宇都宮大学地域連携教育研究センター

公開講座申込用お問い合わせ

公開講座申込用紙(Word版)公開講座申込用紙(PDF版)交通アクセス

 
 
 

講座一覧

連携講座

  • 1
  • 読売新聞社・宇都宮大学共催公開講座
    「伝え方」と「伝わり方」との隙間 -記事の「書き手」と「読み手」との対話-
  • マイナンバーか背番号か、終戦か敗戦か、親の保護か管理か・・・。意図的な印象操作をしなくても、情報の送り手の言葉の選び方によって、受け手の受け止め方や受け取り方は大きく変わります。本講座では、情報がどのように伝えられ伝わっていくかというコミュニケーションや文化形成の諸様相を、雑誌新聞記事を書く側と読む側との対話の根本問題として設定し、多角的かつ深く考察していきます。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
10月22日~12月17日[全3回] 土曜日 13:30~16:00
講座の詳細を見る
  • 読売新聞社・宇都宮大学共催公開講座
    「伝え方」と「伝わり方」との隙間 -記事の「書き手」と「読み手」との対話-
  • 定員:200名
  • 受講料:無料
  • 担当講師
    (担当プログラム)
  • 地域連携教育研究センター准教授
    佐々木 英和(1.)
  • 教育学部教授
    鈴木 啓子(2.)
  • 教育学部教授
    松金 公正(3.)
  • プログラム
  • 1.10月22日(土) 日常コミュニケーションの教育学
    - 「何を伝えるか」と「何で伝わるか」 -
  • 2.11月26日(土) 出版メディアからみる日本文学
    - 作者と読者の交流、「名作」はいかにして生まれるか -
  • 3.12月17日(土) 話題設定の仕方から据え直す国際学
    -「気にしすぎること」と「知られないままのこと」 -
  • 会場
  • 5B21教室(峰町5号館B棟2階)
    ※3回連続講座ですので、毎回出席できる人の受講を優先します。
  • 閉じる
定員 200名
受講料 無料
担当講師
(担当プログラム)
地域連携教育研究センター准教授 佐々木 英和(1.)
教育学部教授 鈴木  啓子(2.)
教育学部教授 松金  公正(3.)
プログラム 1.10月22日(土) 日常コミュニケーションの教育学
 - 「何を伝えるか」と「何で伝わるか」 -
2.11月26日(土) 出版メディアからみる日本文学
 - 作者と読者の交流、「名作」はいかにして生まれるか -
3.12月17日(土) 話題設定の仕方から据え直す国際学
 -「気にしすぎること」と「知られないままのこと」 -
会場 5B21教室(峰町5号館B棟2階)
※3回連続講座ですので、毎回出席できる人の受講を優先します。
  • 2
  • - とちぎ男女共同参画センター&宇都宮大学連携事業 -
    男女共同参画による地域づくり - 女性の活躍推進と男性にとっての男女共同参画 -
  • 鳥取県知事時代、女性のキャリアアップ、男性の育児休業など「男女共同参画の課題」に取り組み、多くの県民に支持された片山さんは、子育ての経験者でもあります。首長としての経験、家庭での実体験を踏まえた、地域や企業における女性の活躍推進等男女共同参画による地域づくりについてお話いただきます。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
8月26日[全1回] 金曜日 13:30~15:30
講座の詳細を見る
  • - とちぎ男女共同参画センター&宇都宮大学連携事業 -
    男女共同参画による地域づくり - 女性の活躍推進と男性にとっての男女共同参画 -
  • 定員:150名
  • 受講料:無料
  • 担当講師
  • 慶應義塾大学法学部教授
    片山 善博
  • 申込方法
  • 4月5日(火)より受付を開始します。
    パルティホームページ、電話、FAX、直接来館にてお申し込みください。先着順となります。

    とちぎ男女共同参画センター事業推進課
    〒320-0071 栃木県宇都宮市野沢町4番地1(パルティ内)
    TEL:028-665-8323  FAX:028-665-8325
    https://www.parti.jp/
  • 会場
  • 5B21教室(峰町5号館B棟2階)
  • 閉じる
定員 150名
受講料 無料
担当講師
慶應義塾大学法学部教授 片山 善博
申込方法 4月5日(火)より受付を開始します。
パルティホームページ、電話、FAX、直接来館にてお申し込みください。先着順となります。

