基本情報

高山 慶子(タカヤマ ケイコ)

役 職 准教授
学 位 博士(人文科学)
性 別 女性
生 年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・教育学部

学歴

1998年 慶應義塾大学文学部史学科 卒業
2000年 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士前期課程人文学専攻 修了
2005年 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程国際日本学専攻 修了

本学以外の主な職歴

東京都江戸東京博物館専門研究員

教育活動

専門分野

史学、日本史、近世史

主な授業科目

基盤:歴史と文化
学部:日本史概説A・B、歴史学特講A・B、歴史学実地調査、社会科研究セミナー
大学院:日本史特論A・B、初等社会科教材開発論、中等社会科教材開発論(地理歴史)

授業内容

日本史概説はテーマ別の通史、歴史学特講は日本近世史の問題や史料を取り上げた講義、大学院科目はより専門性の高い授業です。学んで覚える歴史ではなく、歴史について自ら考え理解を深める授業を目指しています。

研究活動

専門分野

現在の東京の前身である近世都市江戸の歴史を、特定の町や制度に着目して調べています。最近は江戸の名主である大伝馬町の馬込家と宇都宮藩戸田家との関係について分析を進めています。

専門分野(科研費分類)

人文社会系、人文学、史学、日本史、近世史

専門分野(Read分類)

学術論文

「栃木県官吏仲田信亮の旧江戸町名主馬込惟長宛書簡―大谷石などの栃木県産石材をめぐって―」(単著、『宇都宮大学教育学部研究紀要』第1部66、pp.51-64、2016年)
「江戸町名主馬込勘解由の明治維新」(単著、『日本歴史』802、pp.37-52、2015年)
「江戸深川猟師町の形成と深川地域の開発」(単著、『年報都市史研究』21、pp. 23-36、2014年)
「江戸日本橋魚問屋と深川の魚商人」(単著、『宇都宮大学教育学部紀要』第1部63、pp.11-27、2013年)
「名主の経済事情と金融」(単著、『東京都江戸東京博物館調査報告書第25集 江戸の町名主』、pp.99-113、2012年)
「近世本所の町と生業―竪川の竹木炭薪問屋に着目して―」(単著、『東京都江戸東京博物館調査報告書第24集 両国地域の歴史と文化』、pp.67-82、2011年)
「江戸町名主の縁戚と交際―深川相川町名主相川家を事例として―」(単著、『日本歴史』754、pp.26-41、2011年)
「江戸の拡大と支配制度の変容―代官と町奉行の両支配をめぐって―」(単著、『史潮』新67、pp.23-37、2010年)
「江戸町名主の金融―大伝馬町名主馬込勘解由を事例として―」(単著、『史学』77-2・3、pp.67-97、2008年)

著書

『近世の地域と中間権力』(共著、山川出版社、pp.159-187、2011年)
 (第5章「江戸町名主の社会的位置―大伝馬町名主馬込家を事例として―」)
『江戸深川猟師町の成立と展開』(単著、名著刊行会、pp.1-309、2007年)

特許・実用新案・意匠

研究資金

「大名と江戸町名主の社会的・経済的関係の解明による明治維新史の新側面に関する研究」(科研費若手研究B、代表、2014-2016年度)
「近世の一枚摺文化の受容と都市社会の研究」(国立歴史民俗博物館公募型共同研究、分担、2014-2016年度)

受賞

第1回徳川奨励賞(徳川記念財団、2004年度)

その他の研究実績

所属学会

近世史研究会、史学会、地方史研究協議会、都市史学会、栃木県歴史文化研究会、日本歴史学会、三田史学会、明治維新史学会、歴史学研究会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

教育学部教務委員会委員(2016年度- )
教育学部入学試験委員会委員(2014年度)
教育学部博物館実習専門委員会委員(2012-2013年度)

学外活動

宇都宮市文化財保護審議委員会委員(2016年度- )
(仮称)宇都宮市歴史文化基本構想策定懇談会委員(2016年度- )
栃木県立図書館協議会委員(2016年度- )
国立歴史民俗博物館共同研究員(2014-2016年度)
栃木県文化財保護審議会委員(2014年度- )
宇都宮市教育委員会・宇都宮大学教育学部連携協議会文化分科会長(2012年度- )