基本情報

松井 宏之(マツイ ヒロユキ)

役 職 教授
学 位 博士(農学)
性 別 男性
生 年 1971年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://env.mine.utsunomiya-u.ac.jp/lab/wq/

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・農学部 農業環境工学科 生産環境工学講座

学歴

1994年 宇都宮大学農学部農業開発工学科 卒業
1996年 宇都宮大学大学院農学研究科農業開発工学専攻修士課程 修了
1997年 東京農工大学大学院連合農学研究科生物生産学専攻博士課程 中退

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

農業工学、農業土木学、流域工学

主な授業科目

基盤:農業と環境の科学
学部:水質環境工学、灌漑排水工学、コンピュータデータ処理、水利計画演習
大学院:環境物理数学

授業内容

農業工学に関する基礎および実践的知識を習得できるよう、灌漑計画、水環境保全に関連する研究で培ってきた知識を織り交ぜながら授業を行っています。知識の修得を自身で確認できる授業を心がけています。

研究活動

専門分野

(1)水田での浮遊土砂収支の観測を通じた、流砂系の視点での水田の再評価
(2)蒸発散量の推定に不可欠でありながら検討されてこなかった長波放射量の推定精度の向上などに取り組んでいます。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

ペンマン型蒸発散量推定式における有効長波量推定式の比較(農業農村工学会、農業農村工学会論文集、第270号 2010年、pp.95-100)
石垣島の水田における降雨出水時の浮遊土砂収支(農業農村工学会、農業農村工学会論文集、第252号 2007年、pp.97-102)
月水収支分析のための基準蒸発散量推定式の検討(土木学会、水工学論文集、第49号、2005年、pp.355-360)
グリッド型流出モデルにおける地目別流出過程のモデル化 -鬼怒・小貝モデルの改良-(農業土木学会、農業土木学会論文集、第226号、2003年、pp.61-68)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2010年~2011年)、若手研究B・代表、テーマ:水田からの浮遊土砂流出およびそのモデリングに関する研究
科学研究費補助金(2008年~2009年)、若手研究B・代表、テーマ:水田灌漑システムにおける浮遊土砂の動態およびその保全方策
農林水産省受託研究(2005年~2006年)、農業水利基本調査(鬼怒川流域水質調査)

受賞

その他の研究実績

所属学会

農業農村工学会、水文水資源学会、土木学会、日本水環境学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:教務委員(2014年~2015年)

学外活動