知的財産活動について〈知的財産センター〉

地域共生研究開発センター 産学連携・知的財産部門は、知的財産の創出・取得・管理・活用等により研究成果の地域社会への還元を行なうとともに知的財産に関する啓蒙・広報活動を行います。地域共生研究開発センター 産学連携・知的財産部門ホームページはこちら

知的財産センターの業務

評価・活用部門

  1. 発明の発掘と権利の取得
    大学で産まれようとしている発明を発掘して、明細書作成等の支援活動を行います。
  2. 知的財産に関する先行技術調査
    知的財産に関する先行技術調査を支援します。
  3. 知的財産の特許性・権利化評価
    大学で生まれた発明等の特許性・登録性、価値を評価して高品質の知的財産権を取得します。
  4. 知的財産に関する評価・活用
    知的財産の適正な評価を行い広く情報を発信して、その活用による地域社会還元と研究環境の改善を図ります。
  5. 知的財産に関する啓蒙・広報活動
    大学内外に知的財産に関する啓蒙・広報活動を行い、知的財産の理解と意識改革に努めます。
  6. 知的財産や共同研究等の契約・交渉
    知的財産や共同研究等の契約、交渉に柔軟に対応して共同研究の促進や知的財産の実用化に努めます。

契約・管理部門

  1. 知的財産の維持管理
    知的財産を出願から満了に至るまで維持管理します。
  2. 知的財産に関する出願・審査請求
    出願や審査請求の期限管理や手続きを行います。
  3. 共同研究や知的財産実施等の契約
    契約や交渉及び契約書の管理を行います。
  4. 知的財産に関する諸規程の整備
    職務発明規程等の改正や広報活動を行います。

ごあいさつ

従来の宇都宮大学知的財産室の機能と体制を強化し、本学の知的財産の創出、取得、管理、活用、契約などのあらゆる知的財産活動の充実を図るために、新しく「知的財産センター」が発足いたしました。

大学での知的財産活動の果たす役割は、大きく分けて3つあります。一つは、大学が知的財産権を保有することにより、産業界での実用化を促し、研究成果の社会貢献と健全な技術競争社会を実現することであります。二つめは、知的財産権の許諾や共同研究等の促進による外部資金獲得と研究者の創造活動へのインセンティブを高めることによる研究活動環境の改善です。三つ目は、知的財産の大切さを身につけた人材を輩出することです。知的財産の創造・保護・活用のサイクルを大きく早く回すことにより、新たな社会ニーズに応える研究を創出し、社会貢献を果たし、実務的な実践能力のある人材輩出に繋がることを期待しています。この「大学における知的創造サイクル」の活性化のために、知的財産センターは宇都宮大学学内と産業界の双方向に対して、ユーザーフレンドリーをモットーに、顧客満足度の高い活動を目指します。学内に対しては気軽に出願から登録・維持活動ができる環境を作り、学外に対しては、本学の知的財産に関する情報を積極的に発信し、柔軟な対応により本学の知的財産の活用による産学官連携活動の促進を図ってまいります。

学内、学外の皆様方に対して、知的財産や契約などに関するあらゆる相談に対応いたします。是非、お気軽にお越し下さい。メール、電話、FAXでも対応しています。

知的財産センター長 山村 正明

お問い合わせ先

学術研究部産学連携課分室
〒321-8585 宇都宮市陽東7-1-2
TEL: 028-689-6324
FAX: 028-689-6322
E-mail: chizai@miya.jm.utsunomiya-u.ac.jp
http://www.sangaku.utsunomiya-u.ac.jp/chizai/