宇都宮大学 大学概要
HOME大学概要情報公開・提供組織に関する情報目的、業務の概要及び国の施策との関係
学長あいさつ
大学の理念と目標
大学の歴史
組織と現状
入学・卒業(修了)状況
中期目標・中期計画
情報公開・提供
個人情報保護について
調達情報
改革への取り組み
公的研究費の不正使用防止への取り組み
次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画
宇都宮大学男女共同参画宣言
アクセス・キャンパスマップ
お問い合わせ先一覧
ロゴマーク・グッズ
宇都宮大学基金
峰が丘地域貢献ファンド
 
目的、業務の概要及び国の施策との関係
目的(宇都宮大学学則第1条)
国立大学法人宇都宮大学は、学術の中心として広く知識を授けるとともに深く学芸を教授研究して、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、真理と正義を愛する人格を育成して、人類の福祉と文化の向上に貢献することを目的とする。
業務の概要(国立大学法人法第22条)
国立大学法人宇都宮大学は、次に掲げる業務を行います。
1. 宇都宮大学(以下「大学」という。)を設置し、これを運営すること。
2. 学生に対し、修学、進路選択及び心身の健康等に関する相談その他の援助を行うこと。
3. 法人以外の者から委託を受け、又はこれと共同して行う研究の実施その他の法人以外の者と連携して教育研究活動を行うこと。
4. 公開講座の開設その他の学生以外の者に対する学習の機会を提供すること。
5. 大学における研究の成果を普及し、及びその活動を促進すること。
6. 大学における技術に関する研究の成果の活用を促進する事業であって政令で定めるものを実施する者に出資すること。
7. 前各号の業務に附帯する業務を行うこと。
国の施策との関係
 本法人は、国立大学法人法(平成15年法律第112号)に基づき、大学の教育研究に対する国民の要請にこたえるとともに、我が国の高等教育及び学術研究の水準の向上と均衡ある発展を図るため、大学を設置し、教育研究を行うため設立された、文部科学省所管の国立大学法人です。
 本法人では、文部科学省が定めた中期目標に基づき中期計画を策定し、当該中期計画について文部科学省の認可を得た上で年度計画を作成し、これに基づき業務を行います。また、これらの業務は、国立大学法人評価委員会、大学評価・学位授与機構及び第三者認証機関の評価を受けることになっています。
▼HOME ▲このページの一番上に戻る
本サイトについて個人情報の取扱い等に関する基本理念