基本情報

田村 孝浩(タムラ タカヒロ)

役 職 准教授
学 位 博士(農学)
性 別 男性
生 年 1971年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://env.mine.utsunomiya-u.ac.jp/lab/rural/

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・農学部 農業環境工学科 環境システム工学講座

学歴

1993年 宇都宮大学農学部農業開発工学科 卒業
1995年 宇都宮大学大学院農学研究科農業開発工学専攻修士課程 修了
1999年 東京農工大学大学院連合農学研究科生物生産学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

筑波大学助手
宮城大学講師

教育活動

専門分野

農業土木学・農村計画学

主な授業科目

学部:農村計画論、地域環境マネジメント論、地域アセスメント論、測量学、測量実習
大学院:研究の方法、農村計画特別研究

授業内容

工学的基礎と農村計画学・生態学的知識に立脚した「地域をデザインする技術と能力」を育成することを主眼においています。そこで私の講義では、実社会における要求や課題をトピックスとしたPBLやグループワークなどを採り入れています。

研究活動

専門分野

生産性の向上と自然環境保全が成り立つような仕組みを構築すること、すなわち「開発と保全」に代表されるような二律背反する課題への対応を視野にいれ、『豊かな田園環境』の創造を目指して研究活動に取り組んでいます。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「休耕地等を活用した市民農園の開設に対する農家意識~栃木県北部地区における農地の貸与意思と貸与条件の把握~」(環境情報科学センター論文集、23巻、2009、p.385~390)
「末端水利施設における参加型管理の成立要因に関する考察」(農業農村工学会誌、77巻12号、2009、pp.985~989)
「宮城県大崎市北小塩地区における順応的管理の取組と課題」(農業農村工学会誌、78巻2号、2010、pp.139~143)
「冬期湛水水田の水収支観測に基づいた湛水可能面積の試算~重力式灌漑による湛水圃場を事例として~」(農村計画学会論文集、2010、28巻、pp.285~290)
「圃場整備前後における維持管理作業面積の評価」(農業農村工学会誌、78巻11号、2010、pp.895~898)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2009年~2011年)、若手研究B・代表、テーマ:潜在的環境ストックを積極的に活用したグリーンツーリズムの実践手法に関する研究
科学研究費補助金(2010年~2012年)、基盤研究B・分担、テーマ:生態系配慮施設が持つリスクを軽減する維持管理手法の開発
科学研究費補助金(2006年~2008年)、基盤研究B・分担、テーマ:生物多様性を増進する水田の特徴解析と空間スケールを考慮した戦略的配置に関する研究

受賞

(社)農業土木学会技術報告賞(平成17年度)

その他の研究実績

所属学会

農村計画学会、農業農村工学会、環境情報科学センター

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:研究推進委員会

学外活動

栃木県公共事業評価委員会委員
福島県公共事業評価委員会委員
宮城県農村振興施策検討委員会委員