• ホーム
  • お知らせ
  • 大学教育再生戦略推進経費「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されました
お知らせ

大学教育再生戦略推進経費「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されました

   本学は栃木県、栃木県経済諸団体、県内企業等の事業協働機関と連携し、「輝くとちぎをリードする人材育成事業」として、文部科学省の大学教育再生戦略推進経費“地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)”に申請しておりましたが、この度当該事業が採択の運びとなりましたので、お知らせいたします。
 
事業名:輝くとちぎをリードする人材育成地元定着推進事業
栃木県を事業協働地域とし、宇都宮大学がCOC+大学として中心となり、県内外のCOC+参加校、栃木県、栃木県経済諸団体、栃木県内企業などの事業協働機関と連携し、高校生獲得の「入り口施策」、イノベーション創出、グローバル化に対応できる人材育成に加えて、地域を理解し地域産業の発展に貢献できる人材、栃木県に定着し栃木の魅力を開発し発信できる人材の育成のための「とちぎ学」を中心とした地域志向型科目を設定した「育成施策」、栃木県内の産業を活性化させ、雇用を促進するなど、魅力ある就職先を栃木県内に創出・開拓するとともに、統合的なマッチングによる就職指導などの「出口戦略」を軸に、特に、栃木県ならではの特徴である「フードバレーとちぎ」「ものづくり県とちぎ」に焦点をあてた人材育成、人材の地元定着、産業の活性化を進める。卒業生のUターン、Iターン、Jターン就職に対応するシステムについても整備する。 (参加校は小山工業高等専門学校、帝京大学、東京農工大学、芝浦工業大学、人間総合科学大学、十文字学園女子大学)
 
事業概要についてはこちらをご覧ください。
 
coc_plus_gaiyo.jpg

ページの先頭に戻る