とちぎ男女共同参画センター事業推進課
〒320-0071 栃木県宇都宮市野沢町4番地1(パルティ内)
TEL:028-665-8323  FAX:028-665-8325
https://www.parti.jp/
会場 5B21教室(峰町5号館B棟2階)
  • 3
  • - 栃木県県民生活部くらし安全安心課消費者行政推進室との共催 -
    消費者力アップセミナー - 自立した消費者を目指しましょう! -
  • 消費生活に関する基礎知識を習得し、消費者トラブルの未然(拡大)防止と自立した消費者を目指します。また、消費者被害防止の観点から地域における高齢者等の見守りを行うポイントを学びます。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
11月25日[全1回] 金曜日 10:00~15:00
講座の詳細を見る
  • - 栃木県県民生活部くらし安全安心課消費者行政推進室との共催 -
    消費者力アップセミナー - 自立した消費者を目指しましょう! -
  • 定員:20名
  • 受講料:無料
  • 担当講師
  • 栃木県くらし安全安心課
    職 員
  • 栃木県消費生活センター
    消費生活相談員
  • プログラム
  • <第1部> 10:00~12:00 最近の悪質商法
    <第2部> 13:00~15:00 高齢者を消費者被害から守るために
  • その他
  • ○第1部と第2部の両方を受講してください。
    ○第1部と第2部の間に各自昼食をお取りください。
    教室での飲食もできます。
  • 閉じる
定員 20名
受講料 無料
担当講師
栃木県くらし安全安心課 職 員
栃木県消費生活センター 消費生活相談員
プログラム <第1部> 10:00~12:00 最近の悪質商法
<第2部> 13:00~15:00 高齢者を消費者被害から守るために
その他 ○第1部と第2部の両方を受講してください。
○第1部と第2部の間に各自昼食をお取りください。
教室での飲食もできます。
  • 4
  • - NPO法人飛山城跡愛護会との共催 -
    現地で学ぶ「宇都宮学」 - 「武士もののふの夢が原」飛山城跡をたずねる -
  • 飛山城跡は地域の人々と行政の協働で保存と活用が維持されています。会員の解説ボランティアによる案内で、鎌倉時代後半、芳賀高俊により築城されたと伝えられる飛山城とその周辺の史跡をたずねます。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
11月8日~11月15日[全2回] 火曜日 10:00~12:30
講座の詳細を見る
  • - NPO法人飛山城跡愛護会との共催 -
    現地で学ぶ「宇都宮学」 - 「武士もののふの夢が原」飛山城跡をたずねる -
  • 定員:30名
  • 受講料:無料
  • 担当講師
    (担当プログラム)
  • 宇都宮市文化財ボランティア協議会会長
    NPO法人飛山城跡愛護会
    とびやま歴史体験館グループリーダー
    上野 とも子(1. 2.)
  • NPO法人飛山城跡愛護会会員解説ボランティア
    鈴木 幸雄(1.)
    荒井 俊典(1.)
    大野 昭二(2.)
    吉澤 伸人(2.)
  • プログラム
  • 1.11月 8日(火) 国指定史跡 飛山城をめぐる
    2.11月15日(火) 飛山周辺の史跡をたずねる
  • その他
  • ○集合場所は「とびやま歴史体験館」です。
    宇都宮市竹下町380-1 TEL 028-667-9400
    ○雨天決行・中止の場合のみ、各受講者に連絡をします。
    傷害保険料400円を別途ご負担お願いします。
    初回に集めますのでおつりのないようにお持ち下さい。
  • 閉じる
定員 30名
受講料 無料
担当講師
(担当プログラム)
宇都宮市文化財ボランティア協議会会長  
NPO法人飛山城跡愛護会  
とびやま歴史体験館グループリーダー 上野 とも子(1. 2.)
NPO法人飛山城跡愛護会会員解説ボランティア 鈴木 幸雄(1.)
  荒井 俊典(1.)
  大野 昭二(2.)
  吉澤 伸人(2.)
プログラム 1.11月 8日(火) 国指定史跡 飛山城をめぐる
2.11月15日(火) 飛山周辺の史跡をたずねる
その他 ○集合場所は「とびやま歴史体験館」です。
宇都宮市竹下町380-1 TEL 028-667-9400
○雨天決行・中止の場合のみ、各受講者に連絡をします。
傷害保険料400円を別途ご負担お願いします。
初回に集めますのでおつりのないようにお持ち下さい。
  • 5
  • - (財)アイヌ文化振興・研究推進機構との共催 -
    アイヌ文化を学ぶ - 講座と演奏 -
  • アイヌ民族は日本国内各地に居住する先住民族です。例年アイヌ文化および歴史について講座を行ってきましたが、今回の午前の部ではアイヌ民族の現状について学ぶことで私たちの人権感覚を磨きます。午後の部ではアイヌ民族伝統楽器のトンコリおよびムックリの演奏を行います。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
11月19日[全1回] 土曜日 10:00~15:00
講座の詳細を見る
  • - (財)アイヌ文化振興・研究推進機構との共催 -
    アイヌ文化を学ぶ - 講座と演奏 -
  • 定員:30名
  • 受講料:無料
  • 担当講師
  • 北海道大学准教授
    落合  研一
  • 地域デザイン科学部准教授
    若園 雄志郎
  • 民俗音楽演奏家
  • プログラム
  • アイヌ民族の現状と文化
    <第1部> 講義 10:00~12:00
    <第2部> 演奏 14:00~15:00
  • 閉じる
定員 30名
受講料 無料
担当講師
北海道大学准教授 落合  研一
地域デザイン科学部准教授 若園 雄志郎
民俗音楽演奏家  
プログラム アイヌ民族の現状と文化
<第1部> 講義 10:00~12:00
<第2部> 演奏 14:00~15:00
  • 6
  • - 宇都宮城跡蓮池再生検討委員会との共催 -
    宇都宮城と蓮池8 - 中世のハスの再生 -
  • 江戸期の絵図には蓮池などの記述があったことから、蓮池跡には必ずや蓮の実があるものと、多くの市民の協力をいただき蓮の実を発見しました。中世後期以降とされる蓮の実から、平成23年7月に淡紅色の綺麗な花が開花しました。この講座では宇都宮城の蓮池に関る宇都宮の文化等を多面的に発掘し報告します。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
7月16日~10月15日[全6回] 木・金・土曜日 13:00~17:00
講座の詳細を見る
  • - 宇都宮城跡蓮池再生検討委員会との共催 -
    宇都宮城と蓮池8 - 中世のハスの再生 -
  • 定員:30名
  • 受講料:無料
  • 担当講師
    (担当プログラム)
  • 教育学部教授
    松居誠一郎(4.)
  • 栃木県写真家協会理事
    大手 義雄(5.)
  • 宇都宮城跡蓮池再生検討委員会事務局長
    印南 洋造(2.)
  • 栃木県立博物館主任研究員
    飯塚 真史(6.)
  • 俳人協会正会員
    加茂 都紀女(3.)
  • 群馬県太田市文化財課(1.)
  • プログラム
  • 1. 7月16日(土) 館林市・太田市見学(学外)
    2.10月13日(木) 蓮守を育てる
    3.10月14日(金) 奥の細道2,600キロを歩く
    4.10月14日(金) 蓮池周辺の自然環境Ⅷ
    5.10月15日(土) 第14回栃木花蓮写真展作品講評
    6.10月15日(土) 近世下野の水運
  • 会場
  • 7月16日(土) 学外(大学バスを利用します。詳細は後日郵送します。)
    10月13日(木) 地域連携教育研究センター
    10月14(金)・15日(土) 大学会館トークルームⅠ
  • その他
  • 傷害保険料200円を別途ご負担お願いします。
    初回に集めますので、おつりのないようにお持ちください。他の実費等につきましても、各自ご負担願います。
    ○蓮写真展
    日時:10月13日・14日 9時~16時、15日 9時~14時
    場所:大学会館多目的ホール
  • 閉じる
定員 30名
受講料 無料
担当講師
(担当プログラム)
教育学部教授 松居誠一郎(4.)
栃木県写真家協会理事 大手 義雄(5.)
宇都宮城跡蓮池再生検討委員会事務局長 印南 洋造(2.)
栃木県立博物館主任研究員 飯塚 真史(6.)
俳人協会正会員 加茂 都紀女(3.)
群馬県太田市文化財課(1.)  
プログラム 1. 7月16日(土) 館林市・太田市見学(学外)
2.10月13日(木) 蓮守を育てる
