基本情報

飯田 和明(イイダ カズアキ)

役 職 准教授
学 位 博士(教育学)
性 別 男性
生 年 1961年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・教育学部

学歴

1985年 筑波大学第二学群人間学類教育学主専攻 卒業1996年 筑波大学大学院修士課程教育研究科国語教育コース 修了
2012年 筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科学校教育学専攻 修了

本学以外の主な職歴

埼玉県立坂戸ろう学校教諭
埼玉県立桶川高等学校教諭
筑波大学附属中学校教諭

教育活動

専門分野

教育学、国語教育学

主な授業科目

学部:中等国語科教育法、国語研究セミナー
大学院:国語科教授論

授業内容

各学生における「国語教育の事実」をもとに、新たな視点と参考資料を加えて国語の教育について考えていくこと、「教師の主体性」を基盤として、国語の力を高める授業はどのように行われるのかを学生が自分の問としていくこと、教育の現場に出向いて経験できることをそれらにつなげ、学生自身が国語の授業観を形成していくことを目指して、授業を行っている。

研究活動

専門分野

戦前期生活綴方教育の中核的存在である小砂丘忠義を中心に、教育の歴史を研究する中で、現在に必要とされる教育の在り方を見出そうとしている。また、「教師の主体性」を「定位」することに発し、日常の言語生活につながる国語の授業を構想する道筋において、「国語教材化」に関する理論と実践を模索している。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「小砂丘忠義の綴方教育における基本構造と思想」(博士論文、筑波大学、2012年)
「授業『走れメロス』を読むことによる文学の学び方」(『人文科教育研究』第29号、人文科教育学会、27-47頁、2002年) 

著書

「教育の中の国語教育」(共著、『新しい時代のリテラシー教育』、東洋館出版社、56-68頁、2008年)

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2005)、奨励研究、テーマ:「各教科教育に関わる国語教育の領域と国語教材化に関する研究」

受賞

筑波大学大学院人間総合科学研究科研究科長賞(2012年)

その他の研究実績

所属学会

日本国語教育学会(常任理事)、全国大学国語教育学会、日本読書学会、日本教育学会、国語教育史学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学術推進研究委員
広報委員

学外活動

国文学研究資料館研究情報専門員