基本情報

栗原 望(クリハラ ノゾミ)

役 職 講師
学 位 博士(農学)
性 別 女性
生 年 1979年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト http://agri.mine.utsunomiya-u.ac.jp/hpj/deptj/anij/item/kurihara.html

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・農学部 生物資源科学科

学歴

2002年 長崎大学水産学部 卒業
2004年 名古屋大学大学院環境学研究科博士課程前期 修了
2007年 名古屋大学大学院生命農学研究科博士課程後期 満期退学
2007年 名古屋大学大学院生命農学研究科 学位取得

本学以外の主な職歴

国立科学博物館動物研究部 支援研究員
山口大学共同獣医学部 助教

教育活動

専門分野

形態学・分類学・動物学

主な授業科目

学部:生物学(細胞)、動物機能形態学
大学院:動物機能形態学概論III

授業内容

動物の体の構造と機能について、細胞から個体レベルで理解できるよう授業を進めている。

研究活動

専門分野

哺乳類の形態から、その動物の「形」と「機能」の進化史を明らかにしようとしている。特に、水中に還った哺乳類、鯨類に興味がある。それ以外に、動物の奇形や破格の調査、博物館標本の活用に関する研究も行っている。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

Kurihara, N. and Kawada, S. 2014. A case of vertebral malformation in a slow loris. Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series A (Zoology). 40:111-116.
Kurihara, N., Amano, M., Yamada, T. K. 2016. Decrease in tooth count in melon-headed whales. Journal of Zoology, 300: 8-17.
Kurihara, N., Tajima, T., Yamada, T. K., Matsuda A., and Matsuishi, T. 2017 Description of the karyotypes of Stejneger’s beaked whale (Mesoplodon stejnegeri) and Hubbs' beaked whale (M. carlhubbsi). Genetics and molecular Biology, 40:803-807.

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

科学研究費補助金(2010~2012年)、若手研究B・代表、テーマ:性別不明の動物標本における性判定法の確立
科学研究費補助金(2013~2016年)、若手研究B・代表、テーマ:骨端はなんのためにあるか? ―哺乳類の進化を探る―

受賞

日本哺乳類学会奨励賞(2017年度)

その他の研究実績

所属学会

日本哺乳類学会、日本獣医学会、日本セトロジー研究会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動

栃木県内水面漁場管理委員会委員