基本情報

青柳 宏(アオヤギ ヒロシ)

役 職 教授
学 位 教育学修士
性 別 男性
生 年 1963年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・教育学研究科

学歴

1986年 北海道教育大学教育学部 卒業
1989年 名古屋大学大学院教育学研究科教育学専攻博士前期課程 修了
1992年 名古屋大学大学院教育学研究科教育学専攻博士後期課程 単位修得退学

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

教育学

主な授業科目

基盤:ことばと人間形成―詩・物語・対話―
学部:教育方法学、授業の研究、教育課程及び方法
大学院:教育内容・方法演習

授業内容

教育課程及び教育方法に関して、「ことばと人間形成」、「平和」、「民主主義」、「平等」等の視点から、学生が協同的に考え合い、検討し合う授業を行っている。

研究活動

専門分野

特に「ことばと人間形成」、「発達」の視点から、幼児期から思春期にかけての「心の育ち」と「学び」に関わる研究を行っている。幼稚園、小学校、中学校等の教育現場に、授業・保育改革のための協同研究者として、またスクールカウンセラーとして関わりながら、理論的かつ実践的な研究を行っている。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「発達阻害としての思春期のコミュニケーション危機:スクールカウンセラーの視点から」『思春期学』Vol.25 No.4(日本思春期学会)
「『言語活動の充実』のために:L.S.ヴィゴツキーの言語発達論に則して」『宇都宮大学教育学部紀要 第60号 第1部』

著書

『教育学の最前線』(共著、世織書房)
『新しい時代の幼児教育』(共著、有斐閣)

特許・実用新案・意匠

研究資金

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本教育学会、日本カリキュラム学会、日本思春期学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:教務委員

学外活動

スクールカウンセラー