学長ティータイム

第1回 グローバル・サミット・オブ・ウィメン東京大会特別招待  平成29年5月30日(火)

   本日の学長ティータイムは、大学院農学研究科修士2年の林美紗さんです。
   林さんは、グローバル・サミット・オブ・ウィメン東京大会にヤングリーダー特別招待者として、5月11日(木)~13日(土)に参加されました。
   グローバル・サミット・オブ・ウィメンとは、先進国から新興国まで世界80カ国以上のビジネスリーダーや閣僚など世界的な女性リーダー約1,000人が一堂に会し、「女性と経済」をテーマに、その解決策やアクションについて議論する世界有数の国際女性会議です。林さんは、「女性の社会進出推進を議題とした、各国の名だたるリーダーたちによる演説やプレゼンの仕方なども大変勉強になり、今までにない刺激を得られたことや、グローバルでバラエティ性あふれるたくさんの人とも出会うことができ、とても楽しかった」と参加された感想を話されていました。
 学長、藤井理事からは、「とても良い経験を積まれ、今後の活躍を期待している。林さんのように、前向きに人生を切り拓いて行こうとする若者を見ると、とても嬉しく応援したくなる。」との激励の言葉がありました。
 また、「今回の経験について、報告会などを通し、少しでも回りの若者と共有して頂きたい。」とのお言葉もあり、とても有意義な学長ティータイムとなりました。
 
h29teatime1_1.png h29teatime1_2.png

第2回 弓道部学生  平成29年7月18日(火)

 今回の学長ティータイムは、弓道部 に所属する3名の学生さんです。
 今年、開催された「第25回関東学生弓道選手権春季トーナメント決勝大会」において、男子団体で3位入賞と「第1回栃木県大学弓道選手権大会」において、男子団体・女子団体共に優勝、さらに個人戦でも男子・女子共に優勝したことなどを学長にご報告したいということで申し込んでくれました。
 ランチをしながら、大会の結果、サークルの活動状況だけでなく、矢の安いものと高いものの違いや、将来の夢など話題の絶えない学長ティータイムとなりました。
 学長からは、「守りの人生になったら、負けだ。どんどんチャレンジしていってほしい。これからも3C精神を忘れずに頑張ってほしい。」と激励の言葉があり、大変有意義な時間となりました。
 
h29teatime2_1.jpg h29teatime2_2.jpg

第3回 学生提案型授業開設のプロジェクトメンバー  平成29年9月7日(木)

 今回の学長ティータイムは、今年度9月に開講される「宇大生の宇大生による宇大生のための理想の授業」の立案に関わった5名の学生さんです。
 基盤教育センターの桑島先生のもと、立案作成した講義案を学長に見ていただき、意見をいただけたらということで、今回申し込んでいただきました。
 第1回から第8回までの講義内容をそれぞれ企画した学生さん自身より、説明を受け、学長からは、「とても良い試みであり、是非発展させていってほしい。これからも新しいことにどんどんチャレンジしてほしい。」と今後の活動への期待と激励の言葉があり、有意義なティータイムとなりました。
 
h29teatime3_1.jpg h29teatime3_2.jpg

第1回 農学部学生  平成28年6月2日(木)

   今回の学長ティータイムは、農学部森林科学科 に所属する2名の学生さんです。お二人は、「宇大を学ぶ」という授業を履修していて、宇都宮大学や学部の歴史などを調べるうち、ぜひ学長にもインタビューしてみたいということで申し込んでくれました。
   学長からは、ご自身が農学部で研究を行っていた頃の体験談や、前学長と考えていた新構想を形にしたいと思っていることなど、様々なお話しをしてくださいました。
   学生さんお二人からは、学長は厳格なイメージがあったが、こうして直接話をしてみると笑顔が優しく親しみやすい方だったと感想がのべられ、とても和やかな時間となりました。
 
h28teatime1_1.png h28teatime1_2.png

第2回 留学生支援アプリ(堀尾研究室)  平成28年6月14日(火)

   今回の学長ティータイムは、工学部の学生さんが授業の一環で留学生を支援するためのアプリを作成し、そこに農学部や工学研究科の学生さんも加わり、北海道紋別でのシンポジウムで発表を行ったことを学長にぜひ報告したいということで、ティータイムに 申し込んでくれました。
   アプリ作成の経緯や苦労話、海外への留学経験もあるメンバーからは留学したことで感じた事、皆で何かを作り上げることの楽しさを知ることができた事などが話題となり、
   学長からもご自身の海外での経験談や、今後の活動への期待と激励をいただき、有意義なティータイムとなりました。
 
h28teatime2_1.png h28teatime2_2.png

第3回 宇都宮大学放送研究会  平成28年7月11日(月)

