基本情報

阪本 公美子(サカモト クミコ)

役 職 准教授
学 位 博士(学術)
性 別 女性
生 年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・国際学部 国際学科 ・学部附属施設 国際学部附属多文化公共圏センター

学歴

1992年 東京外国語大学外国語学部アラビア語学科 卒業
1994年 早稲田大学大学院経済学研究科理論経済学・経済史専攻修士課程 修了
2003年 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

ユニセフタンザニア事務所
国連開発計画タンザニア事務所
早稲田大学助手

教育活動

専門分野

地域研究

主な授業科目

基盤:社会開発入門
学部:アフリカ論、途上国経済発展論
大学院:経済開発と社会開発、東アフリカ社会開発論

授業内容

アフリカに関する地域研究や、アフリカを基盤とする発展理論の研究を活かし、教育に反映している。特に、現場で収集した事例に関する情報や、撮った映像(動画・写真)は、学生の具体的な想像力を導き、対象を等身大に理解するために有効である。ただし、具体化に留まるのではなく、実際の事象に照らし合わせた理論と照合する訓練も心がけている。

研究活動

専門分野

アフリカ(特にタンザニア農村)における現地調査を重視し、社会開発、文化、社会構造に関する研究を行っている。自らの現地調査を、アフリカ各地の地域研究、さらには理論研究と照らし合わせ、パラダイムの転換といった視点からの研究も行っている。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

Contemporary Perspectives on African Moral Economy (共著、Dar es Salaam University Press, 2008年、pp.165-179)
「アフリカ・モラル・エコノミーに基づく内発的発展の可能性と課題」(単著、『アフリカ研究』70号、2007年、pp.133-141)他

著書

Social Development, Culture, and Participation: Toward theorizing endogenous development in Tanzania (単著、春風社、2009年、530p.)
『新生アフリカの内発的発展?住民自立と支援』(共編著、昭和堂、2014年、352p.、pp.1-32、165-182)
『社会科学を再構築する―地域平和と内発的発展』(共著、明石書店、2007年、pp.220-234)
『社会開発』(共著、有斐閣、1997年、pp.113-136)

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2006年~2008年)、若手研究B・代表、テーマ:東アフリカ小農による内発的発展の特徴とその地球的意義
科学研究費補助金(2010年~2011年)、研究活動スタート支援・代表、テーマ:タンザニア南東部コミュニティにおける女性世帯主世帯の脆弱性と自在性
科学研究費補助金(2013年~2015年)、研究基盤C・代表、テーマ:生存をめぐるパラドックス?乳幼児死亡を軸としたタンザニア最貧困地域の比較研究
科学研究費補助金(2005年~2006年)、研究基盤C・分担、テーマ:サハラ以南アフリカにおけるコミュニティ参加型による「地方開発戦略」の課題と可能性
科学研究費補助金(2010年~2013年)、研究基盤A・分担、テーマ:アフリカ・モラル・エコノミーを基盤とした農村発展に関する比較研究 他

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本アフリカ学会、国際開発学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

多文化公共圏センター員、教務委員会、ハラスメント防止相談員 他

学外活動

日光市国際交流協会「食から世界を考える≪アフリカ編≫」講座講師(2010年)
TICADアフリカ市民社会フォーラム(TCSF)会員(2005年~2009年)
下野新聞社外紙面審査委員(2006年~2007年)