基本情報

横田 信三(ヨコタ シンソウ)

役 職 教授
学 位 農学博士
性 別 男性
生 年 1961年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://mori1.mine.utsunomiya-u.ac.jp/sinrin/fs/lab/riyou.html

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・農学部 森林科学科 森林生産保全学講座 ・学内共同教育研究施設等 留学生・国際交流センター

学歴

1985年 北海道大学農学部林産学科 卒業
1987年 京都大学大学院農学研究科林産工学専攻修士課程 修了
1988年 京都大学大学院農学研究科林産工学専攻博士課程 退学

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

森林科学、林産学

主な授業科目

学部:森林基礎化学、国際森林科学論、森林化学、森林資源利用学、森林化学実験
大学院:森林資源利用学特論II、樹木生化学特論、林産化学特論

授業内容

森林に関わる化学的知識、技術能力を育成するため、樹病に関わるプロテオミクス、木質バイオマスの化学的利用、樹木と微生物の化学的相互作用等の研究をベースにして授業を行っています。その際には、最新の情報を取り入れて、分かり易く説明するようにしています。

研究活動

専門分野

樹病及び木質系バイオマスの利用に関する研究について、ポストゲノミクス手法である、プロテオミクス及びメタボロミクスの手法を用い、分子レベルでの分析を行っています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

"Ozone-dioxane delignification from the cell walls of Japanese cypress (Chamaecyparis obtusa Endle.)"(Journal Material Cycles and Waste Management, 8(2), 140-144 (2006))
"Histological observation of changes in leaf structure during successive micropropagation stages in Araria elata and Phellodendron amurense"(Plant Biotechnology, 24, 221-226 (2007) )
"Enzymatic saccharification and ethanol fermentation with cultured wastes from edible mushroom cultivation using wood meals of unused tree species, Alnus japonica and Zelkova serrata"(Cellulose Chemistry and Technology , 41(9-10), 575-582 (2007))
"Anatomical and histochemical characteristics of Japanese birch (Tohoku) plantlets infected with the Inonotus obliquus IO-U1 strain"(Plant Biotechnology, 25, 183-189 (2008))

著書

「木質の形成第2版」(共著、2011年出版予定)

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2010年~2013年)、基盤研究C・代表、テーマ:新規ジカルボン酸によってシラカンバ幼植物体内に誘導される全身植物免疫機構の解明
科学研究費補助金(2007年~2009年)、基盤研究C・代表、テーマ:癌腫病菌カバノアナタケに感染したシラカンバ植物体における全身獲得抵抗性機構の解明
科学研究費補助金(2003年~2005年)、基盤研究C・代表、テーマ:癌腫病菌カバノアナタケに対するシラカンバの感染特異的タンパク質の網羅的解析
科学研究費補助金(1999年~2001年)、基盤研究C・代表、テーマ:癌腫病菌カバノアナタケの感染によるシラカンバ植物体内での抗菌性化合物の生成
科学研究費補助金(1996年~1997年)、基盤研究A・分担、テーマ:森林植物と菌類の二次代謝物生合成と機能に関する生化学的研究

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本木材学会、日本植物細胞分子生物学会、アメリカ化学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:峰地区安全衛生委員会委員

学外活動

栃木蔵フォーラム(全8回、1回分、2010年~2011年)
栃木県森林・林業・自然環境試験研究評価委員(2010年度)