基本情報

池田 裕樹(イケダ ヒロキ)

役 職 助教
学 位 博士(農学)
性 別 男性
生 年 1985年
研究室電話番号 0285-84-2426
研究室FAX番号
メールアドレス h.ikeda※cc.utsunomiya-u.ac.jp

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学部附属施設 農学部附属農場

学歴

2008年 東北大学農学部生物生産科学科 卒業
2010年 東北大学大学院農学研究科資源生物科学専攻博士課程前期2年の課程 修了
2014年 東北大学大学院農学研究科資源生物科学専攻博士課程後期3年の課程 修了

本学以外の主な職歴

日本学術振興会特別研究員
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構

教育活動

専門分野

園芸学

主な授業科目

基盤:食と生命のフィールド実践演習
学部:農学部コア実習、フィールド実習I・II

授業内容

講義や実習を通じて、園芸作物の生理生態や栽培技術に関する基礎知識を学ぶとともに、農学部の学生として不可欠な作物栽培に関する技能を習得することを目標としている。

研究活動

専門分野

園芸作物の品質や生産性の向上を目的とした基礎研究を、栽培試験や遺伝子解析など様々なアプローチから進めている。

専門分野(科研費分類)

園芸科学

専門分野(Read分類)

学術論文

Ikeda, H., T. Shibuya, M. Nishiyama, Y. Nakata and Y. Kanayama. 2017. Physiological mechanisms accounting for the lower incidence of blossom-end rot in tomato introgression line IL8-3 fruit. Hort. J. 86: 327-333.
Tieman, D., G. Zhu, M. F. R. Resende Jr., T. Lin, C. Nguyen, D. Bies, J. L. Rambla, K. S. O. Beltran, M. Taylor, B. Zhang, H. Ikeda, Z. Liu, J. Fisher, I. Zemach, A. Monforte, D. Zamir, A. Granell, M. Kirst, S. Huang and H. Klee. 2017. A chemical genetic roadmap to improved tomato flavor. Science 355: 391-394.
Ikeda, H., T. Shibuya, S. Imanishi, H. Aso, M. Nishiyama and Y. Kanayama. 2016. Dynamic metabolic regulation by a chromosome segment from a wild relative during fruit development in a tomato introgression line, IL8-3. Plant Cell Physiol. 57: 1257-1270.
Shibuya, T., T. Watanabe, H. Ikeda and Y. Kanayama. 2015. Ionomic analysis of horticultural plants reveals tissue-specific element accumulation. Hort. J. 84: 305-313.
Kanayama, Y., R. Mizutani, S. Yaguchi, A. Hojo, H. Ikeda, M. Nishiyama and K. Kanahama. 2014. Characterization of an uncharacterized aldo-keto reductase gene from peach and its role in abiotic stress tolerance. Phytochemistry. 104: 30-36.
Kanayama, Y., K. Sato, H. Ikeda, T. Tamura, M. Nishiyama and K. Kanahama. 2013. Seasonal changes in abiotic stress tolerance and concentrations of tocopherol, sugar, and ascorbic acid in sea buckthorn leaves and stems. Sci. Hort. 164: 232-237.
Ikeda, H., M. Hiraga, K. Shirasawa, M. Nishiyama, K. Kanahama and Y. Kanayama. 2013. Analysis of a tomato introgression line, IL8-3, with increased Brix content. Sci. Hort. 153: 103-108.
Ogata, A., A. Itai, M. Nishiyama, H. Ikeda, K. Kanahama and Y. Kanayama. 2012. Analyses of early rough bark phenotype found in seedlings of a cross between the European pear 'Bartlett' and the Chinese pear 'Yali'. Sci. Hort. 148; 1-8.
Mohammed, S. A., S. Nishio, H. Takahashi, K. Shiratake, H. Ikeda, K. Kanahama and Y. Kanayama. 2012. Role of vacuolar H+-inorganic pyrophosphatase in tomato fruit development. J. Exp. Bot. 63: 5613-5621.
Uozumi, A*., H. Ikeda*, M. Hiraga, H. Kanno, M. Nanzyo, M. Nishiyama, K. Kanahama and Y. Kanayama. 2012. Tolerance to salt stress and blossom-end rot in an introgression line, IL8-3, of tomato. Sci. Hort. 138: 1-6. *These authors equally contributed to the paper.
Nishio. S., R. Moriguchi, H. Ikeda, H. Takahashi, H. Takahashi, N. Fujii, T. J. Guilfoyle, K. Kanahama and Y. Kanayama. 2010. Expression analysis of the auxin efflux carrier family in tomato fruit development. Planta. 232; 755-764.

著書

Ikeda, H. and Y. Kanayama. 2015. Blossom-end rot in fruit vegetables. p. 117-126. In: Y. Kanayama and A. Kochetov (eds.). Abiotic stress Biology in Horticultural Plants. Springer Japan, Tokyo, Japan.

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2016-17年)、研究活動スタート支援・代表、テーマ:タマネギのりん茎肥大開始と完了を決定する環境要因と遺伝子の網羅的解析
科学研究費補助金(2014-15年)、特別研究員奨励費・代表、テーマ:トマトの野生種が有する高糖度遺伝子の単離と高糖度化機構の解明

受賞

その他の研究実績

所属学会

園芸学会、日本農業気象学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動