   今回の学長ティータイムは、「宇都宮大学放送研究会」を立ち上げたいと考えている2名の学生さんです。
   小学校から高校まで、お昼の時間に校内放送で音楽を聴いたりした経験がある方は多いのではないでしょうか? お二人は大学にはそれが無いと思い、だったら放送研究会を自分達で立ち上げ、ネットラジオの配信など学生主体の番組を作りたいと考えているということで、学長の意見を聞いてみたいと今回ティータイムに申し込んでくれました。
   学長からも、自分たちで一から始めることは困難が多いが、何でもやるなら全力投球で!とエールがおくられました。
   まだまだ手続き上の問題や準備に時間がかかるとのことですが、いつか大学内の放送で学長のラジオコーナーが始まる日がくることを期待しています。
 
h28teatime3_1.png h28teatime3_2.png

第4回 宇都宮大学基金齋藤裕奨学金受給決定者  平成28年7月29日(金)

   今回の学長ティータイムは、平成28年度に齋藤裕奨学金の受給が決定した3名の皆さんです。
   学生の皆さんからは、それぞれの研究分野や内容についての説明、研究での苦労話や宇都宮大学について思っていること・感じたことなどをお話いただきました。
   学長も皆さんの研究内容などに興味津々で、いろいろと質問をしながらご自身の大学院生時代の研究や留学時の経験談をお話いただき、先輩研究者として、また、人生の先輩としての様々なアドバイスがありました。皆さんの今後のご活躍を楽しみにしています。
 
h28teatime4_1.png h28teatime4_2.png

第5回 学祭実行委員会  平成28年10月18日(火)

   今回の学長ティータイムは、学祭実行委員会の3名の皆さんです。
   学祭実行委員会は、現在1~4年生まで合わせて123名が所属しており、2年生を中心に、11月19日(土)・20日(日)の2日間に開催予定の大学祭に向けて、現在、企画準備やパンフ作成など、日々準備に追われている状況とのことです。
   学長からは、新しいことにチャレンジするのは大変だがわかる楽しさがあること、時間がない中で難しい事もあると思うが、力を合わせて頑張ってほしいとの激励がありました。
 
h28teatime5_1.png h28teatime5_2.png

第6回 学生国際連携シンポジウム学生実行委員  平成28年11月29日(火)

   今回の学長ティータイムは、12月12日(月)に開催予定の「宇都宮大学学生国際連携シンポジウム」学生実行委員の6名の皆さんです。
   このシンポジウムは例年国際学部が主体となって開催されており、今年は『「越境する」生き方』をテーマに、ペルーや南米と何らかの繋がりを持つ学生さん達が実行委員として集まり、開催の準備を進めています。
   皆さんからは、南米への留学の経験談や、ペルー出身留学生の宇都宮へ来ての感想などを話していただき、学長からは、今後は国内にいても海外に行くとしても外国人との交流は必須となる時代で、学生の皆さんのこれまでの経験を生かして、相手が困っていることや心配なことを理解してあげてほしいとのお話がありました。
   最後に学長から、今年のシンポジウムの開催が成功するよう激励をいただき、また、このシンポジウムがこの先、全学部にまたがったシンポジウムとなってほしいとの要望があり、大変有意義なティータイムとなりました。
 
h28teatime6_1.png h28teatime6_2.png

第7回 農学部農業環境工学科  平成29年3月22日(水)

   本日の学長ティータイムは、農学部農業環境工学科に所属する2名の学生さんです。
   お二人には、学位記授与式を間近に迎えるなか、学長との懇談に来ていただきました。
   懇談では、進路・就職活動の話や大学生活全般について、忌憚のない意見交換が行われました。中でもお二人が昨年の初夏頃に気になっていたという「学内で蝉の幼虫が歩行者や自転車に踏まれている。」との話を学長も気にされ、次の夏前には『注意喚起!?気をつけよう』といった趣旨の掲示をしたいと約束をされました。
   今年度最後の学長ティータイムは、終始、和やかな雰囲気でのティータイムとなりました。
 
h28teatime7_1.jpg h28teatime7_2.jpg

第1回 企画広報課学生スタッフ UU-PRAS  平成27年7月30日(木)

   本日の学長ティータイムは、企画広報課学生スタッフUU-PRAS に所属する5名の皆さんです。UU-PRASは、Utsunomiya University-Public Relatives Active Studentsの頭文字をとって命名されました。
   皆さんは、「大学生が自分たちで取材・編集して伝える“宇大”のフリーペーパーうーたす!」の発行や、大学の広報誌『UUnow』の取材協力やオープンキャンパスの手伝い、また大学内・外でのイベントでの宇大オリジナルキャラクター「宇~太」のサポートなど、幅広く活躍しています。その取材や活動に関する、苦労話や楽しかった話、今後の活動目標などを話してくれました。
   学長からは、ご自身の体験談を基に、苦労して学んだことはどんなことでも無駄なことは無いと思ったこと、仕事でも勉強でも気持ちの持ち方一つで面白くもなるしつまらなくもなることなど、これから社会にでる学生の皆さんに対し社会人の先輩としての様々なアドバイスが送られ、大変和やかなティータイムとなりました。
 
h27teatime1_1.jpg h27teatime1_2.jpg

第2回 超モノづくり部品大賞奨励賞 受賞!  平成27年10月30日(金)

