基本情報

古村 学(コムラ マナブ)

役 職 准教授
学 位 博士(人間科学)
性 別 男性
生 年 1968年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・国際学部 国際学科

学歴

1993年 信州大学人文学部人文学科 卒業
1998年 京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程文化・地域環境学専攻 修了
2003年 大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程人間科学専攻 修了
2009年 大阪大学大学院人間科学研究科博士課程人間科学専攻 修了

本学以外の主な職歴

大阪大学助教

教育活動

専門分野

社会学

主な授業科目

基盤:情報処理基礎
学部:地域社会論I、地域社会論I実習、情報処理
大学院:開発と地域変動

授業内容

コンピュータによる情報処理能力の基礎を身につける授業を行っている。また、地域社会を理解する能力を身につけるため、日本の地域社会の構造・変遷・現状に関する授業を行っている。その際、自ら考え、行動できる力を重視している。

研究活動

専門分野

地域社会におけるグローバルな現象(観光現象、自然保護など)を研究対象として、地域の日常生活の視点からグローバルな現象を批判的に読み直す研究を行っている。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「南大東島におけるエコツーリズムと地域生活」(単著、『ソシオロジ』第50巻3号、2006年、pp.127-142.)
「観光研究と社会」(単著、『年報人間科学』第28号、2007年、pp.1-17.)
『離島エコツーリズムの社会学』(単著、大阪大学大学院人間科学研究科博士論文、2009年)

著書

『グローバル化とアジアの観光』(共著、ナカニシヤ出版、2009年)
『貧困の超克とツーリズム』(共著、明石書店、2010年)

特許・実用新案・意匠

研究資金

トヨタ財団研究助成、研究代表者(2006~2008年)

受賞

その他の研究実績

所属学会

日本社会学会、関西社会学会、日本観光研究学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学部:研究報告委員、国際社会学科1年生指導教員

学外活動

神戸国際大学経済文化研究所公開土曜講座(1回、2010年)