3.10月14日(金) 奥の細道2,600キロを歩く
4.10月14日(金) 蓮池周辺の自然環境Ⅷ
5.10月15日(土) 第14回栃木花蓮写真展作品講評
6.10月15日(土) 近世下野の水運
会場   7月16日(土) 学外(大学バスを利用します。詳細は後日郵送します。)
10月13日(木) 地域連携教育研究センター
10月14(金)・15日(土) 大学会館トークルームⅠ
その他 傷害保険料200円を別途ご負担お願いします。
初回に集めますので、おつりのないようにお持ちください。他の実費等につきましても、各自ご負担願います。
○蓮写真展
日時:10月13日・14日 9時~16時、15日 9時~14時
場所:大学会館多目的ホール
  • 7
  • - 雑草と里山の科学教育研究センターとの共催 -
    里山で楽しむランブリング - ぶらぶら歩きながら茂木の里山を撮り食べ語り合う -
  • 茂木町~那須烏山市の里山を、ゆっくり歩きながら季節ごとの風景や自然を楽しみ、写真に収め、地域ならではの食材を味わい、地元の方々と語りあう4回の日帰りツアーです。初夏のぶらぶら歩きでは、古道や棚田などを散策します。また、自ら生産農家を訪問して収穫した野菜を、同行するシェフがキッチンカーで料理し、それらをいただく予定です。秋には、里山記録写真家と一緒に、古民家で秋の里山の恵みを楽しみます。最終回は、各自が撮りためた写真を「道の駅もてぎ」ギャラリーにて展示し、フォトコンテストを行います。里山の魅力を満喫できるプログラムです。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月11日~12月10日[全4回] 土曜日 9:00~14:00
講座の詳細を見る
  • - 雑草と里山の科学教育研究センターとの共催 -
    里山で楽しむランブリング - ぶらぶら歩きながら茂木の里山を撮り食べ語り合う -
  • 定員:20名
  • 受講料:10,000円
  • 担当講師
    (担当プログラム)
  • 農学部教授
    大久保 達弘(1. 2. 3. 4.)
  • 地域デザイン科学部教授
    原田  淳(1. 2. 3. 4.)
  • 里山料理人
    仲川 久雄(2. 3. 4.)
  • 里山記録写真家
    柳下 征史(3.)
  • 虹色の里あじ彩協議会(1.)
  • 協力
    茂木町 道の駅もてぎ
  • プログラム
  • 1.6月11日(土) 苔玉づくりと里山古道散策(茂木町)
    2.7月9日(土) 農産物収穫体験とキッチンカー料理で楽しむ夏の里山の恵み(茂木町)
    3.11月5日(土) みかんの収穫と古民家で楽しむ秋の里山の恵み(那須烏山市)
    4.12月10日(土) 「私の里山」フォトコンテストとまちなか散策
  • その他
  • 傷害保険料800円を別途ご負担お願いします。初回に集めます。 ○大学のバスを利用します。正門案内所前8:40集合、8:50出発です。帰路は「道の駅もてぎ」に立ち寄ります。 ○実費として各回2,000円程度必要です。昼食は、地元産の食材を使用したお料理をいただきます。 ○講座で撮った写真を12月初旬より道の駅もてぎ内ギャラリーに展示します。フォトコンテストへの参加は自由です。画像処理はお手伝いします。
  • 閉じる
定員 20名
受講料 10,000円
担当講師
(担当プログラム)
農学部教授 大久保 達弘(1. 2. 3. 4.)
地域デザイン科学部教授 原田  淳(1. 2. 3. 4.)
里山料理人 仲川 久雄(2. 3. 4.)
里山記録写真家 柳下 征史(3.)
虹色の里あじ彩協議会(1.)  
協力 茂木町 道の駅もてぎ
プログラム 1.6月11日(土) 苔玉づくりと里山古道散策(茂木町)
2.7月9日(土) 農産物収穫体験とキッチンカー料理で楽しむ夏の里山の恵み(茂木町)
3.11月5日(土) みかんの収穫と古民家で楽しむ秋の里山の恵み(那須烏山市)
4.12月10日(土) 「私の里山」フォトコンテストとまちなか散策
その他 傷害保険料800円を別途ご負担お願いします。初回に集めます。
○大学のバスを利用します。正門案内所前8:40集合、8:50出発です。帰路は「道の駅もてぎ」に立ち寄ります。
○実費として各回2,000円程度必要です。昼食は、地元産の食材を使用したお料理をいただきます。
○講座で撮った写真を12月初旬より道の駅もてぎ内ギャラリーに展示します。フォトコンテストへの参加は自由です。画像処理はお手伝いします。
  • 8
  • - (一般社団法人) 鳥獣管理技術協会との共催 -
    鳥獣管理士養成講座
  • 農作物や森林被害、生活安全など、全国各地で深刻化しつつある、人と野生鳥獣の軋轢問題を解消するために必要な知識と技術を学びます。地域の鳥獣被害を自治体や専門家らと連携して解決する「鳥獣管理士」を目指す方を対象にしています。修了すると、一般社団法人鳥獣管理技術協会が実施する鳥獣管理士(3級)資格試験の受験資格が得られます。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月4日~9月24日[全13回] 土曜日 10:00~17:00
講座の詳細を見る
  • - (一般社団法人) 鳥獣管理技術協会との共催 -
    鳥獣管理士養成講座
  • 定員:20名
  • 受講料:15,000円
  • 担当講師
    (担当プログラム)
  • 名誉教授
    小金澤 正昭(1. 5. 12.)
  • 農学部教授
    杉田 昭栄(13.)
  • 地域デザイン科学部教授
    高橋  俊守(3. 11.)
  • 鳥獣管理技術協会
    辻岡  幹夫(2.)
  • 鳥獣管理士
    高橋  則夫(4.)
  • 農林水産省中央農業総合研究センター
    仲谷  淳(6.)
  • 長岡技術科学大学准教授
    山本  麻希(7.)
  • 新潟大学農学部助教
    望月  翔太(9.)
  • 日本獣医生命科学大学教授
    羽山  伸一(8.)
  • 鳥獣管理士
    阪本  勝憲(10.)
  • プログラム
  • 1.6月 4日(土) 野生鳥獣管理基礎と被害防止技術
    2.6月 4日(土) 自治体による鳥獣対策の現状と課題
    3.6月 4日(土) 鳥獣管理と地域連携
    4.6月11日(土) 鳥獣被害の現場(学外学習)
    5.8月20日(土) 野生鳥獣の生態と保護管理
    6.8月20日(土) イノシシによる農学作物被害と管理
    7.8月20日(土) カワウによる被害と保護管理
    8.8月27日(土) 外来種による被害と管理
    9.8月27日(土) サルによる農作物被害と管理
    10.9月17日(土) 鳥獣被害と対策の実際(学外学習)
    11.9月24日(土) 集落環境診断と住民意識
    12.9月24日(土) シカによる森林生態系被害と管理
    13.9月24日(土) カラスによる被害と管理
  • その他
  • 傷害保険料400円をご負担お願いします。初回に集めます。
    講義と学外学習から構成されています。講義、学外学習ともに10時から17時までです。学外学習では、水田あぜ道や林の中を歩きます。長靴をご用意ください。
  • 閉じる
定員 20名
受講料 15,000円
担当講師
(担当プログラム)
名誉教授 小金澤 正昭(1. 5. 12.)
農学部教授 杉田 昭栄(13.)
地域デザイン科学部教授 高橋  俊守(3. 11.)
鳥獣管理技術協会 辻岡  幹夫(2.)
鳥獣管理士 高橋  則夫(4.)
農林水産省中央農業総合研究センター 仲谷  淳(6.)
長岡技術科学大学准教授 山本  麻希(7.)
新潟大学農学部助教 望月  翔太(9.)
日本獣医生命科学大学教授 羽山  伸一(8.)
鳥獣管理士 阪本  勝憲(10.)
プログラム 1.6月 4日(土) 野生鳥獣管理基礎と被害防止技術
2.6月 4日(土) 自治体による鳥獣対策の現状と課題
3.6月 4日(土) 鳥獣管理と地域連携
4.6月11日(土) 鳥獣被害の現場(学外学習)
5.8月20日(土) 野生鳥獣の生態と保護管理
6.8月20日(土) イノシシによる農学作物被害と管理
7.8月20日(土) カワウによる被害と保護管理
8.8月27日(土) 外来種による被害と管理
9.8月27日(土) サルによる農作物被害と管理
10.9月17日(土) 鳥獣被害と対策の実際(学外学習)
11.9月24日(土) 集落環境診断と住民意識
12.9月24日(土) シカによる森林生態系被害と管理
13.9月24日(土) カラスによる被害と管理
その他 傷害保険料400円をご負担お願いします。初回に集めます。
講義と学外学習から構成されています。講義、学外学習ともに10時から17時までです。学外学習では、水田あぜ道や林の中を歩きます。長靴をご用意ください。

