基本情報

飯郷 雅之(イイゴウ マサユキ)

役 職 教授
学 位 博士(農学)
性 別 男性
生 年 1964年
研究室電話番号 028-649-5474
研究室FAX番号 028-649-5401
メールアドレス iigo※cc.utsunomiya-u.ac.jp

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学内共同教育研究施設等 オプティクス教育研究センター ・学内共同教育研究施設等 バイオサイエンス教育研究センター ・農学部 応用生命化学科 ・学内共同教育研究施設等 雑草と里山の科学教育研究センター

学歴

1989年 東京大学農学部水産学科 卒業
1991年 東京大学大学院農学系研究科水産学専攻修士課程 修了

本学以外の主な職歴

聖マリアンナ医科大学医学部助手・講師

教育活動

専門分野

生物有機化学、光ゲノム生命化学、科学哲学

主な授業科目

基盤:3.11と学問の不確かさ
学部:基礎生命科学、化学と生命、生物有機化学、分子生理学
大学院:生物有機化学特論、分子生理学特論

授業内容

生理活性物質に関して分子の側面から理解するため、ホルモン、神経伝達物質などの生理活性物質に関する研究をベースに講義を行っています。英語を活用して科学研究を進める基礎を身につけることも目標としています。

研究活動

専門分野

生物有機化学,光ゲノム生命化学

専門分野(科研費分類)

水圏生命科学,形態・構造

専門分野(Read分類)

学術論文

「Melatonin signal transduction in the goldfish, Carassius auratus」(共著,Neuroscience and Biobehavioral Reviews 18: 563-569, 1994)
「Bimodal circadian secretion of melatonin from the pineal gland in a living CBA mouse」(共著,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 100: 9584-9589, 2003)
「Light-induced hormone conversion of T4 to T3 regulates photoperiodic response of gonads in birds」(共著,Nature 426: 178-181,2003)
「Circadian rhythm of melatonin release from the photoreceptive pineal organ of a teleost, ayu (Plecoglossus altivelis) in flow-through culture」(共著,Journal of Neuroendocrinology 16: 45-51, 2004)
「Molecular analysis of Dec1 and Dec2 in the peripheral circadian clock of zebrafish photosensitive cells」(共著,Biochemichal and Biophysical Research Communications 351: 1072-1077, 2006)
「Thyrotrophin in the pars tuberalis triggers photoperiodic response」(共著,Nature 452: 317-323, 2008)
「Measurement of internal body time by blood metabolomics」(共著,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 106: 9890-9895, 2009)
「The saccus vasculosus of fish is a sensor of seasonal changes in day length」(共著,Nature Communications 4: 2108, 2013)など

著書

水産学シリーズ128「魚類の自発摂餌-その基礎と応用」(日本水産学会監修、田畑満生編、厚生社恒星閣、2001)
「ホルモンハンドブック新訂eBook版」(日本比較内分泌学会編、南江堂、2008)
「時間生物学事典」(石田直理雄、本間研一編、朝倉書店、2008)
「からだと光の事典」(太陽紫外線防御研究委員会編、朝倉書店、2010)など

特許・実用新案・意匠

特許2件

研究資金

科学研究費32件(うち代表13件)など

受賞

その他の研究実績

日本水産学会奨励賞(1995年)など

所属学会

日本水産学会、日本時間生物学会、日本比較内分泌学会、日本比較生理生化学会、日本動物学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

研究企画会議委員、研究推進委員会委員、農学部研究推進委員会委員長など

学外活動

「環境文化都市やいた創造会議」アドバイザー、出張講義多数、宇都宮市民大学等市民講座の講師など