基本情報

二瓶 賢一(ニヘイ ケンイチ)

役 職 准教授
学 位 博士(農学)
性 別 男性
生 年 1969年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://agri.mine.utsunomiya-u.ac.jp/hpj/deptj/chemj/npc/index.htm

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学内共同教育研究施設等 バイオサイエンス教育研究センター ・農学部 応用生命化学科

学歴

1993年 弘前大学農学部園芸化学科 卒業
1995年 弘前大学大学院農学研究科園芸化学専攻修士課程 修了
1998年 岩手大学大学院連合農学研究科生物資源科学専攻博士課程 修了

本学以外の主な職歴

帝京大学助手
サンパウロ大学博士研究員
カリフォルニア大学バークレー校博士研究員

教育活動

専門分野

農芸化学、天然物有機化学

主な授業科目

学部:有機化学I、有機化学II、天然物化学
大学院:天然物有機化学特論

授業内容

天然物有機化学に関する研究をベースにして、有機化学系の講義および実験を担当しています。特に、生命現象の有機化学的な理解を目指し、教育を行っています。

研究活動

専門分野

植物病原菌に対する抗真菌剤、環境にやさしい除草剤、紫外線障害を防ぐ阻害剤およびペプチド性の動物毒などの生命現象を左右する分子の構造決定と有機合成に関する研究を行っています。

専門分野(科研費分類)

生物分子科学、生物生産化学・生物有機化学

専門分野(Read分類)

学術論文

・Iwadate, T.; Nihei, K. Chemical Synthesis, Redox Transformation, and Identification of Sonnerphenolic C, an Antioxidant in Acer
nikoense. Bioorg. Med. Chem. Lett. 2017, 27, 1799-1802.
・Nihei, K.; Kubo, I. Substituent Effect of Benzaldehydes on Tyrosinase Inhibition. Plant Physiol. Biochem. 2017, 112, 278-282.
・Oode, C.; Shimada, W.; Yokota, M.; Yamada, Y.; Nihei, K. Dihydroresveratrol Cellobioside and Xylobioside as Effective
Melanogenesis Activators. Carbohydr. Res. 2016, 436, 45-49.
・Iwadate, T.; Nihei, K. Rhododendrol Glycosides as Stereospecific Tyrosinase Inhibitors. Bioorg. Med. Chem. 2015, 23, 6650-
6658.

著書

特許・実用新案・意匠

・特許第5893442号(チロシナーゼ活性阻害剤)
・特許第5150894号(チロシナーゼの活性阻害剤とその製造方法)

研究資金

科学研究費補助金(基盤研究C)

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本農芸化学会、有機合成化学協会、新規素材探索研究会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

農学部・農学研究科学務委員会

学外活動

自治医科大学看護学部非常勤講師、日本農芸化学会和文誌編集委員