国際理解・外国語

  • 9
  • 韓国料理の魅力 - 韓国家庭料理を中心に魅力を味わおう -
  • 韓国料理に興味がある方のための講座です。韓国家庭料理の基本的な食材や作り方について学ぶとともに、韓国宮廷料理についても紹介します。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
5月30日~7月11日[全4回] 月曜日 10:30~13:00
講座の詳細を見る
  • 韓国料理の魅力 - 韓国家庭料理を中心に魅力を味わおう -
  • 定員:12名
  • 受講料:5,000円
  • コーディネーター
  • 地域デザイン科学部教授
    大森 玲子
  • 担当講師
  • 韓国料理研究家
    金  学栄
  • プログラム
  • 1.5月30日(月) 韓国家庭料理1
    2.6月13日(月) 韓国家庭料理2
    3.6月27日(月) 韓国家庭料理3
    4.7月11日(月) 韓国家庭料理4(宮廷料理を含む)
  • 会場
  • 教育学部8号館B棟2F調理実習室(10時から入室できます。)
  • その他
  • ○材料費として別途3,000円が必要です。
    初回に集めますのでおつりのないようにお持ちください。
    ○調理実習(3~4名/班)を行いますので、エプロン・三角巾・手拭き等を持参してください。
    ○食べきれない分は個人の判断において持ち帰っていただいても大丈夫です。容器等は持参ください。
  • 閉じる
定員 12名
受講料 5,000円
コーディネーター
地域デザイン科学部教授 大森 玲子
担当講師
韓国料理研究家 金  学栄
プログラム 1.5月30日(月) 韓国家庭料理1
2.6月13日(月) 韓国家庭料理2
3.6月27日(月) 韓国家庭料理3
4.7月11日(月) 韓国家庭料理4(宮廷料理を含む)
会場 教育学部8号館B棟2F調理実習室(10時から入室できます。)
その他 ○材料費として別途3,000円が必要です。
初回に集めますのでおつりのないようにお持ちください。
○調理実習(3~4名/班)を行いますので、エプロン・三角巾・手拭き等を持参してください。
○食べきれない分は個人の判断において持ち帰っていただいても大丈夫です。容器等は持参ください。
  • 10
  • タイ料理入門 - タイ料理の特徴を知り、食材に親しむ -
  • タイ料理に用いられる調味料や香辛料には、日本食では使用されない特徴的な風味をもつものが多くあります。この講座では、タイ料理の特徴を知り、用いられる食材に親しむことを目的としています。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月1日~7月13日[全4回] 水曜日 13:00~15:30
  • タイ料理入門 - タイ料理の特徴を知り、食材に親しむ -
  • 定員:12名
  • 受講料:5,000円
  • コーディネーター
  • 地域デザイン科学部教授
    大森 玲子
  • 担当講師
  • タイ料理研究家
    泉田スジンダ
  • プログラム
  • 1.6月 1日(水) タイ料理の特徴と食材(講義と簡単な実習)
    2.6月15日(水) タイ料理の基礎1(実習)
    3.6月29日(水) タイ料理の基礎2(実習)
    4.7月13日(水) タイ料理の基礎3(実習)
  • 会場
  • 教育学部8号館B棟2F調理実習室(12時半から入室できます。)
  • その他
  • ○材料費として別途3,000円が必要です。
    初回に集めますのでおつりのないようにお持ちください。
    ○調理実習(3~4名/班)を行いますので、エプロン・三角巾・手拭き等を持参してください。
    ○食べきれない分は個人の判断において持ち帰っていただいても大丈夫です。容器等は持参ください。
  • 閉じる
定員 12名
受講料 5,000円
コーディネーター
地域デザイン科学部教授 大森 玲子
担当講師
タイ料理研究家 泉田スジンダ
プログラム 1.6月 1日(水) タイ料理の特徴と食材(講義と簡単な実習)
2.6月15日(水) タイ料理の基礎1(実習)
3.6月29日(水) タイ料理の基礎2(実習)
4.7月13日(水) タイ料理の基礎3(実習)
会場 教育学部8号館B棟2F調理実習室(12時半から入室できます。)
その他 ○材料費として別途3,000円が必要です。
初回に集めますのでおつりのないようにお持ちください。
○調理実習(3~4名/班)を行いますので、エプロン・三角巾・手拭き等を持参してください。
○食べきれない分は個人の判断において持ち帰っていただいても大丈夫です。容器等は持参ください。
  • 11①
  • 韓国語講座 韓国語中級Ⅱ -もっと話せる韓国語 -
  • 韓国語の初級コース、中級Ⅰコースで習得した文法やフレーズを確かめながら、韓国語でもっと話せるためのレベルアップを目指します。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月1日~8月3日[全10回] 水曜日 14:00~16:00
  • 韓国語講座 韓国語中級Ⅱ -もっと話せる韓国語 -
  • 定員:15名
  • 受講料:10,000円
  • コーディネーター
  • 国際学部教授
    丁 貴連
  • 担当講師
  • 国際学部非常勤講師
    金 多希
  • プログラム
  • 1.6月 1日(水) 中級Ⅰコース復習
    2.6月 8日(水) 推測・感想
    (~는 것 같다,~네요)-비가 많이 오는 것 같아요.
    3.6月15日(水) 状況説明・意図
    (~는데,~(을)ㄹ래요)-감기는 다 나았어요?
    4.6月22日(水) 仮定・許可
    (~아도/어도,~(으)면 안 되다)-여기서 사진을 찍어도 돼요?
    5.6月29日(水) 状態・確認
    (~(으)면 되다,~지요)-경복궁은 어떻게 가면 되지요?
    6.7月 6日(水) 条件・変化
    (~아야/어야 하다,~아,어지다)-주말에도 학교에 가야 해요.
    7.7月13日(水) 並列・決定
    (~거나,~기로 하다)-배가 불러서 더 못 먹겠어요.
    8.7月20日(水) 可能・理由
    (~(을)ㄹ 수 있다/없다,~기 때문에)-열시까지 올 수 있어요?
    9.7月27日(水) 伝聞・願望
    (~ㄴ/는 다고 하다,~(으)면 좋겠다)-눈이 많이 왔대요.
    10.8月 3日(水) 総まとめ
  • その他
  • テキスト:韓国語をはじめよう(中級)李昌圭 朝日出版社
  • 閉じる
定員 15名
受講料 10,000円
コーディネーター
国際学部教授 丁 貴連
担当講師
国際学部非常勤講師 金 多希
プログラム 1.6月 1日(水) 中級Ⅰコース復習
2.6月 8日(水) 推測・感想
(~는 것 같다,~네요)-비가 많이 오는 것 같아요.
3.6月15日(水) 状況説明・意図
(~는데,~(을)ㄹ래요)-감기는 다 나았어요?
4.6月22日(水) 仮定・許可
(~아도/어도,~(으)면 안 되다)-여기서 사진을 찍어도 돼요?
5.6月29日(水) 状態・確認
(~(으)면 되다,~지요)-경복궁은 어떻게 가면 되지요?
6.7月 6日(水) 条件・変化
(~아야/어야 하다,~아,어지다)-주말에도 학교에 가야 해요.
7.7月13日(水) 並列・決定
(~거나,~기로 하다)-배가 불러서 더 못 먹겠어요.
8.7月20日(水) 可能・理由
(~(을)ㄹ 수 있다/없다,~기 때문에)-열시까지 올 수 있어요?
9.7月27日(水) 伝聞・願望
(~ㄴ/는 다고 하다,~(으)면 좋겠다)-눈이 많이 왔대요.
10.8月 3日(水) 総まとめ
その他 テキスト:韓国語をはじめよう(中級)李昌圭 朝日出版社
  • 11②
  • 韓国語講座 中級Ⅰ - 今すぐ話せる韓国語 -
  • 韓国語の初級コースで習得した文法や基本フレーズを確かめながら、少しずつ表現力を養い、今すぐ話せる韓国語を増やしていくことを目指します。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
8月17日~10月19日[全10回] 水曜日 14:00~16:00
  • 韓国語講座 中級Ⅰ - 今すぐ話せる韓国語 -
  • 定員:15名
  • 受講料:10,000円
  • コーディネーター
  • 国際学部教授
    丁 貴連
  • 担当講師
  • 国際学部非常勤講師
    金 多希
  • プログラム
  • 1. 8月17日(水) 初級コース復習
    2. 8月24日(水) 理由(~아/어/해서)-늦어서 미안합니다.
    3. 8月31日(水) 希望・願望表現(~고 싶다)-비빔밥을 먹고 싶어요?
    4. 9月 7日(水) 意図・意志(~ㄹ(을)게요)-요즘 바빠요?
    5. 9月14日(水) 連体形
    (~는/ㄴ(은)/ㄹ(을))-어디서 찍은 사진이에요?
    6. 9月21日(水) 経験
    (~아/어/해 보다)-자세히 설명해 드리겠습니다.아,어지다)-주말에도 학교에 가야 해요.
    7. 9月28日(水) 時間の経過
    (~ㄴ(은) 지)-한국에 온 지 얼마나 되었어요?
    8.10月 5日(水) 仮定文(~(으)면)-미술관은 여기서 가까워요?
    9.10月12日(水) 動作の並行
    (~(으)면서)-운전하면서 전화하지 마세요.
    10.10月19日(水) 総まとめ
  • その他
  • テキスト:韓国語をはじめよう(中級)李昌圭 朝日出版社
  • 閉じる
定員 15名
受講料 10,000円
コーディネーター
国際学部教授 丁 貴連
担当講師
国際学部非常勤講師 金 多希
プログラム 1. 8月17日(水) 初級コース復習
2. 8月24日(水) 理由(~아/어/해서)-늦어서 미안합니다.
3. 8月31日(水) 希望・願望表現(~고 싶다)-비빔밥을 먹고 싶어요?
4. 9月 7日(水) 意図・意志(~ㄹ(을)게요)-요즘 바빠요?
5. 9月14日(水) 連体形
(~는/ㄴ(은)/ㄹ(을))-어디서 찍은 사진이에요?
6. 9月21日(水) 経験
(~아/어/해 보다)-자세히 설명해 드리겠습니다.아,어지다)-주말에도 학교에 가야 해요.
7. 9月28日(水) 時間の経過
(~ㄴ(은) 지)-한국에 온 지 얼마나 되었어요?
8.10月 5日(水) 仮定文(~(으)면)-미술관은 여기서 가까워요?
9.10月12日(水) 動作の並行
(~(으)면서)-운전하면서 전화하지 마세요.
10.10月19日(水) 総まとめ
その他 テキスト:韓国語をはじめよう(中級)李昌圭 朝日出版社
  • 11③
  • 韓国語講座 韓国語中級Ⅱ - もっと話せる韓国語 -
  • 韓国語の初級コース、中級Ⅰコースで習得した文法やフレーズを確かめながら、韓国語でもっと話せるためのレベルアップを目指します。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
11月2日~1月25日[全10回] 水曜日 14:00~16:00
  • 韓国語講座 韓国語中級Ⅱ - もっと話せる韓国語 -
  • 定員:15名
  • 受講料:10,000円
  • コーディネーター
  • 国際学部教授
    丁 貴連
  • 担当講師
  • 国際学部非常勤講師
    金 多希
  • プログラム
  • 1.11月 2日(水) 中級Ⅰコース復習
    2.11月 9日(水) 推測・感想
    (~는 것 같다,~네요)-비가 많이 오는 것 같아요.
    3.11月16日(水) 状況説明・意図
    (~는데,~(을)ㄹ래요)-감기는 다 나았어요?
    4.11月30日(水) 仮定・許可
    (~아도/어도,~(으)면 안 다)-여기서 사진을 찍어도 돼요?
    5.12月 7日(水) 状態・確認
    (~(으)면 되다,~지요)-경복궁은 어떻게 가면 되지요?
    6.12月14日(水) 条件・変化
    (~아야/어야 하다,~아,어지다)-주말에도 학교에 가야 해요.
    7.12月21日(水) 並列・決定(~거나,~기로 하다)-배가 불러서 더 못 먹겠어요.
    8. 1月11日(水) 可能・理由
    (~(을)ㄹ 수 있다/없다,~기 때문에)-열시까지 올 수 있어요?
    9. 1月18日(水) 伝聞・願望
    (~ㄴ/는 다고 하다,~(으)면 좋겠다)-눈이 많이 왔대요.
    10. 1月25日(水) 総まとめ
  • その他
  • テキスト:韓国語をはじめよう(中級)李昌圭 朝日出版社
  • 閉じる
定員 15名
受講料 10,000円
コーディネーター
国際学部教授 丁 貴連
担当講師
国際学部非常勤講師 金 多希
プログラム 1.11月 2日(水) 中級Ⅰコース復習
2.11月 9日(水) 推測・感想
(~는 것 같다,~네요)-비가 많이 오는 것 같아요.
3.11月16日(水) 状況説明・意図
(~는데,~(을)ㄹ래요)-감기는 다 나았어요?
4.11月30日(水) 仮定・許可
(~아도/어도,~(으)면 안 다)-여기서 사진을 찍어도 돼요?
5.12月 7日(水) 状態・確認
(~(으)면 되다,~지요)-경복궁은 어떻게 가면 되지요?
6.12月14日(水) 条件・変化
(~아야/어야 하다,~아,어지다)-주말에도 학교에 가야 해요.
7.12月21日(水) 並列・決定(~거나,~기로 하다)-배가 불러서 더 못 먹겠어요.
8. 1月11日(水) 可能・理由
(~(을)ㄹ 수 있다/없다,~기 때문에)-열시까지 올 수 있어요?
9. 1月18日(水) 伝聞・願望
(~ㄴ/는 다고 하다,~(으)면 좋겠다)-눈이 많이 왔대요.
10. 1月25日(水) 総まとめ
その他 テキスト:韓国語をはじめよう(中級)李昌圭 朝日出版社
  • 12
  • 「話しあいファシリテーション」の理論と実践2016
    - 「言いあい」と「聞きあい」とでは全く違う! -
  • 誰もが簡単にやれているようでいて、実際には案外と成立していないのが「話しあい」です。本講座は、話しあいを「話しこみ」・「黙りあい」・「言いあい」の域にとどめず、生産性の高い営みへと高めていくための基本姿勢や技法などを身につけることが目標です。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
5月31日~11月15日[全15回] 火曜日 18:45~20:45
講座の詳細を見る
  • 「話しあいファシリテーション」の理論と実践2016
    - 「言いあい」と「聞きあい」とでは全く違う! -
  • 定員:15名
  • 受講料:15,000円
  • 担当講師
  • 地域連携教育研究センター准教授
    佐々木 英和
  • プログラム
  • 1. 5月31日(火) 「ファシリテーション」とは何か?
    2. 6月 7日(火) 「聞く・聴く・訊く」の深みと広がり
    3. 6月14日(火) 「伝える」と「伝わる」との段差
    4. 6月21日(火) プレゼンテーション洗練とPR戦略
    5. 6月28日(火) ソリューション志向の話しあいの基礎
    6. 7月 5日(火) ソリューション志向の話しあいの実践
    7. 7月12日(火) クリエーション志向の話しあいの基礎
    8. 7月19日(火) クリエーション志向の話しあいの実践
    9.10月 4日(火) 「話しあいファシリテーション」の実践
    10.10月11日(火) 「自己表出と仲間づくり」志向の話しあい
    11.10月18日(火) 文章作成技術を応用した会議運営
    12.10月25日(火) 「Why? What? How?」の会議運営
    13.11月 1日(火) 「現実直視・問題発見」と「理想追求・方法創造」
    14.11月 8日(火) 「メタ会議」の意義と効用
    15.11月15日(火) 話しあいファシリテーター」の役割
  • その他
  • ○プログラムを体系的に編成している都合上、第1回目(5月31日)からの受講を強くお薦めしています。また、最後まで続けて出席できる人の受講を優先しています。
  • 閉じる
定員 15名
受講料 15,000円
担当講師
地域連携教育研究センター准教授 佐々木 英和
プログラム 1. 5月31日(火) 「ファシリテーション」とは何か?
2. 6月 7日(火) 「聞く・聴く・訊く」の深みと広がり
3. 6月14日(火) 「伝える」と「伝わる」との段差
4. 6月21日(火) プレゼンテーション洗練とPR戦略
5. 6月28日(火) ソリューション志向の話しあいの基礎
6. 7月 5日(火) ソリューション志向の話しあいの実践
7. 7月12日(火) クリエーション志向の話しあいの基礎
8. 7月19日(火) クリエーション志向の話しあいの実践
9.10月 4日(火) 「話しあいファシリテーション」の実践
10.10月11日(火) 「自己表出と仲間づくり」志向の話しあい
11.10月18日(火) 文章作成技術を応用した会議運営
12.10月25日(火) 「Why? What? How?」の会議運営
13.11月 1日(火) 「現実直視・問題発見」と「理想追求・方法創造」
14.11月 8日(火) 「メタ会議」の意義と効用
15.11月15日(火) 話しあいファシリテーター」の役割
その他 ○プログラムを体系的に編成している都合上、第1回目(5月31日)からの受講を強くお薦めしています。また、最後まで続けて出席できる人の受講を優先しています。

