HOME→話題詳細

宇都宮大学発VB「ロモビリティ陽東」開発
イチゴ収穫ロボットについて

■宇都宮大学発ベンチャービジネス「ロモビリティ陽東」
 大学初ベンチャーとして平成18年5月に「合同会社ロモビリティ陽東」を設立 しました.このベンチャーでは,栃木県初の産学官連携「とちぎコンソーシア ム事業」として取り組んだ農作業ロボットの研究開発で得た知見・技術を受け 継ぎ,「イチゴ摘みロボット」をはじめ,ロボットの実用化を目指します.私 たちは1台でも多く,皆様の役に立つロボットを開発しいきたいと考えていま す.
■イチゴ摘みロボット
 このロボットは,水耕栽培の高設ベンチ方式によって栽培されるイチゴを摘み 取ることが可能です.ロボットは4輪の車輪移動方式で,その寸法は全長 120cm,幅70cm,高さ120cmです.一般的なイチゴ棚の幅90cmの間隔を自走しな がら,ロボットハンドの先端にあるカメラで赤く熟したイチゴだけを認識し, これを摘み取ることができます.今年も実地試験を行いながら,より確実にイ チゴを摘み取れるようにシステムを改良していく予定です.
※「イチゴ摘みロボット」によるイチゴ収穫の様子
▼HOME ▲このページの一番上に戻る
本サイトについて個人情報の取扱い等に関する基本理念  
Copyright (C)2006 UTSUNOMIYA UNIVERSITY all rights reserved.