基本情報

秋山 満(アキヤマ ミツル)

役 職 教授
学 位 博士(農学)東京大学
性 別 男性
生 年 1958年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・農学部 農業経済学科 農業経済社会学講座

学歴

1982年 東京農工大学農学部農学科 卒業
1984年 東京農工大学大学院農学研究科修士課程 修了
1988年 東京大学大学院農学系研究科農業経済学専攻第一種博士課程 単位修得退学

本学以外の主な職歴

東北大学助手

教育活動

専門分野

農学・農業経済学・農政学

主な授業科目

基盤:資本論を読もう
学部:経済学概論、農政学、農業経済学基礎演習II、農業経済学応用演習II、農業経済分析演習
大学院:農政学特論

授業内容

経済学概論では、マルクス経済学の基礎理論を中心移行議している。農政学では、戦後日本経済を経済復興期、高度成長期、低成長期、国際経済調整期に分け、経済政策の展開を講義するとともに、経済画期に合わせた日本農政の展開過程を食料管理、農地政策、担い手育成政策を中心に講義している。

研究活動

専門分野

日本農政を、主に食糧管理政策、農地政策、担い手育成政策の視点から研究するとともに、その再構成を地域営農システムの形成として、農地利用調整システ ム、農地利用連携システム、農産物販売・交流システムの形成課題として、フィールドワークを主体に実証的に研究している。

専門分野(科研費分類)

農業経済

専門分野(Read分類)

農業経済

学術論文

秋山満「農地中間管理事業の現場での取り組みと課題」『農業と経済』昭和堂、81巻9号、12-21p、2015年
秋山満「新潟市における農地中間管理事業の取り組み」『農村と都市をむすぶ』全農林、65巻11号、4-13p、2015年
秋山満「誰が東北農業を担うのか」コメント『農村経済研究』東北農業経済学会、33巻2号、80-81p、2015年
秋山満「水田農業のコストダウンの可能性と課題」『AFCフォーラム』日本政策金融公庫農林水産事業本部、pp.3-6、2015年.
秋山満「水田作における規模問題」『農業経営研究』日本農業経営学会、第49巻第4号、pp.6-20、2012年.
竹島久美子・秋山満「農地利用空洞化対策と直営型第3セクターの役割―埼玉県A町を事例に―」『農業経営研究』日本農業経営学会、第49巻第1号、pp.55-60、2011年.
秋山満・竹島久美子「直営型市町村農業公社の展開と再編―栃木県K市農業公社を事例に―」『農業経営研究』日本農業経営学会、第48巻第1号、pp.55-60、2010年.
竹島久美子・秋山満「都市近郊における農地維持管理システムの可能性―W町を対象に―」『農業経営研究』日本農業経営学会、第48巻第1号、pp.61-66、2010年.
秋山満「関東における米戸別所得補償制度への対応と課題―栃木県を中心に―」『農業と経済』昭和堂、第76巻第6号、pp.37-44、2010年.
秋山満「大規模経営における米生産費の検討」『農業経営研究』日本農業経営学会、第44巻第1号、pp.47-52、2006年.
秋山満「農家の階層変動と兼業農家の動態」『東北農業経済研究』東北農業経済学会、第24巻第2号、pp.3-16、2006年

著書

秋山満「水田農業における規模問題」日本農業経営学会編『農業経営の規模と企業形態』農林統計出版.2014.
秋山満「栃木県における人・農地プラン取り組みの現状と課題」安藤光義編著『日本農業年報59号動き出した「人・農地プラン」』農林統計協会.2013.
秋山満「TPP交渉・放射能汚染問題と栃木の農業」とちぎ地域・自治研究所編『道州制で県民の暮らしはどうなる?』随想舎.2012.
秋山満「東日本における米戸別所得補償モデル対策取り組みの現状と課題」谷口信和編著『日本農業年報57号民主党農政1年の総合的検証』農林統計協会.2011.
秋山満「農業構造変動の現状と経営安定対策の課題」谷口信和編著『日本農業年報53農業構造改革の現段階―経営所得安定対策の現実性と可能性―』農林統計協会、2007年.
秋山満「水田農業における多様な担い手形成」今村奈良臣編著『農政改革の世界史的帰趨』農文協、1994年
秋山満「解題 日本的工業化社会における農業生産力構造と農業構造問題の変貌」、宇佐美繁著作集編集委員会編『著作集IV 農業構造と担い手の変貌』筑波書房、2005年
秋山満「零細分散錯圃解消のための諸施策とその実施状況」、NIRA『零細分散錯圃の解消に関する研究』総合研究開発機構、1995年
秋山満「農業担い手の現段階」、日本農業年鑑刊行会『日本農業年鑑1994年版』家の光協会、1994年
秋山満「農政と村落」、日本村落史講座編集委員会『日本村落史講座5 政治II 近世・近現代』雄山閣、1990年

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(1994年度)、奨励研究A・単独、テーマ:農地の公的管理と多様な担い手育成・確保手法に関する研究、900千円
科学研究費補助金(1997~1998年度)、基盤研究C、研究代表者玉城昌幸、5人分担、テーマ:米に関するフードシステムのマーケティング論的研究、2800千円
科学研究費補助金(1997~1999年度)、基盤研究B、研究代表者谷口信和、7人分担、テーマ:国際比較を通じた大規模農業法人の存立構造に関する研究、12800千円
科学研究費補助金(2005~2007年)、基盤研究B、研究代表者津谷好人、9人分担、テーマ:マイナークロップ経営の持続性とニッチ・局地内発型市場形成に関する経済学的研究、10000千円
科学研究費補助金(2006~2007年度)、基盤研究C、研究代表者秋山満、テーマ:米政策改革下における農地管理システムと担い手育成・連携方式に関する実証的研究、1400千円
科学研究費補助金(2011~2013年度)、基盤研究C、研究代表者秋山満、テーマ:耕畜連携における地域連携型複合生産システムの形成に関する実証的研究、2800千円
科学研究費補助金(2014~2017年度)、基盤研究C、研究代表者秋山満、テーマ:農政改革下における担い手育成支援と地域営農システムの実証的研究、3300千円

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本農業経済学会、日本農業経営学会、農業問題研究学会、土地制度史学会、共生社会システム学会、日本農業市場学会、東北農業経済学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

農学部学務委員長

学外活動

栃木県農政審議会(会長)、宇都宮市農業振興対策審議会(会長)、栃木県農地中間管理機構評価委員会(委員)、
とちぎ食育推進連絡会(会長)、栃木県農業振興公社評議員(座長)、栃木県農業再生協議会(委員)、
うつのみや農産物ブランド推進協議会(会長)、栃木県アグリフードビジネス支援事業審査委員(委員長)、
栃木県元気な農業コンクール開催委員会(審査委員)、日本農業賞栃木県選考委員会(委員長)、栃木県家の光活用審査会(委員長)