教養文化・コミュニケーション

  • 13①
  • 漱石のすべてⅠ - 近代文学の達成 -
  • 漱石の主な作品について講義する。「文学とは何ぞや」の問いから始まった漱石の文学活動の全容について
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月2日~6月30日[全5回] 木曜日 10:00~12:00
  • 漱石のすべてⅠ - 近代文学の達成 -
  • 定員:20名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
  • 名誉教授・作新学院大学客員教授
    小池 清治
  • プログラム
  • 1.6月 2日(木) 漱石年譜・吾輩は猫である
    2.6月 9日(木) 倫敦塔・一夜・坊っちゃん 他
    3.6月16日(木) 趣味の遺伝・草枕
    4.6月23日(木) 野分・文芸の哲学的基礎・文学論
    5.6月30日(木) 虞美人草・坑夫
  • その他
  • 岩波文庫にすべてあります。
  • 閉じる
定員 20名
受講料 5,000円
担当講師
名誉教授・作新学院大学客員教授 小池 清治
プログラム 1.6月 2日(木) 漱石年譜・吾輩は猫である
2.6月 9日(木) 倫敦塔・一夜・坊っちゃん 他
3.6月16日(木) 趣味の遺伝・草枕
4.6月23日(木) 野分・文芸の哲学的基礎・文学論
5.6月30日(木) 虞美人草・坑夫
その他 岩波文庫にすべてあります。
  • 13②
  • 漱石のすべてⅡ - 近代文学の達成 -
  • 漱石の主な作品について講義する。「文学とは何ぞや」の問いから始まった漱石の文学活動の全容について
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
10月6日~11月10日[全5回] 木曜日 10:00~12:00
  • 漱石のすべてⅡ - 近代文学の達成 -
  • 定員:20名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
  • 名誉教授・作新学院大学客員教授
    小池 清治
  • プログラム
  • 1.10月 6日(木) 文鳥・夢十夜・三四郎
    2.10月13日(木) 永日小品・それから
    3.10月20日(木) 門・彼岸過迄・行人
    4.10月27日(木) こころ・私の個人主義
    5.11月10日(木) 硝子戸の中・明暗
  • その他
  • 岩波文庫にすべてあります。
  • 閉じる
定員 20名
受講料 5,000円
担当講師
名誉教授・作新学院大学客員教授 小池 清治
プログラム 1.10月 6日(木) 文鳥・夢十夜・三四郎
2.10月13日(木) 永日小品・それから
3.10月20日(木) 門・彼岸過迄・行人
4.10月27日(木) こころ・私の個人主義
5.11月10日(木) 硝子戸の中・明暗
その他 岩波文庫にすべてあります。
  • 14①
  • 書道 初級コース
  • 書道は「藝道」という日本独自の藝術思想によって発展し、今日的アートとは本質的に異なる。本講座の目標は、「書の本道」を学び、書道をより身近なものにすることである。初級ではカタカナと楷書の基礎を学ぶ。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月2日~7月28日[全5回] 木曜日 17:40~19:40
講座の詳細を見る
  • 書道 初級コース
  • 定員:12名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
  • 地域デザイン科学部教授
    中島 宗晧
  • プログラム
  • 1.6月 2日(木) 毛筆の特性と正しい扱い方とは
    2.6月16日(木) カタカナの正しい書き方を学ぶ
    3.6月30日(木) 楷書体の正しい書き方を学ぶ
    4.7月14日(木) 楷書の古典から臨書法を学ぶ
    5.7月28日(木) 楷書とはどういう書体かを学ぶ
  • 会場
  • 峰町6号館2階(東)書道教室(16:10より入室できます)
  • その他
  • ●初心者、経験者を問いません。本学の公開講座「書道」を初めて受講される方に限ります。
    ○本学の公開講座「書道」の各コース修了者は受講できません。
    ○初級コースは、小・中学校で学ぶ国語科「書写」程度の内容から始めます。
    ○毛筆と下敷きは指定します。その他の用具・用材は教室で購入できます。
    ○16:10より入室できますので、課題を進めるなどの自習にお使いください。なお、当日までの課題は18:10までにお済ませください。
  • 閉じる
定員 12名
受講料 5,000円
担当講師
地域デザイン科学部教授 中島 宗晧
プログラム 1.6月 2日(木) 毛筆の特性と正しい扱い方とは
2.6月16日(木) カタカナの正しい書き方を学ぶ
3.6月30日(木) 楷書体の正しい書き方を学ぶ
4.7月14日(木) 楷書の古典から臨書法を学ぶ
5.7月28日(木) 楷書とはどういう書体かを学ぶ
会場 峰町6号館2階(東)書道教室(16:10より入室できます)
その他 ●初心者、経験者を問いません。本学の公開講座「書道」を初めて受講される方に限ります。
○本学の公開講座「書道」の各コース修了者は受講できません。
○初級コースは、小・中学校で学ぶ国語科「書写」程度の内容から始めます。
○毛筆と下敷きは指定します。その他の用具・用材は教室で購入できます。
○16:10より入室できますので、課題を進めるなどの自習にお使いください。なお、当日までの課題は18:10までにお済ませください。
  • 14②
  • 書道 中級コース
  • 書道は「藝道」という日本独自の藝術思想によって発展し、今日的アートとは本質的に異なる。本講座の目標は、「書の本道」を学び、書道をより身近なものにすることである。中級コースではひらがなと行書の基礎を学ぶ。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
10月13日~12月15日[全5回] 木曜日 17:40~19:40
講座の詳細を見る
  • 書道 中級コース
  • 定員:12名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
  • 地域デザイン科学部教授
    中島 宗晧
  • プログラム
  • 1.10月13日(木) ひらがなの正しい書き方を学ぶ
    2.10月27日(木) 行書体の正しい書き方を学ぶ
    3.11月17日(木) 行書の古典から臨書法を学ぶ
    4.12月 1日(木) 古筆から仮名の臨書法を学ぶ
    5.12月15日(木) 行書から草書、仮名とはどういう書体かを学ぶ
  • 会場
  • 峰町6号館2階(東)書道教室(16:10より入室できます)
  • その他
  • ●本学の公開講座「書道(初級コース、または大人のお習字)」を修了された方に限ります。
    ○本学の公開講座「書道」の専門コース修了者は受講できません。
    ○経験者でも初級から受講ください。師範免許や等級などの資格は一切通用しません。
    ○中級コースは、国語科「書写」および高等学校芸術科「書道」程度の内容から始めます。
    ○毛筆と下敷きは指定します。その他の用具・用材は教室で購入できます。
    ○16:10より入室できますので、課題を進めるなどの自習にお使いください。なお、当日までの課題は18:10までにお済ませください。
  • 閉じる
定員 12名
受講料 5,000円
担当講師
地域デザイン科学部教授 中島 宗晧
プログラム 1.10月13日(木) ひらがなの正しい書き方を学ぶ
2.10月27日(木) 行書体の正しい書き方を学ぶ
3.11月17日(木) 行書の古典から臨書法を学ぶ
4.12月 1日(木) 古筆から仮名の臨書法を学ぶ
5.12月15日(木) 行書から草書、仮名とはどういう書体かを学ぶ
会場 峰町6号館2階(東)書道教室(16:10より入室できます)
その他 ●本学の公開講座「書道(初級コース、または大人のお習字)」を修了された方に限ります。
○本学の公開講座「書道」の専門コース修了者は受講できません。
○経験者でも初級から受講ください。師範免許や等級などの資格は一切通用しません。
○中級コースは、国語科「書写」および高等学校芸術科「書道」程度の内容から始めます。
○毛筆と下敷きは指定します。その他の用具・用材は教室で購入できます。
○16:10より入室できますので、課題を進めるなどの自習にお使いください。なお、当日までの課題は18:10までにお済ませください。
  • 14③
  • 書道 上級コース
  • 書道は「藝道」という日本独自の藝術思想によって発展し、今日的アートとは本質的に異なる。本講座の目標は、「書の本道」を学び、書道をより身近なものにすることである。上級コースでは主に篆書体・隷書体・草書体を古典から学び、五体から一つ、得意とする書体の半切臨書を行う。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月9日~10月6日[全5回] 木曜日 17:40~19:40
講座の詳細を見る
  • 書道 上級コース
  • 定員:12名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
  • 地域デザイン科学部教授
    中島 宗晧
  • プログラム
  • 1. 6月 9日(木) 楷書体と行書体の臨書を復習する
    2. 6月23日(木) 篆書体の古典臨書と表現法を学ぶ
    3. 7月 7日(木) 隷書体の古典臨書と表現法を学ぶ
    4. 7月21日(木) 草書体の古典臨書と表現法を学ぶ
    5.10月 6日(木) 半切臨書(1書体)の表現法を学ぶ
  • 会場
  • 峰町6号館2階(東)書道教室(16:10より入室できます)
  • その他
  • ●本学の公開講座「書道(中級コース、または大人のお習字)」を修了された方に限ります。
    ○本学の公開講座「書道」の専門コース修了者は受講できません。
    ○上級コースはテキストを使用します。(1,000円)また、高校「書道」程度の内容から始めます。
    ○毛筆と下敷きは指定します。その他の用具・用材は教室で購入できます。
    ○第4回に半切臨書の課題を出します。専門コースへの準備として第5回に持参ください。
    ○16:10より入室できますので、課題を進めるなどの自習にお使いください。なお、当日までの課題は18:10までにお済ませください。
  • 閉じる
定員 12名
受講料 5,000円
担当講師
地域デザイン科学部教授 中島 宗晧
プログラム 1. 6月 9日(木) 楷書体と行書体の臨書を復習する
2. 6月23日(木) 篆書体の古典臨書と表現法を学ぶ
3. 7月 7日(木) 隷書体の古典臨書と表現法を学ぶ
4. 7月21日(木) 草書体の古典臨書と表現法を学ぶ
5.10月 6日(木) 半切臨書(1書体)の表現法を学ぶ
会場 峰町6号館2階(東)書道教室(16:10より入室できます)
