基本情報

牧野 智彦(マキノ トモヒコ)

役 職 准教授
学 位 修士(教育学)
性 別 男性
生 年 1973年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・教育学部

学歴

1997年 群馬大学教育学部小学校教員養成課程数学専攻 卒業
1999年 筑波大学大学院修士課程教育研究科教科教育専攻 修了
2007年 筑波大学大学院博士課程教育学研究科学校教育学専攻 単位取得退学

本学以外の主な職歴

文部科学省国立教育政策研究所
上武大学専任講師

教育活動

専門分野

教科教育学(数学教育学)

主な授業科目

基盤:算数
学部:算数科教育法、数学科教育法II
大学院:数学科教授論、数学教育目標論

授業内容

算数・数学の基本的な知識の理解の習得はさることながら、算数的・数学的活動について、ねらいと背景、そして、内容の理解とともに、算数的・数学的活動に関する教材研究の必要性とその方法の習得を目指している。

研究活動

専門分野

証明活動が途中段階にある「未完成な証明」の状態に焦点を当てて、「未完成な証明」が生成される認知的・情緒的要因を探り、中学生の証明活動を促進する教授ストラテジーを開発する点に、本研究の独創性がある。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「中学生の証明の構成過程における推論の特質―成功的証明者による「架橋過程」に焦点を当てて―」(日本数学教育学会、『第43回数学教育論文発表会論文集』、 2010年, 699-704頁.)
「中学生による証明問題の解決ストラテジーの特徴について」(上武大学, 『上武大学ビジネス情報学部紀要』、8(1), 2009年、46-60頁.)
「中学生による証明の構成過程に関する一考察―証明の構想・構成、記述のための条件の分析―」(筑波大学数学教育研究室、『筑波数学教育研究』、 26、 2007年、39-46頁.)
「中学生による証明の記述に関する研究―「情意」的要因の解明を目指して―」(日本数学教育学会、 『第39回数学教育論文発表会論文集』、2006年、595-600頁.)
「中学2年生による証明の記述に関する研究―記述された証明の分析を通して―」(日本科学教育学会、 『日本科学教育学会研究会研究報告』、 19(6)、2005年、29-34頁.)
「未完成な証明をもたらす認知的要因に関する研究動向」(宇都宮大学『宇都宮大学教育学部紀要、第64号、第1部』、2014年、111-118頁.)
「Collaborative Creation of Lesson Framework and its Impact on Teachers’ Proffessional Development」(共著)(EARCOME、『Proceedings of 6th East Asia Regional Conference on Mathematics Education』、2013年)
「未完成な証明を生成する生徒の認知的特徴を分析する視点」. (日本数学教育学会、『第46回秋期研究大会発表集録』、2013年、361-362頁.)
「中学校数学での証明の「架橋過程」を妨げる認知的要因」(日本数学教育学会、『第45回数学教育論文発表会論文集』、2012年、875-880頁.)
「Japanese Students’ Cognitive Difficulty in Bridging Process to Construct Geometrical Proof」(ICME、『The 12th International Congress on Mathematical Education』(Poster Presentation)、2012年.)
「中学校数学での証明の「架橋過程」における生徒の認知的困難」(日本科学教育学会、『日本科学教育学会研究会研究報告、26(5)』2012年、25-30頁.)
「中学生が生成する「未完成な証明」を特徴付ける観点について」(宇都宮大学、『宇都宮大学教育学部教育実践総合センター紀要、35』,2012年、293-298頁.)
「An assessment framework for students’ abilities/competencies in proving.」(共著)(EARCOME, 『Proceedings of the 5th East Asia Regional Conference on Mathematics Education Vol. 2』、2010年、 pp.416-423.)

著書

『新教職教育講座第6巻 教科教育の理論と授業II理数編』、協同出版、共著(分担執筆)、2011年、310頁.

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2010年~2011年)、若手研究B・代表、テーマ:中学校数学の証明問題で中学生が「未完成な証明」を生み出す認知的・情緒的要因の解明
科学研究費補助金(2012年~2013年)、若手研究B・代表、テーマ:中学校数学で「未完成な証明」を生成する生徒の推論過程を改善する教授方略の研究

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本数学教育学会、日本科学教育学会、日本教科教育学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

教務委員会委員(平成23年度、24年度)
入試委員会委員(平成25年度、26年度)
学務委員会委員(平成24年度、25年度)
教育実践推進室室員(平成23年、24年度、25年度)
教育実践専門委員会委員(平成26年度)
教育学部改革WG委員(平成25年度、26年度)

学外活動

平成22年7月?平成23年3月:文部科学省中学校卒業認定試験検討委員会委員
平成28年度版中学校数学科教科書編集委員(啓林館)
全国算数・数学教育研究大会指導助言
関東都県算数数学教育研究大会指導助言
宇都宮大学連携研修事業(那須町・矢板市)指導助言
栃木県小学校教育研究会那須支部研修会講師
栃木県下都賀地区中学校教育研究会数学部会研修会講師
栃木県中学校数学教育研究大会南那須大会講師
宇都宮市小学校教育研究会算数部会研修会講師
小山市教育研究会数学部会研修会講師
宇河地区中学校教育研究会数学教育部会研修会講師
埼玉県三郷市教育研究会算数・数学部会算数・数学主任研究協議会講師
鹿沼市小中一貫モデル校算数・数学研修会講師