活用促進ハイウェイ (H23)
(5) JST重点地域研究開発推進プログラム(地域ニーズ即応型) (H20)
(6)産学官技術開発促進事業補助金 (秋田県) (H19)
(分担)
(1) 科学研究費 基盤研究(B)(H21-23)
(2) 科学研究費 基盤研究(B)(H15-18)

受賞

可視化情報学会第26期学会賞(論文賞)

その他の研究実績

所属学会

日本流体力学会、日本航空宇宙学会、日本混相流学会、可視化情報学会、日本機械学会、ターボ機械協会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動