基本情報

溜池 善裕(タメイケ ヨシヒロ)

役 職 教授
学 位 教育学修士(千葉大学),修士(教育学・筑波大学)
性 別 男性
生 年 1960年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス tameike※cc.utsunomiya-u.ac.jp

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・教育学部

学歴

1984年 千葉大学教育学部 卒業
1986年 千葉大学大学院教育学研究科修士課程 修了
1991年 筑波大学大学院博士課程教育学研究科学校教育学専攻 単位取得退学

本学以外の主な職歴

筑波大学文部技官,筑波大学助手,秋田大学助教授

教育活動

専門分野

社会科教育,教育方法,授業分析

主な授業科目

学部:初等社会科教育法,中等社会科教育法II・III,地歴科教育法
大学院:社会科教授・学習過程論,社会科授業研究

授業内容

授業が授業であるためには、子どもの学習が成立していることが不可欠の条件である。授業は集団で行われる以上、そこに集団による学習が成立している必要がある。そして学習が学習者による自律的な追究を目指す以上、集団による学習は集団による自律的な学習すなわち「子どもがする授業」を目指すはずである。目指すべき授業の在り方を「子どもがする授業」としたとき、教師の指導は具体的にどのようにあるべきか、またそれはなぜ正しいと言えるかについて考究していくのがどの授業にも共通する立場である。

研究活動

専門分野

社会科教育,教育方法,授業分析

専門分野(科研費分類)

人文社会系・社会科学・教科教育学

専門分野(Read分類)

教育学,教科教育

学術論文

社会科教育における重松鷹泰の授業分析の意義;「子どもがする授業」の発見と追究に着目して,社会科教育研究(121),28-39,2014.
問題解決学習から「しみじみとする授業」へ,考える子ども(350-連載中),2013-2015.
授業とは何をいうか;「しみじみとする授業」の先にあるもの,宇都宮大学教育学部教育実践センター紀要(37),49-56,2014.
授業とは何をいうか;「しみじみとする授業」の意義,宇都宮大学教育学部教育実践センター紀要(36),139-150,2013.
授業とは何をいうか;「奈良の学習法」における動的捉え,宇都宮大学教育学部教育実践センター紀要(35),253-265,2012.
授業とは何をいうか;「奈良の学習法」の「しごと」としての社会科授業,宇都宮大学教育学部教育実践センター紀要(34),303-313,2011.
しみじみとする授業;重松鷹泰による「奈良の学習法」の継承と発展,学習研究(458),22-27,2012.8.

著書

新版社会科教育事典(共著),ぎょうせい,2012.
社会科教育実践ハンドブック(共著),明治図書,2011

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2013-2015)基盤研究C・代表;教科教育,小学校社会科における知識・技能の総合的な活用を目指す授業モデルの構築
科学研究費補助金(2002-2003)基盤研究C・代表;教科教育,中学校社会科歴史的分野における地域学習モデル構築に関する研究

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本教育学会,社会科教育学会,関東教育学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学生相談委員

学外活動

学習研究連盟(委員長),社会科の初志をつらぬく会(元研究部長),奈良女子大附属小・富山市立堀川小合同研究会(主催),学習指導研究会(主催)