その他 ●本学の公開講座「書道(中級コース、または大人のお習字)」を修了された方に限ります。
○本学の公開講座「書道」の専門コース修了者は受講できません。
○上級コースはテキストを使用します。(1,000円)また、高校「書道」程度の内容から始めます。
○毛筆と下敷きは指定します。その他の用具・用材は教室で購入できます。
○第4回に半切臨書の課題を出します。専門コースへの準備として第5回に持参ください。
○16:10より入室できますので、課題を進めるなどの自習にお使いください。なお、当日までの課題は18:10までにお済ませください。
  • 14④
  • 書道 専門コース
  • 書道は「藝道」という日本独自の藝術思想によって発展し、今日的アートとは本質的に異なる。本講座の目標は、「書の本道」を学び、書道をより身近なものにすることである。専門コースでは、各自が進める制作(個別テーマ)への助言を行う。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
10月20日~12月21日[全5回] 木曜日 17:40~19:40
講座の詳細を見る
  • 書道 専門コース
  • 定員:12名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
  • 地域デザイン科学部教授
    中島 宗晧
  • プログラム
  • 1.10月20日(木) 課題作品の鑑賞から表現法を学ぶ
    2.11月10日(木) 個別テーマによる作品制作 その1
    3.11月24日(木) 個別テーマによる作品制作 その2
    4.12月 8日(木) 個別テーマによる作品制作 その3
    5.12月21日(水) 表装の様式を学ぶ(作品最終選別)
  • 会場
  • 峰町6号館2階(東)書道教室(16:10より入室できます)
  • その他
  • ●本学の公開講座「書道(上級コース)」を修了された方に限ります。
    ○本学の公開講座「書道(大人のお習字)」修了者は「上級コース」から受講してください。
    ○初回に半切以上、または相当程度の作品(臨書を含む)を持参ください。
    ○専門コースで制作した作品は、「宇都宮大学学生書道展」に出品します。(表装費は実費)
    ○専門コース(制作の時間)は、毎年何度でも受講できます。
    ○16:10より入室できますので、課題を進めるなどの自習にお使いください。なお、当日までの課題は18:10までにお済ませください。
  • 閉じる
定員 12名
受講料 5,000円
担当講師
地域デザイン科学部教授 中島 宗晧
プログラム 1.10月20日(木) 課題作品の鑑賞から表現法を学ぶ
2.11月10日(木) 個別テーマによる作品制作 その1
3.11月24日(木) 個別テーマによる作品制作 その2
4.12月 8日(木) 個別テーマによる作品制作 その3
5.12月21日(水) 表装の様式を学ぶ(作品最終選別)
会場 峰町6号館2階(東)書道教室(16:10より入室できます)
その他 ●本学の公開講座「書道(上級コース)」を修了された方に限ります。
○本学の公開講座「書道(大人のお習字)」修了者は「上級コース」から受講してください。
○初回に半切以上、または相当程度の作品(臨書を含む)を持参ください。
○専門コースで制作した作品は、「宇都宮大学学生書道展」に出品します。(表装費は実費)
○専門コース(制作の時間)は、毎年何度でも受講できます。
○16:10より入室できますので、課題を進めるなどの自習にお使いください。なお、当日までの課題は18:10までにお済ませください。
  • 15
  • シャーロック・ホームズの世界に遊ぶ -『事件簿』を通して -
  • ドイルの最後の短編集を色々な切り口で楽しみます。一度も読んだことがない人でも気軽に参加できます。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月2日~11月10日[全10回] 水・木曜日 13:30~15:30
講座の詳細を見る
  • シャーロック・ホームズの世界に遊ぶ -『事件簿』を通して -
  • 定員:15名
  • 受講料:10,000円
  • 担当講師
    (担当プログラム)
  • 名誉教授
    大関 清太(1. 5. 6. 10.)
  • 名誉教授
    高際 澄雄(2. 7.)
  • 工学部准教授
    寄川 弘玄(4. 9.)
  • 昭和女子大学教授
    中西  裕(3. 8.)
  • プログラム
  • 1. 6月 2日(木) 高名な依頼人
    2. 6月 9日(木) 這う男
    3. 6月15日(水) サセックスの吸血鬼
    4. 6月22日(水) マザリンの宝石
    5. 6月30日(木) 三破風館
    6.10月 6日(木) 白面の兵士
    7.10月13日(木) ライオンのたてがみ
    8.10月19日(水) 隠居絵具師
    9.10月27日(木) ショスコム荘
    10.11月10日(木) 覆面の下宿人
  • 閉じる
定員 15名
受講料 10,000円
担当講師
(担当プログラム)
名誉教授 大関 清太(1. 5. 6. 10.)
名誉教授 高際 澄雄(2. 7.)
工学部准教授 寄川 弘玄(4. 9.)
昭和女子大学教授 中西  裕(3. 8.)
プログラム 1. 6月 2日(木) 高名な依頼人
2. 6月 9日(木) 這う男
3. 6月15日(水) サセックスの吸血鬼
4. 6月22日(水) マザリンの宝石
5. 6月30日(木) 三破風館
6.10月 6日(木) 白面の兵士
7.10月13日(木) ライオンのたてがみ
8.10月19日(水) 隠居絵具師
9.10月27日(木) ショスコム荘
10.11月10日(木) 覆面の下宿人
  • 16
  • 放射能ってどんなもの? - 放射能、放射線についての解説 -
  • 放射能、放射線についての解説から、人体への影響について分かりやすく解説を行う。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
8月27日~9月24日[全5回] 土曜日 10:00~12:00
講座の詳細を見る
  • 放射能ってどんなもの? - 放射能、放射線についての解説 -
  • 定員:15名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
  • 農学部教授
    川崎 秀樹
  • プログラム
  • 1. 8月27日(土)  放射能ってどんなもの?
    2. 9月 3日(土)  放射線って危険なの?
    3. 9月10日(土)  内部被曝と外部被曝
    4. 9月17日(土)  身近な被曝
    5. 9月24日(土)  福島を考える
  • 閉じる
定員 15名
受講料 5,000円
担当講師
農学部教授 川崎 秀樹
プログラム 1. 8月27日(土)  放射能ってどんなもの?
2. 9月 3日(土)  放射線って危険なの?
3. 9月10日(土)  内部被曝と外部被曝
4. 9月17日(土)  身近な被曝
5. 9月24日(土)  福島を考える
  • 17
  • ゲノム、遺伝子、細胞 - 自分の体、ニュースを理解するために -
  • 最近よく聞かれるようになってきた、ゲノム、遺伝子、細胞についてわかりやすく解説を行い、自分の体のことを理解してもらうことを目標にしています。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
10月29日~12月3日[全5回] 土曜日 10:00~12:00
講座の詳細を見る
  • ゲノム、遺伝子、細胞 - 自分の体、ニュースを理解するために -
  • 定員:15名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
  • 農学部教授
    川崎 秀樹
  • プログラム
  • 1.10月29日(土) ゲノムと細胞
    2.11月 5日(土) 遺伝子と進化
    3.11月12日(土) セントラルドグマ
    4.11月26日(土) 遺伝子実験について
    5.12月 3日(土) 遺伝病について
  • 閉じる
定員 15名
受講料 5,000円
担当講師
農学部教授 川崎 秀樹
プログラム 1.10月29日(土) ゲノムと細胞
2.11月 5日(土) 遺伝子と進化
3.11月12日(土) セントラルドグマ
4.11月26日(土) 遺伝子実験について
5.12月 3日(土) 遺伝病について
  • 18
  • 役に立つ気象学 - 実生活にすぐ利活用できる役立つ気象学 -
  • 日本ほど四季の変化が明瞭で、天気の変化が激しい国は世界的にみても少ないです。本講座では気象に関心を持ってもらい、巷に溢れる気象情報を上手に活用していく知識をお教えします3年シリーズの1年目です。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月28日~7月26日[全5回] 火曜日 13:30~15:30
講座の詳細を見る
  • 役に立つ気象学 - 実生活にすぐ利活用できる役立つ気象学 -
  • 定員:20名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
  • 農学部准教授
    髙橋 行継
  • プログラム
  • 1.6月28日(火) オリエンテーション、日本、そして関東の天気の特徴
    2.7月 5日(火) 気象観測と天気
    3.7月12日(火) 天気図と天気予報
    4.7月19日(火) 高気圧と低気圧
    5.7月26日(火) 前線と台風
  • 閉じる
定員 20名
受講料 5,000円
担当講師
農学部准教授 髙橋 行継
プログラム 1.6月28日(火) オリエンテーション、日本、そして関東の天気の特徴
2.7月 5日(火) 気象観測と天気
3.7月12日(火) 天気図と天気予報
4.7月19日(火) 高気圧と低気圧
5.7月26日(火) 前線と台風
  • 19
  • クラシック音楽への招待 3 - オーケストラ音楽の楽しみ方 3 -
  • クラシック音楽は「学校で教わる音楽」という堅苦しいイメージからか愛好者が少ないが、音楽の1ジャンルとしてより親しんでもらうことを狙いとする。講座ではオーケストラ音楽を取り上げ、前半はオーケストラ生演奏を通じて、指揮者のトークで知られざるオーケストラ音楽の内側を紹介する。後半は室内楽生演奏によりオーケストラの楽器紹介、アマチュア奏者からみたオーケストラについて語る。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
8月23日~9月8日[全5回] 月・火・水・木曜日 19:00~21:00
講座の詳細を見る
  • クラシック音楽への招待 3 - オーケストラ音楽の楽しみ方 3 -
  • 定員:20名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
    (担当プログラム)
  • 農学部准教授
    髙橋 行継(1. 2. 3. 4. 5.)
  • 栃木県交響楽団
