• ホーム
  • お知らせ
  • 本学の峰ヶ丘講堂が登録有形文化財として登録されることとなりました
お知らせ

本学の峰ヶ丘講堂が登録有形文化財として登録されることとなりました

   この度、本学「峰ヶ丘講堂」が、平成29年3月10日(金)開催された文化庁文化審議会において、登録有形文化財として指定するよう文部科学大臣に答申されました。この後行われる官報告示を経て、正式に登録されます。

    「峰ヶ丘講堂」は本学農学部の前身である宇都宮高等農林学校の講堂として大正13(1924)年に建てられたものです。同じ峰キャンパス内にある「フランス式庭園」とともに当時の面影を残しており、本学のシンボルゾーンとして、卒業生等関係者のみならず多くの市民の方々に親しまれております。本学の歴史と伝統を象徴する貴重な文化財として、これからも末永く大切に活用して参ります。

    ※現在峰ヶ丘講堂内部の一般公開はしておりません。外観に関しては自由にご覧いただけます。

(問い合わせ先)
   宇都宮大学企画広報課 028-649-8172(代表)
   ※対応可能時間は平日8:30~17:15となります。(年末年始・一斉休業日を除く。)
 
(参考リンク)
   峰ヶ丘講堂(宇都宮大学公式Webサイト)
   http://www.utsunomiya-u.ac.jp/koudou/
   Googleストリートビューでも峰ヶ丘講堂の外観をご覧いただけます。
   Googleストリートビューはこちら
 
   minegaoka1.jpg
 
minegaoka2.jpg

ページの先頭に戻る