基本情報

藤井 広重(フジイ ヒロシゲ)

役 職 助教
学 位 Adv.LL.M
性 別 男性
生 年 1982年
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス fujiih※cc.utsunomiya-u.ac.jp

(※を@にして送信してください)

研究室サイト

所属組織学歴本学以外の主な職歴教育活動研究活動組織・運営情報

所属組織

・国際学部 国際学科

学歴

滋賀県立虎姫高等学校卒業
獨協大学法学部法律学科卒業
獨協大学大学院法学研究科法律学専攻博士前期課程(国際人権法)修了
ライデン大学大学院ロースクール・グロチウスセンター国際刑事法専攻高等修士課程修了
東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻国際関係論コース人間の安全保障プログラム博士後期課程単位取得

本学以外の主な職歴

国連広報センタードキュメンテーションサービス部 インターン
青年海外協力隊短期派遣(ガーナ)
国際連合大学 
Panteia(オランダ)
(公財)アジア教育福祉財団 難民事業本部
内閣府国際平和協力本部事務局 国際平和協力研究員
ケープタウン大学公法学研究科 客員研究員

教育活動

専門分野

国際関係法、国際人権・刑事法、平和構築論

主な授業科目

基盤:国際化と人権
学部:国際法、国際人権論
大学院:国際人権論

授業内容

国際的なルールが形成され発展してきた背景を捉えることで、現在の社会が抱える課題に対し、私たちはどう向き合うべきか議論、考察する。そのうえで、自らの実務経験も振り返りながら、現実的な課題を解決するために「何が」「如何に」求められているのか、具体的な事例を参照しながら実践的なアプローチも重視している。また、インタラクティブな講義を通し、発信力の育成にもつなげている。

研究活動

専門分野

アフリカと法をテーマとした研究に取り組んでいる。とりわけ、アフリカにおける紛争後の平和構築において、国際刑事裁判所などの国際的な裁判所の活動や期待されている“役割”が、現地社会や国連平和維持活動(PKO)などの他の国際的なアクターに対し、如何なる影響を与えているのかについて理論と現地調査の結果も踏まえた事例研究を中心に行っている。

専門分野(科研費分類)

専門分野(Read分類)

学術論文

「南スーダンにおけるハイブリッド刑事法廷設置の試み-外と内の論理からの考察」(査読付・招待有), アフリカレポート(独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所) 54号, pp.107-119, 2016.9.
「The Impact of ICC Interventions on Kenya, the Ivory Coast and Human Security - A Comparative Analysis from the Initiation of Investigations to State Responses - 」(査読付), Journal of Human Security Studies, Vol.4, No.1, pp.41-61, 2015.3.

著書

「国連と国際的な刑事裁判所: アフリカ連合による関与の意義、課題及び展望」(単著)(日本国際連合学会 編『国連: 戦後70年の歩み、課題、展望』 国際書院, 2016.6.(査読付)

特許・実用新案・意匠

研究資金

国連大学Global Leadership Training Programme in Africa 2016

受賞

その他の研究実績

政府専門家派遣:マリ(バマコ)平和維持学校, ジェンダーと平和維持コース研修担当講師(2015年5月)
 担当科目(1)「Gender-Based Violence in Conflict and International Criminal Justice」
     (2)「The Advancement of Gender Issues in International Human Rights and Humanitarian Law」

所属学会

国際人権法学会、人間の安全保障学会、日本国際連合学会、日本国際政治学会、日本平和学会、日本アフリカ学会

組織・運営情報

全学・部局委員会等

学外活動

・国際理解教育講演会講師(東京都三鷹市立小学校)「日本とアフリカ―国際平和を考えてみよう―」(2017年)
・内閣府国際平和協力本部事務局南スーダン司令部要員派遣前研修講師(2016年)
・スーパーグローバルハイスクール (SGH)グローバルキャリア講座講演会講師(玉川学園中高等部)「平和への意思をつなぐ―国連平和維持活動(PKO)」(2015年)
・国際協力ジャーナル社主催国際協力キャリアフェア2014講師「キャリアデザインと研究員職」(2014年)