    荻町 修(1. 2.)
  • プログラム
  • 1. 8月23日(火) オーケストラの楽しみ方(1)
    2. 8月24日(水) オーケストラの楽しみ方(2)
    3. 9月 5日(月) 楽器紹介(木管楽器)、オーケストラの基礎知識
    4. 9月 7日(水) 楽器紹介(金管楽器)、アマチュア音楽(1)
    5. 9月 8日(木) 楽器紹介(弦楽器)、アマチュア音楽(2)
  • 閉じる
定員 20名
受講料 5,000円
担当講師
(担当プログラム)
農学部准教授 髙橋 行継(1. 2. 3. 4. 5.)
栃木県交響楽団 荻町 修(1. 2.)
プログラム 1. 8月23日(火) オーケストラの楽しみ方(1)
2. 8月24日(水) オーケストラの楽しみ方(2)
3. 9月 5日(月) 楽器紹介(木管楽器)、オーケストラの基礎知識
4. 9月 7日(水) 楽器紹介(金管楽器)、アマチュア音楽(1)
5. 9月 8日(木) 楽器紹介(弦楽器)、アマチュア音楽(2)
  • 20
  • フィットネスウォーキング
    - ポールウォ―キング・ヨガの運動を通じ、健康づくりとの出会いを学ぶ -
  • ヨガ・ポールウォ―キングの運動を通じ健康づくりを学び、出会いを通じて学びあう。日常生活で取り入れるための工夫を学び、日常生活でのやりがいと日常生活の心身の向上を目指す。
    ・ウォ―キング効果を高めるヨガ体操
    ・2本杖を使った効果的なポールウォーキングの基礎と実践を学ぶ
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月11日~10月8日[全5回] 土曜日 14:00~16:00
講座の詳細を見る
  • フィットネスウォーキング
    - ポールウォ―キング・ヨガの運動を通じ、健康づくりとの出会いを学ぶ -
  • 定員:20名
  • 受講料:5,000円
  • コーディネーター
  • 地域連携教育研究センター准教授
    佐々木 英和
  • 担当講師
    (担当プログラム)
  • ヨガインストラクター
    遠藤 綾乃(2. 3.)
  • ポールウォ―キングコーチ
    山形 正巳(1. 4. 5.)
  • プログラム
  • 1. 6月11日(土) ポールウォ―キングで健康・仲間づくり
    2. 7月 9日(土) ヨガの基本
    3. 8月 6日(土) ウォーキング効果を高める体作り
    4. 9月10日(土) 2本杖ウォ―キング基礎と実践
    5.10月 8日(土) ポールウォ―キングの運動機能改善
  • 閉じる
定員 20名
受講料 5,000円
コーディネーター
地域連携教育研究センター准教授 佐々木 英和
担当講師
(担当プログラム)
ヨガインストラクター 遠藤 綾乃(2. 3.)
ポールウォ―キングコーチ 山形 正巳(1. 4. 5.)
プログラム 1. 6月11日(土) ポールウォ―キングで健康・仲間づくり
2. 7月 9日(土) ヨガの基本
3. 8月 6日(土) ウォーキング効果を高める体作り
4. 9月10日(土) 2本杖ウォ―キング基礎と実践
5.10月 8日(土) ポールウォ―キングの運動機能改善
  • 21①
  • 基礎から学ぶ朗読講座 初級コース
  • 朗読に興味があり、これから始めてみたい方の初級コースです。発声や呼吸の方法から学び、みんなで楽しく読んでみましょう。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
5月27日~7月22日[全5回] 金曜日 10:00~12:00
講座の詳細を見る
  • 基礎から学ぶ朗読講座 初級コース
  • 定員:20名
  • 受講料:5,000円
  • コーディネーター
  • 地域連携教育研究センター准教授
    佐々木 英和
  • 担当講師
  • 役者・朗読家/和洋女子大学/東京アナウンス学院演技講師
    秋元 紀子
  • プログラム
  • 1.5月27日(金)  声を出すための筋肉について
    2.6月10日(金)  声の仕組みと発声について
    3.6月24日(金)  読むのではなく語る
    4.7月 8日(金)  自身の体験が作品を豊かにする
    5.7月22日(金)  朗読の発表
  • 会場
  • UUプラザ
  • その他
  • ○簡単なストレッチをやりますので、動きやすい服装でお越しください。
  • 閉じる
定員 20名
受講料 5,000円
コーディネーター
地域連携教育研究センター准教授 佐々木 英和
担当講師
役者・朗読家
和洋女子大学・東京アナウンス学院演技講師
秋元 紀子
プログラム 1.5月27日(金)  声を出すための筋肉について
2.6月10日(金)  声の仕組みと発声について
3.6月24日(金)  読むのではなく語る
4.7月 8日(金)  自身の体験が作品を豊かにする
5.7月22日(金)  朗読の発表
会場 UUプラザ
その他 ○簡単なストレッチをやりますので、動きやすい服装でお越しください。
  • 21②
  • 基礎から学ぶ朗読講座 中級コース
  • 朗読や読み聞かせの経験があり、より深く勉強したい方のコースです。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
5月27日~7月22日[全5回] 金曜日 16:00~18:00
講座の詳細を見る
  • 基礎から学ぶ朗読講座 中級コース
  • 定員:20名
  • 受講料:5,000円
  • コーディネーター
  • 地域連携教育研究センター准教授
    佐々木 英和
  • 担当講師
  • 役者・朗読家/和洋女子大学/東京アナウンス学院演技講師
    秋元 紀子
  • プログラム
  • 1.5月27日(金)  声の仕組みと発声について
    2.6月10日(金)  滑舌について
    3.6月24日(金)  読解力がすべて
    4.7月 8日(金)  伝える意識が間を生む
    5.7月22日(金)  朗読の発表
  • 会場
  • UUプラザ
  • その他
  • ○簡単なストレッチをやりますので、動きやすい服装でお越しください。
  • 閉じる
定員 20名
受講料 5,000円
コーディネーター
地域連携教育研究センター准教授 佐々木 英和
担当講師
役者・朗読家
和洋女子大学・東京アナウンス学院演技講師
秋元 紀子
プログラム 1.5月27日(金)  声の仕組みと発声について
2.6月10日(金)  滑舌について
3.6月24日(金)  読解力がすべて
4.7月 8日(金)  伝える意識が間を生む
5.7月22日(金)  朗読の発表
会場 UUプラザ
その他 ○簡単なストレッチをやりますので、動きやすい服装でお越しください。
  • 22
  • 文化と人生 - 生きるとは何か -
  • 人生哲学を西欧、インド、日本古来の文化に学び明るく強く生きる術を検証する
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月2日~6月30日[全5回] 木曜日 16:00~18:00
講座の詳細を見る
  • 文化と人生 - 生きるとは何か -
  • 定員:20名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
  • 元宇都宮大学客員教授
    神長 善次
  • プログラム
  • 1.6月 2日(木)  生きるとは何か(西欧的見方)
    2.6月 9日(木)  生きるとは何か(インド、日本的見方)
    3.6月16日(木)  生と死(仏教、武士道、現代科学からの考察)
    4.6月23日(木)  生命力(ヨガ、仏教、神道的考察)
    5.6月30日(木)  明るく強く生きる実践法
  • その他
  • ○参考書として「世界の現実・日本の選択」(神長著、下野新聞社刊)、「(量子論から解き明かす)神の心の発見」(岸根卓郎著、PHP刊)をお勧めする
  • 閉じる
定員 20名
受講料 5,000円
担当講師
元宇都宮大学客員教授 神長 善次
プログラム 1.6月 2日(木)  生きるとは何か(西欧的見方)
2.6月 9日(木)  生きるとは何か(インド、日本的見方)
3.6月16日(木)  生と死(仏教、武士道、現代科学からの考察)
4.6月23日(木)  生命力(ヨガ、仏教、神道的考察)
5.6月30日(木)  明るく強く生きる実践法
その他 ○参考書として「世界の現実・日本の選択」(神長著、下野新聞社刊)、「(量子論から解き明かす)神の心の発見」(岸根卓郎著、PHP刊)をお勧めする
  • 23
  • ラフカディオ・ハーンと日本 - 日本に魅せられた八雲の世界 -
  • 本講座は『怪談』の作者として知られるラフカディオ・ハーン(小泉八雲)について、特に14年間の日本滞在を概観しながら日本での活動に迫ります。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月6日~11月14日[全10回] 月曜日 10:00~12:00
講座の詳細を見る
  • ラフカディオ・ハーンと日本 - 日本に魅せられた八雲の世界 -
  • 定員:15名
  • 受講料:10,000円
  • コーディネーター
  • 国際学部教授
    丁 貴連
  • 担当講師
  • 宇都宮文星短期大学非常勤講師
    三成 清香
  • プログラム
  • 1. 6月 6日(月) ラフカディオ・ハーン -来日までの半生-
    2. 6月13日(月) 日本との出会い -憧れの国、日本そして松江-
    3. 6月20日(月) サムライの娘、セツとの結婚
    4. 6月27日(月) ハーンと日本の近代化 -熊本での絶望そして神戸へ-
    5. 7月 4日(月) ハーンの晩年 -再話活動の本格化-
    6.10月17日(月) ハーンと再話活動 -語り継がれる「日本の」物語-
    7.10月24日(月) 描かれた日本女性①「蠅のはなし」と「雉子のはなし」
    8.10月31日(月) 描かれた日本女性②「和解」に込められた二つの意味
    9.11月 7日(月) 描かれた日本女性③「葬られた秘密」に見る母性愛
    10.11月14日(月) ハーンから八雲へ
  • 閉じる
定員 15名
受講料 10,000円
コーディネーター
国際学部教授 丁 貴連
担当講師
宇都宮文星短期大学非常勤講師 三成 清香
プログラム 1. 6月 6日(月) ラフカディオ・ハーン -来日までの半生-
2. 6月13日(月) 日本との出会い -憧れの国、日本そして松江-
3. 6月20日(月) サムライの娘、セツとの結婚
4. 6月27日(月) ハーンと日本の近代化 -熊本での絶望そして神戸へ-
5. 7月 4日(月) ハーンの晩年 -再話活動の本格化-
6.10月17日(月) ハーンと再話活動 -語り継がれる「日本の」物語-
7.10月24日(月) 描かれた日本女性①「蠅のはなし」と「雉子のはなし」
8.10月31日(月) 描かれた日本女性②「和解」に込められた二つの意味
9.11月 7日(月) 描かれた日本女性③「葬られた秘密」に見る母性愛
10.11月14日(月) ハーンから八雲へ

