基本情報

高山 道代(タカヤマ ミチヨ)

役 職 准教授
学 位 博士(人文科学)
性 別 女性
生 年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・国際学部 国際学科

学歴

2004年 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科国際日本学専攻博士後期課程 修了

本学以外の主な職歴

教育活動

専門分野

日本語学

主な授業科目

日本語論、日本語史、日本語論演習、日本語の表記、日本文学(古典)

授業内容

かたち、意味、用法など、多方面からことばのすがた、しくみを考える。先行研究の理解のうえで、実際の用例をもとに分析する力を養うことを目標とする。

研究活動

専門分野

平安期日本語を中心に、名詞と動詞の用法を歴史的変化のなかで考える。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「古代日本語のハダカ格における語と語の関係性―統語構造上の関係と意味上の関係―」東京大学国語国文学会『國語と國文学』第82巻11号p82-92 2005年11月
「主語表示の名詞ノと名詞ガ―源氏物語における用法から―」『対照言語学研究』第18号p49-62 海山文化研究所 2008年12月

著書

「古代日本語のヲ格があらわす対格の機能について―ハダカ格との対照から―」『国文学解釈と鑑賞』第70巻7号p181-191 至文堂 2005年7月
「中古物語かたりの文におけるヲの用法」『国文学 解釈と鑑賞』第72巻1号p152-158 至文堂 2007年7月

特許・実用新案・意匠

研究資金

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本語学会、日本語文法学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

広報委員、FD委員、共通教育連絡会人文系部会委員

学外活動