基本情報

山本 美穂(ヤマモト ミホ)

役 職 教授
学 位 博士(農学)
性 別 女性
生 年 1966年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・農学部 森林科学科 森林生産保全学講座 ・学内共同教育研究施設等 雑草と里山の科学教育研究センター

学歴

1990年 九州大学経済学部経済学科 卒業
1994年 九州大学大学院農学研究科林業学専攻修士課程 修了
1998年 九州大学大学院農学研究科林業学専攻博士課程 修了

本学以外の主な職歴

株式会社都市経済研究所
企業組合みどり科学研究所
北海道大学助手

教育活動

専門分野

森林科学、歴史地理学

主な授業科目

学部:国際森林科学論、森林政策学、森林基礎経済学、森林生産経済史
大学院:森林政策学特論

授業内容

総合科学の体系を持つ森林科学の中で、森林と人とが関わる様々な社会的事象を対象領域とし、歴史地理学、経済学、政策学について授業を行っています。

研究活動

専門分野

森林資源がどのように利用され、特に次世代への継承に際してどのような問題に直面しどう解決策を見出していくべきかについて、野外での社会調査と同時に史料、統計資料の分析を進めながら検討しています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

山本美穂、秋田県東成瀬村 - 入会林野を中心とした集落での活用 - 、佐藤宣子編著、日本型森林直接支払いに向けて - 支援交付金制度の検証 - 、日本林業調査会、pp.61-74、2010年
山本美穂、森林資源の持続的管理への枠組み、熊本学園大学付属産業経営研究所編、グローバル化する九州・熊本の産業経済の自律と連携、日本評論社、pp.20-32、2010年
Tin Min Maung, Miho Yamamoto, Exploring the socio-economic situation of plantation villagers: A case study in Myanmar Bago Yoma(2008), Small-Scale Forestry Volume 7, Number1, Springer Netherlands, 29-48

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

日本学術振興会科研費(2006~2008年度)、基盤研究B・分担、上智大学教授、畠山武道、テーマ:地域環境管理手法としての地域制自然公園制度の構築と管理に関する国際比較研究(30万円)
日本学術振興会科研費(2009~2011年度)、基盤研究B・分担、九州大学教授、佐藤宣子、テーマ:少子高齢化時代における私有林地の継承と持続的な森林管理手法に関する比較研究(2009年度30万円)
熊本学園大学産業経営研究所50周年記念事業共同研究プロジェクト(2008~2009年度)、分担、テーマ:林業政策と環境保全に関する調査研究(60万円)
文部科学省科学研究費(2000~2001年度)、奨励研究A・代表、テーマ:中山間地域におけるエコマネー導入の可能性と森林循環型経済システムの構築(170万円)
文部科学省科学研究費(2004~2005年度)、若手研究A・代表、テーマ:フロンティアの後退局面における里地空間保全のための実証的研究(2004年度1,100千円、2005年度1,000千円)

受賞

林業経済学会奨励賞(2004年)

その他の研究実績

所属学会

日本森林学会、林業経済学会(2012年春季大会運営委員長)、International Union of Forestry Research Organization

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学部:広報連携委員会

学外活動

栃木県森林審議会委員
栃木県土地利用審議会委員
福島県森林審議会委員