地域学

  • 24
  • 栃木で考える防災と災害復興
  • 栃木県内に甚大な被害をもたらした平成27年9月関東・東北豪雨における事例をもとに、防災とは何か、平時から私たちができることは何かを考えていきます。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
6月6日~11月14日[全10回] 月曜日 10:00~12:00
講座の詳細を見る
  • 栃木で考える防災と災害復興
  • 定員:15名
  • 受講料:10,000円
  • 担当講師
    (担当プログラム)
  • 教育学部教授
    長谷川 万由美(2. 5.)
  • 地域デザイン科学部准教授
    石井  大一朗(4. 5.)
  • 地域デザイン科学部准教授
    近藤  伸也(1. 5.)
  • 地域連携教育研究センター特任研究員
    土崎  雄祐(3. 5.)
  • プログラム
  • 1. 6月 3日(金)  地域防災・減災を考える
    2. 6月10日(金)  災害復興と被災者支援
    3. 6月17日(金)  災害復興とボランティア ゲスト
    4. 6月24日(金)  災害に強いまちづくり
    5. 7月 1日(金)  私たち市民にできることは何かを考える
  • 閉じる
定員 15名
受講料 10,000円
担当講師
(担当プログラム)
教育学部教授 長谷川 万由美(2. 5.)
地域デザイン科学部准教授 石井  大一朗(4. 5.)
地域デザイン科学部准教授 近藤  伸也(1. 5.)
地域連携教育研究センター特任研究員 土崎  雄祐(3. 5.)
プログラム 1. 6月 3日(金)  地域防災・減災を考える
2. 6月10日(金)  災害復興と被災者支援
3. 6月17日(金)  災害復興とボランティア ゲスト
4. 6月24日(金)  災害に強いまちづくり
5. 7月 1日(金)  私たち市民にできることは何かを考える
  • 25
  • ベーテルを考える(医療・福祉の町) - 真の共生を求めて -
  • 2017年はドイツのベーテル医療・福祉の町ができて150年になります。この間ベーテルは障害者のために闘い、今日のすばらしい町を作り上げました。ドイツの障害者との共生がどのように発展し、今どのようになっているのかを考えます。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
10月20日~2月9日[全10回] 木曜日 13:30~15:30
講座の詳細を見る
  • ベーテルを考える(医療・福祉の町) - 真の共生を求めて -
  • 定員:20名
  • 受講料:10,000円
  • 担当講師
    (担当プログラム)
  • 名誉教授
    橋本  孝
  • プログラム
  • 1.10月20日(木) ベーテルとは何か
    2.10月27日(木) ベーテル設立の動機
    3.11月10日(木) フリートリッヒ・ボーデルシュヴィンクについて
    4.11月17日(木) フランス(パリ)とフリートリッヒについて
    5.11月24日(木) ヨブ体験とは、そしてベーテルへ
    6. 1月12日(木) 19世紀の福祉問題
    7. 1月19日(木) 20世紀のベーテル
    8. 1月26日(木) 息子フリッツ・フォン・ボーデルシュヴィンクの闘い
    9. 2月 2日(木) 第二次世界大戦と戦後
    10.2月9日(木) 現在のベーテル及び今後の課題
  • その他
  • ○テキストは必要に応じてプリントします。
    ○世界史のことを少し知っておいてくださると助かります。
  • 閉じる
定員 20名
受講料 10,000円
担当講師
(担当プログラム)
名誉教授 橋本  孝
プログラム 1.10月20日(木) ベーテルとは何か
2.10月27日(木) ベーテル設立の動機
3.11月10日(木) フリートリッヒ・ボーデルシュヴィンクについて
4.11月17日(木) フランス(パリ)とフリートリッヒについて
5.11月24日(木) ヨブ体験とは、そしてベーテルへ
6. 1月12日(木) 19世紀の福祉問題
7. 1月19日(木) 20世紀のベーテル
8. 1月26日(木) 息子フリッツ・フォン・ボーデルシュヴィンクの闘い
9. 2月 2日(木) 第二次世界大戦と戦後
10.2月9日(木) 現在のベーテル及び今後の課題
その他 ○テキストは必要に応じてプリントします。
○世界史のことを少し知っておいてくださると助かります。
  • 26
  • 自然とともに
  • 自然はときに厳しく、そして優しく私達を包んでくれます。そんな自然に抱かれて私達は生きています。本講座はそんな自然を意識し感じることにより、改めて自然の魅力を再発見するものです。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
9月28日~10月16日[全3回] 水・日曜日 水曜日:19:00~21:00
日曜日:9:30~13:30
講座の詳細を見る
  • 自然とともに
  • 定員:10名
  • 受講料:5,000円
  • コーディネーター
  • 地域連携教育研究センター准教授
    佐々木 英和
  • 担当講師
  • 宇都宮里山遊び達人協会会長
    和氣 博之
  • プログラム
  • 1. 9月28日(水) オリエンテーション
    2.10月 2日(日) 優しい自然 ~恵みを楽しむ~
    3.10月16日(日) 厳しい自然 ~その時、どうする?~
  • その他
  • 傷害保険料400円と実費1,000円をご負担お願いします。
    初回に集めますのでおつりのないようにお持ち下さい。
    ○ご家族内で中学生までは無料で参加できます。
    (お子さまも傷害保険は加入していただきます。)
    ○2・3回は大学のバスを利用します。
    正門案内所前9:20集合、9:30出発です。
    野外活動のできる服装でお越し下さい。
    昼食は自分たちで作って食べますので、お弁当は必要ありません。
  • 閉じる
定員 10名
受講料 5,000円
コーディネーター
地域連携教育研究センター准教授 佐々木 英和
担当講師
宇都宮里山遊び達人協会会長 和氣 博之
プログラム 1. 9月28日(水) オリエンテーション
2.10月 2日(日) 優しい自然 ~恵みを楽しむ~
3.10月16日(日) 厳しい自然 ~その時、どうする?~
その他 傷害保険料400円と実費1,000円をご負担お願いします。
初回に集めますのでおつりのないようにお持ち下さい。
○ご家族内で中学生までは無料で参加できます。
(お子さまも傷害保険は加入していただきます。)
○2・3回は大学のバスを利用します。
正門案内所前9:20集合、9:30出発です。
野外活動のできる服装でお越し下さい。
昼食は自分たちで作って食べますので、お弁当は必要ありません。
  • 27
  • 民俗学からみた栃木№7 - 祭りに見る下野人の心意気 -
  • 栃木県内には、「鹿沼市今宮神社ぶっつけ祭り」や「烏山山あげ祭り」等全国的にも名の知れた祭りが数多くある。ここでは栃木県内の代表的な祭りについてその由来、祭りの内容、祭りの果たす役割等について映像を交えながら解説するものである。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
9月6日~10月4日[全5回] 火曜日 13:30~15:30
講座の詳細を見る
  • 民俗学からみた栃木№7 - 祭りに見る下野人の心意気 -
  • 定員:20名
  • 受講料:5,000円
  • コーディネーター
  • 地域連携教育研究センター准教授
    佐々木 英和
  • 担当講師
  • 栃木くらし文化研究所代表
    柏村 祐司
  • プログラム
  • 1. 9月 6日(火) 奇祭「小山市間々田のジャガマイタ」
    2. 9月13日(火) 夏祭りの華「烏山山あげ祭り」
    3. 9月20日(火) 絢爛豪華な彫刻屋台祭り「鹿沼市今宮神社ぶっつけ祭り」
    4. 9月27日(火) 天下一の祭り「江戸時代の二荒山神社菊水祭」
    5.10月 4日(火) 古式神事に則る「日光生岡神社の子供強飯式」
  • 閉じる
定員 20名
受講料 5,000円
コーディネーター
地域連携教育研究センター准教授 佐々木 英和
担当講師
栃木くらし文化研究所代表 柏村 祐司
プログラム 1. 9月 6日(火) 奇祭「小山市間々田のジャガマイタ」
2. 9月13日(火) 夏祭りの華「烏山山あげ祭り」
3. 9月20日(火) 絢爛豪華な彫刻屋台祭り「鹿沼市今宮神社ぶっつけ祭り」
4. 9月27日(火) 天下一の祭り「江戸時代の二荒山神社菊水祭」
5.10月 4日(火) 古式神事に則る「日光生岡神社の子供強飯式」
  • 28
  • いのちをいただきます - 食と農の視点で、食卓から健康までを考える -
  • 放射能汚染により、食と健康への関心が高まる中、自然栽培による野菜の育て方から、個々の体質に合った食物の選び方、免疫力を上げる生活習慣、そして心の健康法まで幅広く学びます。
本講座の受付は終了しました。
期日 曜日 時間帯
8月6日~12月3日[全5回] 土曜日 13:30~15:30
講座の詳細を見る
  • いのちをいただきます - 食と農の視点で、食卓から健康までを考える -
  • 定員:15名
  • 受講料:5,000円
  • 担当講師
  • 宇都宮大学認定 食農ファシリテーター
    鈴木 知子
  • 宇都宮大学認定 食農ファシリテーター
    和久井 隆
  • プログラム
  • 1. 8月6日(土)  畑の放射能汚染と対策
    2. 9月3日(土)  大きいことは良いことか?
    3.10月1日(土)  困難に打ち勝つ力
    4.11月5日(土)  あなたの体質は?
    5.12月3日(土)  自然の力・信じる力
  • その他
  • ◯材料費として、別途2,000円が必要です。
    初回に集めますのでおつりのないようにお持ち下さい。
    ◯自然栽培で育った旬の野菜を味付け無しで食べていただき、毎回、自然栽培の野菜のお土産付きです。
    ◯プログラムとは別に、希望者は自然栽培の畑(鹿沼市)をご案内します。
  • 閉じる
定員 15名
受講料 5,000円
担当講師
宇都宮大学認定 食農ファシリテーター 鈴木 知子
宇都宮大学認定 食農ファシリテーター 和久井 隆
プログラム 1. 8月6日(土)  畑の放射能汚染と対策
2. 9月3日(土)  大きいことは良いことか?
3.10月1日(土)  困難に打ち勝つ力
4.11月5日(土)  あなたの体質は?
5.12月3日(土)  自然の力・信じる力
その他 ◯材料費として、別途2,000円が必要です。
初回に集めますのでおつりのないようにお持ち下さい。
◯自然栽培で育った旬の野菜を味付け無しで食べていただき、毎回、自然栽培の野菜のお土産付きです。
◯プログラムとは別に、希望者は自然栽培の畑(鹿沼市)をご案内します。
このページのトップへ