基本情報

大久保 達弘(オオクボ タツヒロ)

役 職 教授
学 位 農学博士
性 別 男性
生 年 1959年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://mori1.mine.utsunomiya-u.ac.jp/sinrin/fs/lab/seitai.html

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・農学部 森林科学科 森林生産保全学講座 ・学内共同教育研究施設等 雑草と里山の科学教育研究センター

学歴

1982年 宇都宮大学農学部林学科 卒業
1983年 宇都宮大学農学部専攻生 修了
1985年 東京大学大学院農学系研究科修士課程(林学専門課程) 修了
1985年 東京大学大学院農学系研究科第一種博士課程(林学専門課程) 退学

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

森林科学

主な授業科目

学部:森林生態学、森林立地環境学、育林学、国際森林科学論
大学院:育林学特論

授業内容

森林を資源のみならず生態系・生物多様性の視点から管理、再生、修復するための研究を進め、その成果を樹木学、森林生態学、森林立地環境学、育林学など基礎的~応用的講義や実験実習のなかで、実例を示すことで学生に臨場感を持たせるよう心掛けています。

研究活動

専門分野

アジアの森林消失や修復フロンティアで長期森林動態調査区を利用して樹木の個体群動態、林冠攪乱体制や構成樹種の生活史特性を解析しています。また、断片化した森林生態系の復元力を生態学・育林学的に明らかにし、その施業技術開発に向けた基盤情報の確立を試みています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「イヌブナ(Fagus japonica Maxim.)、日本樹木誌(日本樹木誌編集委員会編)」(共著、日本林業調査会、.2009年、pp.73-103)
「「3.現状と傾向」、日本の里山・里海評価 - 関東中部クラスター編.里山・里海:日本の社会生態学的生産ランドスケープー関東中部の経験と教訓―」(共著、国際連合大学、2010年130pp.)
「Spatial and Topographic Pattern of Canopy Gap Formation in a Mixed Dipterocarp Forest in Sarawak, Malaysia.」(共著、日本熱帯生態学会「Tropics」第16巻2号、2007年)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2008年~2010年)、基盤研究B-2(海外学術調査)・代表、テーマ:熱帯アジア山地林ブナ科樹木個体群のマルチスケール分布様式の地理的変異
科学研究費補助金(2011年~2013年)、基盤研究B-2(海外学術調査)・代表、テーマ:熱帯アジア山地林ブナ科樹木個体群のマルチスケール分布様式の地理的変異

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本森林学会(プログラム編成委員会委員)、日本生態学会、森林立地学会(副会長、「森林立地」編集委員)

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:地域連携推進本部会議委員(2014~2015)
学部:ハラスメント防止委員会委員(2014~2015)

学外活動

栃木県森林審議会委員・同審議会森林保全部会長(2008~2011)
(社)日本森林・自然環境技術者教育会理事、同分野別審査委員会委員(2010)