   本日の学長ティータイムは、宇都宮大学発で開発し、大学発ベンチャー「工農技術研究所」が商品化した完熟イチゴ単品運搬容器「フレシェル® 」で2015年「超モノづくり部品大賞」の奨励賞を受賞した3名の皆さんです。
   10月13日東京都内のホテルで贈賞式の様子やこれまでの研究などの苦労話、今後の展開や目標について話をしていただきました。
   学長からも受賞へのお祝い、今後の活躍、取り組みへの期待と激励をいただき、大変有意義なティータイムとなりました。
 
h27teatime2_1.jpg h27teatime2_2.jpg

第3回 農学部農業環境工学科(大澤研究室)  平成27年12月15日(火)

   本日の学長ティータイムは、農学部農業環境工学科の大澤研究室に所属する8名の皆さんです。
   皆さんは、大澤先生とともに峰キャンパス内の附属図書館へ、クリスマスイルミネーションの飾り付けをしてくださいました。年末で何かと忙しい時期ですが、イルミネーションを眺めて温かい気持ちになってもらえたらとの思いから、寒い中でしたが楽しく作業を行った様子などを話していただきました。
   また、この他にも就職活動状況報告や大学生活全般について、忌憚のない意見交換が行われ、日頃の学生生活の様子が伺えるティータイムとなりました。
※イルミネーションは、本学で映画やミュージックビデオのロケ等を行った際にご寄附いただいた基金の協力により実施しています。
 
h27teatime3_1.jpg h27teatime3_2.jpg

第4回 教育学部総合人間形成課程(長谷川研究室)  平成27年12月15日(火)

   本日の学長ティータイムは、教育学部総合人間形成課程に所属し、長谷川万由美先生の授業科目「地域福祉論」受講学生の4名です。
   皆さんは、宇都宮市保健所の薬物乱用防止サポーター事業に協力しており、大学内での啓発活動実施のため、長谷川先生の指導の下、数グループに分かれて企画を提案し合い、結果、ビデオ制作とビラ等での啓発キャンペーンを行いました。
   ビデオ制作・ビラ等の作成の苦労ややりがいについて、11月の大学祭において有志学生により行われた薬物乱用防止啓発活動の様子などを話していただきました。
   学長からもビデオ制作・ビラ等の作成の新たなアイデアを話していただくなど、終始和やかな雰囲気でのティータイムとなりました。
 
h27teatime4_1.jpg h27teatime4_2.jpg

第5回 韓国研修(堀尾研究室)  平成28年12月16日(水)

   本日の学長ティータイムは、工学研究科堀尾先生の指導の下、夏季休業期間中に韓国へ研修に行った6名の皆さんです。韓国研修を終えて、韓国で何を学んできたのか、日本に帰ってきてからその経験をどう生かそうとしているかなど、パソコンを利用してお話をしていただきました。
   韓国での研修時に「ユニバーサル スチューデント アンバサダー(USA)」というチューター制度に近い留学生支援組織からのサポートにより、研修が充実し、より良いものとなったことや、災害時に必要な「ものづくり」を共同で製作するなどの体験談を話していただくとともに、今後、宇都宮大学でも留学生支援を行うための組織づくりのことやアプリの製作などについて報告がありました。
   最後に学長から、留学生支援アプリの製作において、各国の言語に対応出来ると良いと思うなどの感想や、また、学生が発信する宇大ブランドをどんどん作っていってほしいとの期待と激励がありました。
 
h27teatime5_1.jpg h27teatime5_2.jpg

第6回 工学部情報工学科3年(伊藤研究室)  平成28年1月7日(木)

   本日の学長ティータイムは、工学部情報工学科3年生伊藤研究室所属の6名の皆さんです。YAUC(ヤーク:Yes! Aizu Utsunomiya Conference)は、会津大学と宇都宮大学情報工学科の学生が共同で開催する勉強会で、6名の皆さんは企画・運営を担当しています。
   YAUC 設立の趣旨や12月19日に開催した「YAUC2015」の概要や感想、成果を今後どのように活かしていくことが出来るか等、今後の抱負を含めて話していただきました。
   学長からは、皆さんの取り組む内容こそ、宇大の3C精神であるとの感想がありました。
   また、大学に対する希望などについても話を伺い、留学生・編入学生との交流やコミュニケーションの取り方や設備等への改善に対する意見がありました。
   最後に学長から、次の世代につなげて行く事の難しさと、これからのYAUCの活躍、取り組みへの激励をいただき、大変有意義なティータイムとなりました。
 
h27teatime6_1.jpg h27teatime6_2.jpg

第7回 関東・東北豪雨ボランティア活動(鹿沼市)  平成28年1月19日(火)

