基本情報

夏秋 知英(ナツアキ トモヒデ)

役 職 教授
学 位 農学博士
性 別 男性
生 年 1954年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://ousei.mine.utsunomiya-u.ac.jp/plant_pathology.html

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学内共同教育研究施設等 バイオサイエンス教育研究センター ・農学部 生物資源科学科

学歴

1977年 東京大学農学部農業生物学科 卒業
1979年 東京大学大学院農学研究科農業生物学専門課程修士課程 修了
1980年 東京大学大学院農学研究科農業生物学専門課程博士課程 中退

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

農学、植物病理学

主な授業科目

学部:基礎分子生物学、植物保護学、植物ウイルス学、生物科学実験
大学院:植物感染生理学特論

授業内容

植物を病害から守る知識と技術を身に付けるために、病原ウイルスの遺伝子解析やワクチン開発の研究をベースに授業を行います。その際、的確に診断し、病原を迅速に検出し、正しく防除するまでを体系的に解説します。

研究活動

専門分野

植物ウイルス研究では、病原ウイルスの遺伝子解析やエマージングウイルス病の解明に従事するとともに、ヒトのワクチンと同様に事前に苗に処理するとウイルス病を予防できる植物ウイルスワクチンを開発しています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

・Tamura, A., Kato, T., Taki, A., Sone, M., Satoh, N., Yamagishi, N., Takahashi, T., Ryo, B-S., Natsuaki, T. and Yoshikawa, N. (2013) Preventive and curative effects of Apple latent herical virus vectors harboring part of the target virus genome against potyvirus and cucumovirus infections. Virology 446: 314-324.
・Takeshita, M., Koizumi, E., Noguchi, M., Sueda, K., Shimura, H., Ishikawa, N., Matsuura, H., Ohshima, K., Natsuaki, T., Kuwata, S., Furuya, N., Tsuchiya, K. and Masuta, C. (2012). nfection dynamics in viral spread and interference under the synergism between Cucumber mosaic virus and Turnip mosaic virus. Molecular Plant-Microbe Interaction 25:18-27.
・Natsuaki, T. (2011). Studies on molecular mechanism of viral attenuation and cross-protection. Journal of General Plant Pathology 77(6):354-357
.・Chikh Ali, M., Maoka, T., Natsuaki, K. T. and Natsuaki, T. (2010). The simultaneous differentiation of Potato virus Y strains including the newly described strain PVYNTN-NW by ultiplex PCR assay. Journal of Virological Methods 165(1):15-20.
・夏秋知英 (2009) 弱毒ウイルスの防除機構.(「微生物と植物の相互作用―病害と生物防除―」百町・對馬編)pp134-141.(ISBN978-4-88171-120-0)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2014年~2016年)、基盤研究B、テーマ:劇症ウイルス病多発のインドネシアにおける弱毒ウイルス探索とワクチン利用の展開
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業(2012年度~2014年度)、テーマ:非虫媒ウイルス接種苗を利用したトマト黄化葉巻病の新規防除・蔓延防止技術の実用化
科学研究費補助金(2012年~2013年)、挑戦的萌芽研究、テーマ:植物はウイルスに寄生するRNAを新たに編み出してウイルスに抵抗している

受賞

日本植物病理学会学術奨励賞(昭和59年)
第8回 産学官連携功労者表彰農林水産大臣賞(平成22年)
宇都宮大学学長表彰(平成22年)
日本植物病理学会賞(平成23年)

その他の研究実績

所属学会

日本植物病理学会(評議員)、アメリカ植物病理学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

全学:バイオサイエンス教育研究センター長、研究企画会議
農学部:研究推進委員会

学外活動

栃木県立宇都宮女子高等学校SSH運営指導委員
栃木県立足利高等学校SSH運営指導委員
学校法人佐野日本大学学園SSH運営指導委員