教育学研究科

概要

大学院教育学研究科は、専門職大学院「教育実践高度化専攻」(教職大学院)と修士課程「学校教育専攻」の2つの専攻により構成されています。学校教育の場における実践的研究のリーダー、あるいは中核として活躍する人材の育成を趣旨として、研究・教育を行っています。

専門職大学院「教育実践高度化専攻」では、学校現場の教育活動を課題とし、学校現場と大学を行き来しながら実践研究を学校現場や地域に還元しながら教員としての資質・能力の向上を目指す、実践指向型の大学院です。主に、「学校改革力」、「授業力」、「個への対応力」の伸長を目指します。

修士課程「学校教育専攻」は3つのコースがあり、教科や教職の専門的・先端的理論を教育内容の基本としながらも、大学院での学びを活かした実践的科目を新設し必修化することにより、高度な専門職業人としての教育研究を行い、実践的指導力と専門的力量の伸長を目指します。
「教育科学コース」は、教育の理念、カリキュラムの開発と」評価、教授・学習過程の原理、児童・生徒の成長・発達、人格と適応などについて学習・研究します。
「特別支援教育コース」は、特別支援教育や障害科学に関する高度な専門的知識を修得するとともに、教育実践研究を蓄積します。
「教科教育コース」は、各専門分野(各教科)の知識・技能を深化させるとともに、近接諸分野の学習により、幅広い視野や柔軟で学際的な研究力・創造力を養います。

学部時代に教員免許を取得していない学生が、「教員免許取得プログラム」を利用して、大学院で教員免許状を取得することもできます(ただし条件があり、何でも取得可能というわけではありません)。

多くの方々が、本研究科で研究されることを期待しています。