   本日の学長ティータイムは、今年9月の関東・東北豪雨により甚大な被害をうけた鹿沼市でボランティア活動を行ったお二人です。
   お二人は教育学部長谷川教授の指導を仰ぎながら、鹿沼市社会福祉協議会が運営する災害ボランティアセンターで学生ボランティアとして活動しました。活動内容は、災害ボランティアセンター内での裏方の仕事や、被災宅を訪問して状況などを確認する「お話し聞き隊」などで、それらの活動に参加したことでさらに鹿沼市を元気にしたいとの思いから、12月20日に「かぬまdeサンタ」というイベントを実施し、その報告も行われました。
   学長から、お二人のボランティア活動を始めたきっかけや、ボランティアに参加する学生を増やすため、人はどういった心境ならば実際に活動に参加しようと行動に移すことが出来ると思うかなどの質問があり、お二人からは、東日本大震災の際の思いや自分に今出来ることをやりたいという思いが伝えられ、学長も自ら行った東日本大震災でのボランティア活動での体験を交えて、ボランティア活動に対する意見交換が行われました。
   また、宇都宮大学に入学してからの感想や大学に対し望むことなどについて話を伺い、多くの学生でボランティア活動をする際の資金が課題であるとの話があり、学長からは課題解決のためのアドバイスと、今後も大学として積極的なボランティア活動への応援・支援をしていくとの激励がありました。
 
h27teatime7_1.jpg h27teatime7_2.jpg

第8回 教育学部総合人間形成課程  平成28年1月21日(木)

   本日の学長ティータイムは、教育学部総合人間形成課程3年生のお二人です。
   教育学部総合人間形成課程が主催し、2月6日(土)に開催される「総合の日」及び「総合ホームカミングデー」に関する概要の説明並びに学長挨拶の依頼と段取りの確認を行いました。特に学生さん自らが企画を進めている「総合ホームカミングデー」については、学長からのプログラム進行へのアドバイスに熱心に耳を傾けるなど、その姿勢にしっかりした運営が期待されます。
   また、総合人間形成課程に入学してから現在までの感想や大学に対し望むこと等について話を伺いました。学長からは、大学生活の過ごし方や就職活動など自らの大学時代の体験談を交えてのざっくばらんな話があり、非常に和やかなティータイムとなりました。
 
h27teatime8_1.jpg h27teatime8_2.jpg

第9回 工学部・工学研究科(超分子化学研究室)  平成28年2月17日(水)

   本日の学長ティータイムは、工学部・工学研究科の超分子化学研究室に所属する4名の皆さんです。
   学部4年生から修士2年生と様々ですが、研究に対する熱心さが伝わる皆さんで学内の研究環境等について学生の立場から建設的な意見がありました。
   学長からは、充実した研究・大学生活が送れるよう、出来ることから検討し対応していきたいとの話がありました。
   また、この他にも大学生活全般について、忌憚のない意見交換が行われ、工学系の学生さん達の日頃の学生生活の様子が伺える貴重なティータイムとなりました。
 
h27teatime9_1.jpg h27teatime9_2.jpg

第10回 宇都宮大学環境改善学生サポーター ECHO  平成28年3月28日(月)

   本日の学長ティータイムは、「宇都宮大学環境改善学生サポーター ECHO(エコー)」に所属する4名の皆さんです。
   皆さんが所属するECHOは、学長が学務・学生担当理事の頃に立ち上げられた学生主体の学内団体で、宇都宮大学の環境改善を目的とし、大学生協と連携してのリサイクル弁当容器「Dappy!!」の活用や、大学祭や日常の大学内でのゴミの減量化対策など、宇都宮大学のグリーン・コンシューマー活動を行っています。
   皆さんからは、新たなメンバーの確保や資金面で苦慮していること、陽東キャンパスでのさくらフェスタや大学祭などでの活動の様子等についての報告や、メンバー募集のためにも年間を通して活動報告や団体のPRができる場がほしいとの要望がありました。学長からは、立ち上げに携わったということでとても思い入れのある団体もあることから、最近の活動の様子を改めて伺うことができてとてもうれしく、今後も学生目線での改善を進めてほしいとのお話があり、学生と大学、そして地域とも連携してエコ活動をさらに進めていくこととなりました。
 
h27teatime10_1.jpg h27teatime10_2.jpg