基本情報

黒倉 健(クロクラ タケシ)

役 職 講師
学 位 Ph.D. in Plant sciences
性 別 男性
生 年 1980年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://agri.mine.utsunomiya-u.ac.jp/hpj/deptj/plaj/Labo/Horticulture.html

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・学内共同教育研究施設等 バイオサイエンス教育研究センター ・農学部 生物資源科学科

学歴

2003年 東京大学農学部応用生命科学課程応用生物学専修 卒業
2005年 東京大学大学院農学生命科学研究科生産・環境生物学専攻博士課程前期 修了
2009年 東京大学大学院農学生命科学研究科生産・環境生物学専攻博士課程後期 退学
2010年 School of Biological Sciences, Faculty of Lifesciences, University of Reading, UK 博士課程 修了

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

農学 園芸学

主な授業科目

学部:園芸作物学I・園芸学汎論

授業内容

園芸作物の生産について、その現状を紹介すると共に、基礎となる生理生態について解説します。

研究活動

専門分野

産業上有用な種を多数含むバラ科植物について、花成の制御機構を分子レベルで解明を目指しています。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

1. Sugiyama, N., Iwama, T., Inaba, Y.,Kurokura, T. and Neri, D., Varietal differences in the formation of branch crowns in strawberry plants. Journal of Japanese Society for Horticultural Science 73, 216-222 (2004)
2. Kurokura, T., Inaba, Y., Neri, D. and Sugiyama, N., A morphological study of the development of the second inflorescences in strawberry (Fragaria x ananassa Duch.). Annals of Applied Biology, 146, 511-515 (2005)
3. Kurokura, T., Iwama, T., Inaba, Y. and Sugiyama, N., Effect of day-length on the developmental pattern of axillary buds in June-bearing strawberry plants. Journal of Horticultural Science and Biotechnology 80, 139-142 (2005)
4. Kurokura, T., Inaba, Y. and Sugiyama, N., Histone H4 gene expression and morphological changes on shoot apices of strawberry (Fragaria x ananassa Duch.) during floral induction. Scientia Horticulturae 110, 192-197 (2006)
5. Neri, D., Lee, O. N., Savini, G., Kurokura, T. and Sugiyama, N., Lateral root formation in the strawberry Fragaria x ananassa Duch. revealed by histone H4 in situ hybridisation, Plant Biosystems 145, 406-410 (2011)
6. Koskela, E. A., Mouhu, K., Albani, M. C., Kurokura, T., Rantanen, M., Sargent, D. J., Battey, N. H., Coupland, G., Elomaa, P. and Hytönen, T., Mutation in TERMINAL FLOWER1 reverses the photoperiodic requirement for flowering in the wild strawberry, Fragaria vesca. Plant Physiology, 159, 1043-1054 (2012)
7. Kurokura, T., Inaba, Y. and Sugiyama, N., Morphological changes of the shoot apex during short day treatment. 5th International Strawberry Symposium, Coolum, QLD, Austraria, (2004)
8. Kurokura, T. and Hytönen, T., A gene expression analysis of Fragaria vesca ‘Alta’ in relation to low temperature. 園芸学会平成24年度春季大会, P088, 331,大阪, (2012)
9. Bi, Y., Artola, K., Kurokura, T., Hytönen, T. and Valkonen, J. P. T., First report of Raspberry leaf blotch virus in raspberries in Finland, Plant Disease 96, 1222 (2012)
10. Kurokura, T., Koskela E. and Hytönen, T., A gene expression analysis of Fragaria vesca ‘Alta’ in relation to low temperature. 6th Rosaceous Genomics Conference, Mezzocorona, TN, Italy, (2012)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

受賞

その他の研究実績

所属学会

園芸学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動