基本情報

有賀 一広(アルガ カズヒロ)

役 職 准教授
学 位 博士(農学)
性 別 男性
生 年 1971年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://mori1.mine.utsunomiya-u.ac.jp/sinrin/fs/lab/rinko.html

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・農学部 森林科学科 森林生産保全学講座 ・学部附属施設 農学部附属演習林

学歴

1992年 東京大学教養学部理科二類 修了
1994年 東京大学農学部林学科 卒業
1996年 東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程森林科学専攻 修了
1999年 東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程森林科学専攻 修了

本学以外の主な職歴

東京大学助手

教育活動

専門分野

森林学、森林科学

主な授業科目

学部:森林基礎力学、森林工学、森林土木学、森林作業学、森林土木学実習

授業内容

持続的に森林資源を利用していくためには、適切な森林管理技術の習得が必要です。これらの講義では、伐木造材作業や集運材作業、森林内路網の配置計画と具体的な設計手法について説明します。

研究活動

専門分野

環境に配慮しながら適切な森林管理・木材生産を実行することができる収穫手法を研究しています。また、GISを用いた森林バイオマスの年間発生量と収集費用の推計手法についても研究しています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

中山間地域における木材および森林バイオマス資源の長期的な利用可能性 森林利用学会誌(2006)
栃木県鹿沼市私有林における作業道路網自動配置手法の検討 森林利用学会誌(2009)
船生演習林LiDARを用いた交角法による地表面推定手法の開発 森林利用学会誌(2008)
Forest road design with soil sediment evaluation using a high resolution DEM. Journal of Forest Research (2005)
履帯モデルへの3次元個別要素法の適用 森林利用学会誌(2005)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

栃木県(2009年)、テーマ:森林の成長量データベース作成業務
農林水産省(2007年~2008年)、テーマ:木材搬出用受け渡し搬器の開発
日本生命財団研究若手助成(2007年)、テーマ:森林バイオマス資源の長期的な利用可能性
日本森林技術協会若手研究助成(2006年)、テーマ:森林バイオマスの低コスト収穫を目指した作業手法の検討
財団法人林業土木施設研究所(2005年)、テーマ:宇都宮大学船生演習林の高解像度数値標高データを利用した林道設計に関する研究

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本森林学会、森林利用学会(常務理事)、日本エネルギー学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学部:演習林次長(2014年~2015年)、演習林研究部主任(2010年~2015年)、学術報告委員会委員(2010年~2015年)、
演習林報告編集委員長(2010年2015年)

学外活動

NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構):那須野ヶ原土地改良区連合:平成22年度地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定等事業「那須野ヶ原における木質バイオマス利活用のためのバイオエタノール製造システム事業家調査」策定委員会委員(2010年)
農林水産省農業用水水源地域保全対策事業:那須野ヶ原土地改良区連合:平成22年度1000年の森を育てるみんなの研究会委員(2010年)
日光市バイオマスタウン構想策定委員会オブザーバー(2010年)