基本情報

Morrison Barbara(モリソン バーバラ)

役 職 准教授
学 位 Ph.D
性 別 女性
生 年 1958年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・国際学部 国際学科 ・学部附属施設 国際学部附属多文化公共圏センター

学歴

1980年 ウェスレエイヤン大学 卒業
1984年 コロンビア大学大学院修士課程 その他
1998年 コロンビア大学大学院修士課程 修了
2006年 ノースダコタ大学大学院博士課程 修了

本学以外の主な職歴

株式会社千葉銀行
米国 システムリサーチ・コンサルティング会社
米国 コロンビア・ジャーナリズムレビュー
米国 ノースダコタ大学英語作文教育主任

教育活動

専門分野

日本文学、英国文学、カルチュラル・スタヂィーズ、ジェンダー論

主な授業科目

基盤:Speech Clinic、日本事情(Things Japanese)
学部:翻訳文学論(Literature in Translation)、文章表現A(Academic Writing A)、文章表現B(Research Writing)、ジェンダー論(Gender Studies)
大学院:ジェンダーとアイデンティティ(Gender and Identity)、英語圏文化研究、Gender Perspectives

授業内容

3年次においては、カルチュラル・スタディーズの基礎についてテキストを通じて学ぶとともに、文学、メディア、芸術、ポピュラー・カルチャーにおいて学生の興味がある所を研究します。論文は、映画でも、イメージとテクスト、つまりメディア/イメージの生産を検討するものが望ましい。日本語と英語で研究しますので、英語の読解力を備えておくことも必要です。キーワード:signifying practices, representation, identity, image, gender, power, ideology

研究活動

専門分野

テクストとイメージを中心に、人間はどういうふうに意味を生産するのかを考際する。名学生の解釈も含めて、文化とメディアによって、アイデンティーティーの構築方針を実験しています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

宇都宮大学国際学部研究論集30号;楷書体書道制作の基礎に関する中里理論
宇都宮大学国際学部研究論集28号;線の力:志賀直哉の『暗夜行路』
宇都宮大学国際学部研究論集25号;救済の現場:キリスト教と仏教思想に表れる人間の本性
宇都宮大学国際学部研究論集24号;さまざまな声:「小栗」の女性行為に表れる照手姫の姿

著書

季刊文科49;私が見つけた中世日本

特許・実用新案・意匠

研究資金

受賞

Faculty Star Award for Teaching, 2006 (UND) : Best Women’s Studies Essay 2003 (UND)

その他の研究実績

所属学会

日本英文学会、Modern Languages Association、Japan Association of Language Teachers(JALT)

組織・運営情報

全学・部局委員会等

外国文学研究会、学務委員会、評価委員会

学外活動