基本情報

長尾 慶和(ナガオ ヨシカズ)

役 職 教授
学 位 博士(獣医学)
性 別 男性
生 年 1960年
研究室電話番号 0285-84-1321
研究室FAX番号 0285-84-1321
メールアドレス ynagao※cc.utsunomiya-u.ac.jp

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://agri.mine.utsunomiya-u.ac.jp/hpj/deptj/anij/page/nojo.html

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学部附属施設 農学部附属農場

学歴

1984年 帯広畜産大学畜産学部獣医学科 卒業
1986年 帯広畜産大学大学院畜産学研究科獣医学専攻修士課程 修了

本学以外の主な職歴

雪印乳業(株)受精卵移植研究所

教育活動

専門分野

家畜繁殖学、動物発生工学、家畜飼養学

主な授業科目

基盤:食と生命のフィールド実践演習、農学部コア実習
学部:生物学(概論)、家畜生産学、動物衛生学、フィールド実習I・II
大学院:家畜生産学特論

授業内容

生物学(概論)においては、1年生の必修科目として、大学で学ぶ姿勢ならびに生物科学分野における基礎知識を習得する。家畜生産学やフィールド実習においては、附属農場をベースに、家畜の生活や人との関わりについて学ぶ。

研究活動

専門分野

家畜の繁殖について、卵子や精子、あるいは胎子を用いた様々な研究を展開しており、附属農場には、特殊な顕微授精法で産まれた世界で初めてのウシやヒトES細胞に由来する造血組織を有する世界で初めてのヒツジが存在する。さらに、これらの動物の生活の質を高めるための飼養学関係の研究も行っている。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

Nagao Y., Harada Y., Yamaguchi M., Igarashi A., Ooshima Y. and Kato Y. Antioxidant treatment during preservation of bovine ovaries increased the development potential of embryos. Zygote 18: 315-321 (2010).

Nagao Y., Ohta Y., Murakami H. and Kato Y. The effects of methyl-b-cyclodextrin on in vitro fertilization and the subsequent development of bovine oocytes. Zygote 18:323-330 (2010).

Tanaka Y, Masuda S, Abe T, Hayashi S, Kitano Y, Nagao Y, Hanazono Y. Intravascular route is not superior to an intraperitoneal route for in utero transplantation of human hematopoietic stem cells and engraftment in sheep. Transplantation. 90:462-463 (2010).

Abe T, Masuda S, Ban H, Hayashi S, Ueda Y, Inoue M, Hasegawa M, Nagao Y, Hanazono Y. Ex vivo expansion of human HSCs with Sendai virus vector expressing HoxB4 assessed by sheep in utero transplantation. Exp Hematol. 39:47-54 (2011).

Kato Y, Shoei S, Nagao Y. Capacitation status of activated bovine sperm cultured in media containing methyl-beta-cyclodextrin affects the acrosome reaction and fertility. Zygote 19: 21-30 (2011).

Masuda S, Hayashi S, Ageyama N, Shibata H, Abe T, Nagao Y, Hanazono Y. Migration of Cells From the Yolk Sac to Hematopoietic Tissues After In Utero Transplantation of Early and Mid Gestation Canine Fetuses. Transplantation 92: e5-e6 (2011).

福井えみ子、星一美、川野辺章夫、新楽和孝、稲葉浩子、長尾慶和、松本浩道、吉澤緑.栃木県で飼養されているホルスタイン種および黒毛和種ウシにおけるFEZL遺伝子の多型解析.関東畜産学会報 62: 7-11 (2011).

Abe T, Masuda S, Tanaka Y, Nitta S, Kitano Y, Hayashi S, Hanazono Y, Nagao Y. Maternal administration of busulfan before in utero transplantation of human hematopoietic stem cells enhances engraftments in sheep. Exp Hematol 40:436-444 (2012).

Yoku Kato, Yoshikazu Nagao. Effects of polyvinylpyrrolidone on sperm function and early embryonic development following intracytoplasmic sperm injection in human assisted reproduction. Reproductive Medicine and Biology 11:165-175 (2012).

Borjigin Sarentonglaga, Kazuko Ogata, Yoriko, Taguchi, Yoku Kato, Yoshikazu Nagao. The developmental potential of oocytes is impaired in cattle with liver abnormalities. Journal of
Reproduction and Development 59:168-173 (2013).

Tomoyuki Abe, Yutaka Hanazono, Yoshikazu Nagao. A long-term follow-up study on the engraftment of human hematopoietic stem cells in sheep. Experimental Animals 63:475-481 (2014). Doi: 10.1538/expanim.63.475.

長尾慶和.宇都宮大学農学部附属農場における乳質向上と乳製品開発の取組み.日本畜産学会報 85:394-397 (2014).

Junichiro Ishi, Akifumi Uramoto, Yoshikazu Nagao, Hisaya Goto. Feeding Solanum glaucophyllum to preparturient multiparous cows prevents postparturient hypocalcemia. Animal Science Journal 86 (10):869-877 (2015). doi: 10.1111/asj.12370.

Kazuko Ogata, Aiko Sasaki, Yuka Kato, Arisa Takeda, Mikio Wakabayashi, Borjigin Sarentonglaga, Mio Yamaguchi, Asuka Hara, Rika Fukumor, Yoshikazu Nagao. Glutathione supplementation to semen extender improves the quality of frozen-thawed canine spermatozoa for transcervical insemination. Journal of Reproduction and Development 61(2):16-22 (2015). Doi: 10.1262/jrd.2014-130.

Yoku Kato and Yoshikazu Nagao. Changes in sperm motility and capacitation induce chromosomal aberration of the bovine embryo following intracytoplasmic sperm injection. Plos ONE 10(6): e0129285 (2015). Doi:10.1371/journal.pone.0129285.

Rika Fukumori, T. Sugino, H. Shingu,N. Moriya, H. Kobayashi, K. Yamaji, M. El-Sabagh, Y. Hasegawa, M. Kojima, K. Kangawa, T. Obitsu, Yoshikazu Nagao, Kohzo Taniguchi and S. Kushibiki. Effects of fat-enriched diet and methionine on insulin sensitivity in lactating cows. Journal of Animal Science. 93:2778-2784 (2015).

Yuki Ohta, Yoshikazu Nagao, Naojiro Minami, Satoshi Tsukamoto, Seiji Kito. Deficiencies in extrusion of the second polar body due to high calcium concentrations during in vitro fertilization in inbred C3H/He mice. Zygote:27:1-14 (2015). doi:10.1017/S096719941500060X.

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(1999年~2001年)、基盤研究C・代表、テーマ:ウシ核移植胚の正常性に関する生殖生理学的および分子生物学的解析
栃木県重点分野研究開発等促進事業(2001年~2002)、代表、テーマ:遺伝子診断した用水細胞によるウシ核移植技術の開発
共同研究(近澤レディースクリニック、2001年~2002年)
伊藤財団研究助成金(1997年~2001年)
稲森財団研究助成金(1998年)

受賞

北海道獣医師会顕彰(1996年)
繁殖生物学会優秀発表賞(2003年)

その他の研究実績

所属学会

日本繁殖生物学会、日本畜産学会、日本卵子学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:動物実験委員会
学部:教務委員会

学外活動

東日本盲導犬協会評議員、栃木県食の安全・安心推進委員会委員