基本情報

Sueyoshi Ana(スエヨシ アナ)

役 職 准教授
学 位 修士(学術)
性 別 女性
生 年 1965年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・国際学部 国際学科

学歴

1992年 ペルー・パシフィコ大学経済学部 卒業
1999年 筑波大学大学院博士前期課程国際政治経済学研究科国際政治経済学専攻 修了

本学以外の主な職歴

ペルー財務省アドヴァイザーチーム

教育活動

専門分野

経済学・マクロ経済・財政政策・ラテンアメリカにおける長期経済成長

主な授業科目

基盤:スペイン語応用I・II
学部:スペイン語応用I・II、スペイン語会話、スペイン語講読A・C、スペイン語文章表現、An Introductory Course to Latin America、Contemporary Socioeconomic and Political Issues in Latin America、Seminar on Latin American Studies
大学院:Latin American Societies

授業内容

現在のラテンアメリカの情勢を理解しやすいように、さまざまな面をいろいろな手段を利用。将来の研究や仕事の参考になることを念頭に、メキシコからチリまでを全体的に系統的に取り上げ、ラテンアメリカについての情報、特に社会、経済、政治を紹介し、刺激を受けてもらえるように教えてきました。

研究活動

専門分野

研究で用いられているアプローチは経済成長に影響を及ぼすチャンネルと長期的経済の決定要因の同定を可能にしている。研究の結果言えることは、税と公共投資を通した財政政策は、消費、貯蓄、投資、生産性に影響を与えながら経済成長に影響を与える、ということである。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

“Mapping the image of Japan through Japanese migration in Latin America: Peru as a case study”Manifestaciones de la acción colectiva en América Latina y Asia, Universidad de Colima, México.
「日本からペルーに帰国した子供たちの教育・生活状況調査報告」田巻・松雄研究代表者『栃木県における外国人児童生徒教育の明日を考えるVol.2』(平成21年度宇都宮大学特定重点推進研究、2010年3月、p.50-72)
“An Empirical and Theoretical Literature Review on Endogenous Growth in Latin American Economies”(『宇都宮大学国際学部研究論集』第29号、2010年2月、p.35-48)

著書

特許・実用新案・意匠

研究資金

受賞

ベストレクチャー賞ノミネート

その他の研究実績

所属学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

多文化公共圏センター委員(2009年~2010年)
FD研究会(2009年~2010年)
国際交流委員会(2009年~2010年)

学外活動

「ラテンアメリカ、スペインのスペイン語」公開講座の担当
「遠くて近いラテンアメリカ」放送大学で面接授業の担当