基本情報

柏嵜 勝(カシワザキ マサル)

役 職 准教授
学 位 博士(農学)
性 別 男性
生 年 1963年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://www.farm.utsunomiya-u.ac.jp/

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学部附属施設 農学部附属農場

学歴

1987年 宇都宮大学農学部農業開発工学科農業機械専修 卒業
1989年 宇都宮大学大学院農学研究科農業開発工学専攻修士課程 修了
1992年 東京大学大学院農学系研究科農業工学専攻博士課程 修了

本学以外の主な職歴

特別認可法人生物系特定産業技術研究推進機構

教育活動

専門分野

農業工学,農業情報工学,農業機械学,ポストハーベストテクノロジ

主な授業科目

基盤教育:
学部:コンピュータ製図,農学部コア実習,農業実習I
大学院:ものづくり学,環境・エネルギ分析評価法

授業内容

技術系の大学生として必要な問題発見能力,原因探索能力,解決手段作成能力,解決に向けて自ら行動する能力,行動の結果を自己評価する能力の育成を目指しています。そして対話と実践を重視した教育を行っています。

研究活動

専門分野

食糧生産や生物生産の現場に生じている問題を抽出し,問題を克服するために活用できる最新技術や理論を探索,或は新たな技術開発によって問題解決を図り,その効果を検証・評価する実践的研究を行っています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「廃発泡スチロール容器のサーマルリサイクルに関する研究(第1報) ―卸売市場における発泡スチロールの廃棄処理と低温油化法の開発―」(農業機械学会誌第65巻6号、2003年,pp101-109)
「廃発泡スチロール容器のサーマルリサイクルに関する研究(第2報) ―低温油化再生油の粘度および燃焼特性―」(農業機械学会誌第65巻6号,2003年,pp110-119)
「二毛作栽培体系を活用した燃料用バイオマスエタノール生産に関する研究―栃木県を事例とした分析―」,(農業機械学会誌第68巻5号,2006年,pp41-51)
「イチゴ果実硬度の非破壊測定に関する基礎的研究(第1報)―果実硬度と細胞壁構成成分の関係―」、農業機械学会誌第69巻6号,2007年,pp49-56)
「イチゴ果実硬度の非破壊測定に関する基礎的研究(第2報)?果実表面吸光度スペクトルを用いた果実硬度推定モデルの開発?」,農業機械学会誌第71巻6号、2009年,pp90-97)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2005-2007):基盤研究C・代表,テーマ:3次元空間認識機能を持つイチゴ収穫ロボットの開発
科学研究費補助金(2007-2009):基盤研究C・分担,テーマ:高品質・高効率カンピョウ生産システムの開発
新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業(農林水産省:2009-2012年)
科学研究費補助金(2010-2012):基盤研究B・代表,テーマ:スペクトルイメージングによるイチゴの物理的損傷可視化及び損傷耐性定量化技術の開発

受賞

日本発明協会中小企業長官奨励賞(2003年)

その他の研究実績

所属学会

農業機械学会(評議員),日本食品科学工学会,農業施設学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

農学部広報連携委員会委員,農学部学術報告委員会委員

学外活動

社会人の学び直しニーズ対応教育推進事業(文部科学省,講座12回,運営,2007-2009年)
農商工連携人材育成事業(栃木県中小企業中央会,講座3回,運営,2010年)