基本情報

福村 一成(フクムラ カズナリ)

役 職 准教授
学 位 Ph.D
性 別 男性
生 年 1956年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・農学部 農業環境工学科 環境システム工学講座

学歴

1980年 香川大学農学部農業工学科 卒業
1989年 東京農工大学大学院農学研究科農業工学専攻修士課程 修了
1996年 アリゾナ大学大学院農業生物システム工学科 修了

本学以外の主な職歴

中央開発株式会社
国際協力事業団
社団法人海外農業開発協会
アリゾナ大学助手

教育活動

専門分野

農業工学 農業土木学・農村計画額(6501)

主な授業科目

学部:システム工学・土質力学・国際協力と農村の持続的発展・土壌土質実験
大学院:Communicaton Skills for Engineers、連続体力学

授業内容

専門基礎に関する能力を育成するため、カリキュラム後半で学ぶ研究の基盤となることを意識した授業を行っています。また基礎学力の不足する学生に対しては補習を行います。さらに授業では国際的な視点の醸成にも配慮しています。

研究活動

専門分野

土壌中の物質移動を基礎に、塩害や節水灌漑などを取り入れつつ発展途上国の農業や地域開発、貧困の克服に関する研究をおこなっています。室内実験やシミュレーションだけでなく、地理情報システム等を活用した現地調査やNPOとの協力等による現場を重視した研究をを試みています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

"Engineering properties of stabilized dewatered sludge from crushed sand production as a recycled material" in Geomechanics and Geotechnics of Particulate Media 2006, N. Yamazaki, K.Fukumura and H.Tomita,. Taylor and Francis, ISBN:0415410975
"簡易ガス拡散係数測定による土壌水分特性曲線の推定”、福村一成、登尾浩助、2006、生態工学、Vol.18(2)、39-43
"栃木県茂木町の水田と畑地におけるイノシシ被害地点と周辺環境特性”、2011、野元加奈、高橋俊守、小金澤正明、福村一成、哺乳類科学、Vol.50.No.2、129-135.

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

日産財団(2008):理科教育助成
科学研究費補助金(2007~2008)テーマ:レンガ造り建造物遺跡の界面動電現象による現位置除塩法の研究
科学研究費補助金(2005~2006)、テーマ:界面道電現象を利用したカドミウム汚染水田土壌の現位置浄化法の
奨学寄付金(2009、2010)、テーマ:インド、ケニアの農村地域開発に関する研究

受賞

その他の研究実績

所属学会

Soil Science Society of America、American Society of Agricultural Engineers、農業農村工学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:学術国際委員会委員
学部:学術国際委員会委員、学術報告委員会委員

学外活動

栃木県土木構造安全検討委員会委員
放送大学対面講義(2010.12.18-19)