基本情報

堀田 直巳(ホッタ ナオキ)

役 職 教授
学 位 理学博士
性 別 男性
生 年 1954年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://ks001.kj.utsunomiya-u.ac.jp/~hotta/

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・教育学部 ・学内共同教育研究施設等 総合メディア基盤センター

学歴

1977年 甲南大学理学部物理学科 卒業
1979年 甲南大学大学院自然科学研究科物理学専攻修士課程 修了
1982年 甲南大学大学院自然科学研究科物理学専攻博士課程 修了

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

宇宙線物理学

主な授業科目

基盤:物理学入門
学部:基礎の物理学、力学、基礎物理学実験、中等理科教材論
大学院:核物理学特論、宇宙線物理学

授業内容

理科の教科内容の理解を深めるために、宇宙線物理学の研究をベースにして授業を行っています。その際にできるだけ基本原理から理解できるように配慮しています。

研究活動

専門分野

宇宙線の研究について、中国と日本の共同研究に参加して進めています。宇宙線の起源、加速、伝播の問題を観測的に扱っています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「Observation of TeV gamma rays from the FERMI bright galactic souorces with the Tibet Air shower array」 M. Amenomori et al., The Astrophysical Journal, Letters, 709, L6-L10 (2010)
「Chemical Composition of Cosmic Rays around the Knee Observed by the Tibet Air-Shower-Core Detector」 M. Amenomori et al., J. Phys. Soc.Jpn.,78. pp206-209 (2009)
「The all-particle spectrum of primary cosmic rays in the wide energy range from 10^14 eV to 10^17 eV observed with the TibetII air-shower array」 M. Amenomori et al.,The Astrophysical Journal, 678, pp1165-1179 (2008)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(1999~2004)、特定領域研究・代表、テーマ:Knee領域一次宇宙線の研究
科学研究費補助金(1996)、特定領域A公募・代表、テーマ:一次宇宙線“Knee”領域組成の研究
科学研究費補助金(1994~1995)、一般研究C・代表,テーマ:チベット空気シャワーアレーによるKnee領域宇宙線前粒子強度の研究

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本物理学会、日本天文学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学術情報基盤本部会議委員
教育学部教務委員会委員
総合メディア基盤センター副センター長

学外活動